人気の「セレナe-POWER」のライバルといえばトヨタの「ノアシリーズ」とホンダの「ステップワゴン」でしょう。

 

このうち、ステップワゴンはe-POWERの直接のライバルであるハイブリッド車を持っています。

 

また、パワーと低燃費を兼ね備えたダウンサイジングターボも擁しています。

 

この記事では「セレナe-POWER」と「ステップワゴン」を比較して傾向の違いを明らかにしていきます。

 

まず、ステップワゴンとセレナe-POWERのおおまかな違いをチェックし、そのうえで、口コミを比較して、傾向の違いは何どこにあるのかを見ていきましょう。

 

スポンサードリンク



セレナe-POWERとステップワゴンを比較

 

では、セレナe-POWERのライバル車のステップワゴンの特徴をチェックしたうえで、それぞれのスペックを比較しておきましょう。

 

ステップワゴンはハイブリッド車に加え、ターボ車もチェックしておきます。

 

  1. ステップワゴン e:HEV(ハイブリッド)の特徴
  2. ステップワゴン ターボ車の特徴
  3. セレナe-POWERとステップワゴンの比較

 

ステップワゴン e:HEV(ハイブリッド)の特徴

 

「ステップワゴン e:HEV(ハイブリッド)」の特徴をハイブリッドシステム、安全装備、スタイリングについて、ざっとチェックしておきます。

 

  • ハイブリッドシステム

 

ステップワゴンのハイブリッドをホンダは「e:HEV」と呼んでいます。

 

従来は「HYBRID」と言っていたのですが、2020年1月からこの名前に変わりました。

 

「e:HEV」をホンダはストロング・ハイブリッドと言っています。

 

これは、トヨタのシステム同様スプリット方式に分類されます。

 

トヨタと違って、通常はモーターで駆動し、エンジンは発電を行います。

 

EV走行が苦手とする高速巡航時のみエンジンがモーターの駆動をサポートします。

 

どちらかというと、セレナe-POWERのシリーズ型に近いかもしれません。

 

大きな違いは高速走行時にエンジンの支援があるかどうかです。

 

比べてみると、モーターはトルクこそ同じくらいですが、出力にはかなりの差があります。

 

こうしてみると、走行性能、特に高速域では差が出るかもしれません。

 

  • 安全装備

 

 

安全装備については、ステップワゴンはて「Honda SENSING」がを全車標準装備化です。

 

セレナe-POWERも「インテリジェント DA(ふらつき警報)」こそ下位グレードにはオプションですが、大部分が標準装備です。

 

この点で装備の内容も含め、大きな差はないかもしれません。

 

  • スタイリング

 

スタイリングは好みですが、ステップワゴンには「わくわくゲート」が付いています。

 

バックドアを横にも開けられるので、クルマの後ろが狭い場合でも平気ですし、3列目シートからの乗り降りも可能なのです。

 

 

ステップワゴン ターボ車の特徴

 

ステップワゴンのターボ車は1.5リッターエンジンにターボの組み合わせです。

 

1.5リッターながら、最高出力、最大トルクとも、2リッター並みです。

 

特に最大トルクが「1,600-5,000回転」という広い回転域で発生するのは特筆ものです。

 

低回転域から強力なトルクが期待できます。

 

スタイリングや内装、安全装備については「e:HEV」と大差はありません。

 

 

セレナe-POWERとステップワゴンの比較

 

 

「セレナe-POWER」と「ステップワゴン e:HEV」、「「ステップワゴン ターボ車」のスペックの比較表を作ってみました。

 

区 分 セレナ

e-POWER

ステップワゴン

e:HEV

ステップワゴン

ターボ車

エンジン形式 直列3気筒 直列4気筒 直列4気筒+ターボ
排気量(cc) 排気量(cc) 1.993 1.993
エンジン最高出力(PS/rpm) 84/6,000 145/6,200 150/5,500
エンジン最大トルク

