特集-最安購入方法 特集-e-POWER
特集-C28型 特集-C27型
特集-C26型 特集-C25型

セレナの乗車定員を見ると面白いことに気が付きます。

 

ガソリン車のセレナはすべて8人乗りなのに、e-POWERは8人乗りが無くて7人乗りだけの設定なのです。

 

ここではまず、今時のミニバンの定員を踏まえてセレナ(C27)の定員をチェックしてみます。

 

そして、変圧器による狭さが8人乗りミが無い理由という噂もありますので、その真相に迫ってみましょう。

目次

開く

最近のミニバンの定員とセレナ(C27)の定員

 

ここでは、まず最近のミニバンの定員の動向を確認したうえで、とセレナ(C27)の定員をチェックしておきます。

 

  1. 最近のミニバンの定員
  2. セレナ(C27)の定員

 

最近のミニバンの定員

 

では、最近のミニバンの定員についてまとめてみましょう。

 

ノア・ヴォクシー・エスクワイア

 

ノア・ヴォクシー・エスクワイアのガソリン車には大抵のグレードで8人乗りと7人乗りの設定があり、価格は7人乗りの方が割高です。

 

ちなみに、ハイブリッドは7人乗りだけの設定になっています。

 

ステップワゴン

 

 

ステップワゴンのガソリン車は標準が7人乗りで、メーカーオプションの「2列目6:4分割ベンチシート」を装着すれば8人乗りにすることも可能です。

 

一方、ハイブリッドは7人乗りだけの設定で、ガソリン車のようなオプションでの8人乗りもありません

 

アルファード

 

アルファードはベースグレードのXはサイドリフトアップチルトシート装着車が7人乗りで、通常モデルが8人乗りです。

 

エアロモデルのベースグレードSは7人乗りと8人乗りが選べますが、上級グレードはすべて7人乗りです。

 

ハイブリッド車はベースグレードのハイブリッドXは7人乗りと8人乗りが選べますが、他は全て7人乗りです。

 

エルグランド

 

基本的には8人乗りと7人乗りの設定があり、値段は全く同じです。

 

ただ、高価な特別仕様車は7人乗りで4人乗りというものさえあります。

 

ちなみに、エルグランドにハイブリッドはありません。

 

オデッセイ

 

ガソリン車は基本的には7人乗り、8人乗りどちらも選べますが、価格は7人乗りが割高です。

 

最上級のアブソルート・EXだけはFFが7人乗り、4WDが8人乗りになっています。

 

ハイブリッドも7人乗り、8人乗りどちらも選べますが、最上級のアブソルート・EXだけは4WDがないせいか7人乗りしか選べません。

 

セレナ(C27)の定員

 

セレナ(C27)の定員設定は最近のミニバンにしては特殊で、ガソリン車はすべて8人乗りです。

 

近頃では8人乗りよりも7人乗りの方が人気があるらしく、アルファードがその最たるもので、むしろ7人乗りに力を入れているのですが、そんな流れに逆行しています。

 

一方でe-powerの方は他社のハイブリッドと同じ傾向で7人乗りだけの設定になっています。

 

 

8人乗りが無いのは変圧器による狭さが理由?

 

セレナクラスのミニバンは。申し合わせたようにすべて7人乗りで、8人乗りの設定はありません。

 

これは、総じてバッテリーの配置の関係上やむを得ないというのですが、例えばステップワゴンの場合は2列目中央下にバッテリーがあるそうです。

 

ノアの場合はフロントシート下部にバッテリーパックがあるのですが、二列目中央にバッテリーの放熱用の換気口が設定されているので、シートが設置できないようなのです。

 

一方で、センターコンソール下にバッテリーパックがあるアルファードには8人乗りの設定があるのだから不思議ではありますが。

 

それで、問題のセレナ e-POWERなのですが、モーターのための変圧器が原因という噂があります。

 

そこで、その変圧器がどこにあるかというと運転席と助手席の間で、セカンドシートにす座った人の足が当たるかもしれませんが、座るには大きな支障はなさそうなのです。

 

また、乗車定員が増えるので燃費に影響するという噂もありますが、WLTC燃費には乗車定員は関係ありませんし、7人乗りでも8人乗りでも車両重量に違いは無いのです。

 

ただ、センターコンソール後方下部にある空気取入口は、リチウムイオンバッテリーと変圧器を冷却するためのもので、絶対に塞いではいけないそうです。

 

引用元:https://www.nissan.co.jp/OPTIONAL-PARTS/NAVIOM/SERENA_SPECIAL/E-POWER/2007/PG/guid-a59630e9-e70e-44c3-b68d-12a56edc62ac.html

 

となると、この空気取入口をふさぐことのないよう、2列目中央席を設置していないのかもしれませんね。

 

まとめ

 

ミニバンが全体的に7人乗りにシフトする中で、セレナのガソリン車は頑なに8人乗りを継続しています。

 

そんな中でセレナe-POWERが7人乗りだけの設定ということは、ハイブリッドシステムが理由なのでしょう。

 

本文ではセンターコンソール後方下部にあるリチウムイオンバッテリーと変圧器を冷却するための空気取入口が原因としましたが、これはあくまでも推測です。

 

ただ、後席3人乗りのノートe-powerの場合にはこれが前席シート下にあるので、セレナe-powerでもどうにかなりそうな気がしますけどね。

 

セレナを限界値引から更に55万円安くなる方法!

 

セレナ(C27)も発売から6年が経過し、いよいよフルモデルチェンジが近づいてきています。

 

値引き額の方もかなりこなれてきましたが、最近の車の価格は安全装備の充実もあって高価格化が進んでいますので、出来るだけ安く購入したいですね。

 

一般的に、フルモデルチェンジ直後やマイナーチェンジ直後の値引きは抑えられますが、そのような時にも限界と言われる値引きから更に安くセレナを購入する方法があります。

 

それも簡単な方法なのですが、知らない方が多いのです。。

 

そんな方法を別記事で詳細にまとめていますので一度ご覧になってみて下さい。

 

>> 詳細はこちらからご覧いただけます!

 

ご覧いただいた通り、決して難しい内容ではありません。知っているか、知らないかだけの差です。

 

たったこれだけで、結果的に支払金額を抑えることができるのです。

 

>>  目次ページに戻る