(kgf・m/rpm)

10.5/3,200-5,200 17.8/4,000 20.7/1,600-5,000
モーター最高出力(PS/rpm) 136 184/5,000-6,000
モーター最大トルク

(kgf・m/rpm)

32.6 32.1/0-2,000
JC08モード燃費

(km/L)

26.0~23.4 25.0 15.8‐15.2
WLTC-Lモード燃費(km/L) 18.0~17.2 20.0 13.6‐13.0
WLTC-Lモード燃費

(市街地モード)

17.5~16.8 18.8 10.3‐10.0
WLTC-Lモード燃費

(郊外モード)

18.6~17.7 21.7 14.3‐13.5
WLTC-Lモード燃費

(高速道路モード)

17.8~17.1 19.5 15.2-14.6

 

「セレナe-POWER」と「ステップワゴン e:HEV(ハイブリッド)」の比較では、モーターの最高出力の差が気になりますね。

 

燃費は大きな差はないのですが、市街に比べ、郊外、高速で差が出ているのが気になります。

 

「セレナe-POWER」と「ステップワゴン ターボ車」との比較では燃費面で大きな差がでてしまいました。

 

ただ、セレナのスマートシンプルハイブリッドと比べればやや良好な燃費を示しています。

 

ダウンサイジングターボの面目躍如といったところですね。

 

 

スポンサードリンク



セレナe-POWERとステップワゴン:口コミの比較と傾向の違い

 

セレナe-POWERとステップワゴンの口コミを比較して、傾向の違いを見てみましょう。

 

  1. 口コミの比較
  2. 傾向の違い

 

 

口コミの比較

 

では、セレナe-POWERとステップワゴンの口コミ、エクステリア、インテリア、走行性能、燃費の区分で見ていきましょう。

 

口コミの比較(エクステリア)

 

エクステリアについては、セレナe-POWERにはノーマルタイプとハイウェイスターがありますから、それぞれに口コミをチェックしていきます。

 

そのあとで、ステップワゴンの口コミをチェックします。

 

  • セレナe-POWERノーマルタイプの口コミ

 

画像:「セレナe-POWER ノーマルタイプ」

 

 

  • セレナはe-POWERのノーマルに対しては、Vモーショングリルが秀逸で迫力がある
  • 2分割ライトから、ボディサイドへの流れるようなデザインがスタイリッシュ
  • 地味過ぎでもなく、派手すぎでもなくちょうどいい
  • 後ろからの見た目は、ミニバンの中では一番恰好いい

 

といったところで、スタイリッシュだけど、攻めすぎていないイメージですね。

 

 

    • セレナe-POWERハイウェイスターの口コミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像:「セレナe-POWER ハイウェイスター」

 

セレナe-POWERのハイウェイスターのエアロは高い評価でした。

 

  • フロントマスクがとにかくいい
  • オラオラ系でいかつい顔だけど慣れればいい
  • 後ろからの見た目がいい。

 

という高評価の反面、

 

  • 後輪タイヤがボディの内側に奥まっててダサい

 

という口コミもありました。

 

 

  • ステップワゴンe:HEV(スパーダ)の口コミ

 

画像:「ステップワゴンスパーダe:HEV」

 

ステップワゴンはスパーダにしかハイブリッドの設定がありませんから、スパーダを見てみます。

 

  • 口コミでは、マイナーチェンジ後の押し出し感のある大型グリルをがいい
  • 夜間でもひと目でスパーダと分かる
  • リアデザインを含めてわくわくゲートの評価はわかれるが、なかなかの機能美、落ち着いたデザインで、先進性も演出した良いデザイン
  • 今のミニバンデザインの鉄則ともいえる押し出し迫力系デザインがいい

 

どうやら、マイナーチェンジ後の押し出しのあるデザインが評価されているようです。

 

 

口コミの比較(インテリア)

 

インテリアについては、セレナe-POWERにはノーマルタイプとハイウェイスターがありますから、それぞれに口コミをチェックしていきます。

 

そのあとで、ステップワゴンの口コミをチェックします。

 

  • セレナe-POWERノーマルタイプの口コミ

 

  • セレナはe-POWERのノーマルに対しては、プラスチック感が高い
  • トヨタに比べて高級感がない
  • シートがとても良くて長距離でも疲れない
  • 車内の解放感は特筆もの。

 

ということで、やや高級感に欠けるかもしれません。

 

 

  • セレナe-POWERハイウェイスターのクチコミ

 

  • セレナはe-POWERのハイウェイスターについては、高級感はなく、かと言って安っぽくもなく普通
  • 装備や配置は良好で使い勝手はいい

 

高級感は増してきている、といういい口コミの反面、1.2リッターエンジンのせいか、エンジンのかけはじめに寒くてたまらないという気になる意見もありました。

 

 

  • ステップワゴンの口コミ

 

ステップワゴンについては、質素で質感があまり高くないという口コミが多かったですね。

 

  • 価格に比べるとプラスチッキー感があって、他社の同クラスと比較しても安っぽいという意見がある一方で、
  • 高級感ではなくユーティリティ性を重視していたので不満なし
  • いかにもホンダらしく上質感や良い物感はないが、収納が多く使い勝手が良い

 

と機能的には評価は高いようです。

 

質感は普通、シンプルで良い、高級を求める車ではないので、高級感が欲しい場合は高級ミニバンを買えばいいという口コミもありました。

 

 

口コミの比較(走行性能)

 

走行性能については、セレナe-POWERとステップワゴンe:HEV(ハイブリッド)、ステップワゴン ターボ車それぞれに口コミをチェックしていきます。

 

  • セレナe-POWERの口コミ

 

  • セレナはe-POWERの走行性能に対しては、クルーズするように走る
  • アクセルを踏んだ瞬間にグイっと力強くクルマを前に進めてくれるという高い評価が多かったのですが、
  • コーナリングが不安定
  • ワインディングではeペダルの制動力が足りない
  • 動力性能ではステップワゴンに劣る、という厳しい意見もありました。

 

  • ステップワゴンe:HEV(ハイブリッド)の口コミ

 

  • ステップワゴンe:HEV(ハイブリッド)については、静かで震動少なく、最高
  • アクセルに対してダイレクトな反応で凄く気持ち良いい滑らかでソフトな乗り心地
  • エンジン音よりロードノイズの方が大きく感じる
  • モーターならではの高い応答性と太いトルクが秀逸

 

という高評価が大半でしたが、多少ネガティブない口コミもありました。

 

  • モーターによる0kmから80kmまでの加速性能は申し分ないが、電池容量が少ないせいかEVモードはあまり長いこと維持されない
  • 直結クラッチよるエンジン駆動の高速における恩恵を思っていたよりも感じない

 

 

  • ステップワゴン ターボ車の口コミ

 

  • ステップワゴンのターボ車については、他社のミニバンに比べて本当に良く走り、ミニバン特有の出だし重くてモッサリ感は無
  • 静かで、直進性があるので、運転していても疲れない
  • バンにそこまでの走行性能は求めてないが、どのミニバンよりキビキビしている

 

など、全体的に高い評価でしたね。

 

セレナe-POWERとステップワゴン 口コミの比較(燃費)

 

燃費については、セレナe-POWERとステップワゴンe:HEV(ハイブリッド)、ステップワゴン ターボ車それぞれに口コミをチェックしていきます。

 

  • セレナe-POWERの口コミ

 

  • セレナはe-POWERの燃費に対しては、WLTC-Lモード燃費程度では走れる
  • 冬場暖房をつけると、リッター10キロ前後まで下がる
  • Sハイブリット車との価格差を燃費でカバーするのは難しい
  • 燃費を意識すればカタログ値を超える

 

ということで、冬季の燃費以外は高評価でした。

 

 

  • ステップワゴンe:HEV(ハイブリッド)の口コミ

 

「ステップワゴンe:HEV(ハイブリッド)」については、概ねWLTC-Lモード燃費程度のようです。

 

  • これまで乗ってきたクルマとは比較にならなく、素晴らしい

 

という意見があるなど、全体的に高評価でした。

 

しかし、

 

  • 高速では100km定速で17km/lまで落ち込む
  • 高速域で発生する直結モードも15km/l程度のため、必ずしも高速道路走行で燃費が伸びない

 

など「ステップワゴンe:HEV(ハイブリッド)」にしても高速が苦手という評価でした。

 

また、 冬の暖房付けて5km程度の送り迎えだと10km/lになるということで、ステップワゴンe:HEV(ハイブリッド)も冬は苦手なのかもしれません。

 

 

  • ステップワゴン ターボ車の口コミ

 

ステップワゴンターボについても、概ねWLTC-Lモード燃費程度のようです。

 

  • 街乗り11高速14といったところで、思ったほどではないが、まあ悪くない数値

 

と、普通のミニバンと比べれば良好ですし、燃費を求めている人が少ないこともあって、ネガティブな口コミは少なかったですね。

 

 

傾向の違い

 

 

外観(エクステリア)に関する傾向

 

 

外観に関する傾向は口コミから次のような傾向が見られました。

 

車種 重視する部分
セレナe-POWER 練された都会的なスタイリング
ステップワゴン 迫力ある外観

 

「セレナe-POWER」には洗練された都会的なスタイリングを求める人が多く、

 

「ステップワゴン」には迫力ある外観を求める人が多いようです。

 

 

内装(インテリア)に関する傾向

 

内装に関する傾向については、どちらもこだわりが少なく、機能性を重視していることが共通していますね。

 

 

走行性能に関する傾向

 

走行性能については、やはり、「ステップワゴンe:HEV(ハイブリッド)」の方が能力が高いようです。

 

特に高速域での瀬能を求めるなら「ステップワゴン ハイブリッド」がいいでしょうし、もっとこだわるなら「ステップワゴン ターボ」という選択肢もあります。

 

 

燃費に関する傾向

 

燃費はそう大きな差はないようです。

 

ただ、車体が軽い分、街乗りではセレナe-POWERが若干良好ではないかという意見もありました。

 

高速走行なら「ステップワゴンe:HEV(ハイブリッド)」ですが、エンジン直結運転をしても圧倒歴な性能とまでは言えないようです。

 

 

スポンサードリンク



まとめ

 

確かにセレナe-POWERの口コミをステップワゴンと比較して傾向の違いをチェックしてきました。

 

大きな違いはエクステリアと走りですね。

 

都会的なデザインと迫力あるデザインは好みが分かれますね。

 

また、走行性能は乗ってみないとわからない面もあります。

 

だから、できればセレナe-POWERとステップワゴンは実物を見て、できれば試乗するしてみることをおすすめしておきます。

 

セレナを限界値引から更に55万円安くなる方法!

 

セレナ(C27)も発売から4年以上が経過し、マイナーチェンジからももうすぐ2年です。

 

値引き額の方もマイナーチェンジ直後と比較するとこなれてきましたが、最近の車の価格は安全装備の充実もあって高価格化が進んでいますので、出来るだけ安く購入したいですね。

一般的に、フルモデルチェンジ直後やマイナーチェンジ直後の値引きは抑えられますが、そのような時にも限界と言われる値引きから更に安くセレナを購入する方法があります。

 

それも簡単な方法なのですが、知らない方が多いのです。。

 

そんな方法を別記事で詳細にまとめていますので一度ご覧になってみて下さい。

 

>> 詳細はこちらからご覧いただけます!

 

ご覧いただいた通り、決して難しい内容ではありません。知っているか、知らないかだけの差です。

 

たったこれだけで、結果的に支払金額を抑えることができるのです。

 

>>  目次ページに戻る