特集-最安購入方法 特集-e-POWER
特集-C28型 特集-C27型
特集-C26型 特集-C25型

セレナに限らずブレーキパッドは消耗品です。

 

安全上とても重要な部品なので、車検のときには厚みを点検して必要があれば必ず交換します。

 

ここでは、まず、ブレーキパッドの交換時期と交換費用をチェックします。

 

そして、通常は純正部品を使うのですが、純正でなきゃダメなのか、社外品でもいいのかを確認します。

 

最後に、DIYで交換可能かもチェックしておきましょう。

 

 

スポンサードリンク



セレナのブレーキパッド交換時期と交換費用

 

ここでは、ブレーキパッドとはどういうものかを説明したうえで、一般的なブレーキパッド交換時期と交換費用を説明しておきます。

 

 

  1. ブレーキパッドとはどういうものか
  2. 一般的なブレーキパッド交換時期と交換費用

 

ブレーキパッドとはどういうものか

 

 

引用元:https://www.akebono-brake.com/product_technology/product/automotive/disc/

 

セレナはC26もC27も前後輪ともディスクブレーキです。

 

このディスクに両側から押し付けて減速するのがブレーキパッドです。

 

実物はこのようなもので、ベースプレートに摩擦材を貼り付けた構造となっています。

 

 

 

 

一般的なブレーキパッド交換時期と交換費用

 

ブレーキパッド交換時期

 

一般的なブレーキパッドの厚さは7~11mmと言われており、セレナの場合はフロントが11mm、リアが7mmのようです。

 

ブレーキパッドはフロントの方がリアよりも減りやすいようですが、おおむね1万キロで1mm減っていくようです。

 

そしてブレーキパッドの厚さが2~3mmになった時が交換の時期になります。

 

厚さが1mmでも車検には通りますが、摩擦材がなくなって金属のベースプレートが出てくるおそれがあるからです。

 

こうなると、とディスクが傷んで高いものについてしまいます。

 

ちなみに、通常は車検時に交換するので、例えば次の車検までの走行距離が2万キロなら、4,5mm以下の場合は交換を考えた方がいいかもしれません。

 

ブレーキパッド交換費用

 

純正のブレーキパッドの価格は前後輪とも左右で8千円といったところです。

 

工賃についてはディーラーや整備工場、カーショップ等々でまちまちなのですが、左右で6千円から1万円といったところのようです。

 

ということは、パーツ代、工賃あわせて前後輪いずれかで1万4千円から1万8千円といったところでしょうか。

 

 

スポンサードリンク



セレナのブレーキパッド 純正でなきゃダメなのか DIYは

 

 

こうしてみると、ブレーキパッドの交換も結構な費用がかかることがわかりましたが、安全上重要なパーツなので交換せずに我慢するわけにはいきません。

 

ここでは、セレナのブレーキパッドは純正ではなく社外品ではダメなのか、DIYで交換は可能なのかというあたりに迫ってみましょう。

 

  1. セレナのブレーキパッド 純正ではなく社外品ではダメなのか
  2. セレナのブレーキパッド DIYで交換は可能なのか

 

セレナのブレーキパッド 純正ではなく社外品ではダメなのか

 

純正品より」セレナに限らず、ブレーキパッドは純正でなく、社外品でも一向に構いません

 

そのメリットは次の2点です。

 

社外品の同等品の方が安い

 

ブレーキパッドには純正品と同等品というものが必ずあります。

 

これは、純正品と同等の性能を有しているもので、たいていの場合は純正品より安いのが特徴です。

 

例えば、セレナC27の前輪のブレーキパッドはPITWORKの「AY040-NS178」という製品ですが、楽天市では税、送料込みで8,280円です。

 

 

 

 

しかし、国産の純正同等品でいいなら税、送料込みで4,620円と純正品の56%の価格で手に入るのです。

 

 

 

 

高性能のスポーツタイプを装着できる

 

純正品より性能の高いスポーツタイプに交換することも可能です。

 

ただ、セレナの場合はそういうニーズは少ないでしょうし、ローターも交換した方がいい場合もある上、コストもかかるので、可能性としての紹介にとどめておきます。

 

 

セレナのブレーキパッド DIYで交換は可能なのか

 

セレナのブレーキパッドの交換はDIYで可能です。

 

ものすごく難しい作業ではないのですが、失敗すると大変なことになりますので、よほどの自信が無い限り、基本的には自動車整備士さんにやってもらいましょう

 

DIYでの交換のしかたはWebを探せばいくらでも出ていますが、要はブレーキキャリバーを外して、ブレーキパッドを交換するだけです。

 

この際に、ブレーキパッドが摩耗している分ピストンが押し込まれてるのでこれを戻す必要があります。

 

また、交換後はブレーキオイルの量を点検する必要があるのですが、いきなり乗ってはいけません。

 

交換直後はブレーキが効かなくなっているのです。

 

ブレーキを30回ほど踏むことで、ピストンがブレーキパッドをしっかり押し込んでブレーキが効くようになるのです。

 

 

スポンサードリンク



まとめ

 

セレナのブレーキパッド交換、交換時期が来たら必ず交換しなければなりませんが、社外品を使えば、安く交換できそうです。

 

また、DIYについては安全に直接かかわるパーツなのであまりお勧めはしませんが、比較的簡単な作業です。

 

知り合いに自動車整備のスキルのある方がおられれるなら、頼んでみてもいいかもしれませんね。

 

セレナを限界値引から更に55万円安くなる方法!

 

セレナ(C27)も発売から5年以上が経過し、マイナーチェンジから2年が経過しました。

 

値引き額の方もマイナーチェンジ直後と比較するとこなれてきましたが、最近の車の価格は安全装備の充実もあって高価格化が進んでいますので、出来るだけ安く購入したいですね。

 

一般的に、フルモデルチェンジ直後やマイナーチェンジ直後の値引きは抑えられますが、そのような時にも限界と言われる値引きから更に安くセレナを購入する方法があります。

 

それも簡単な方法なのですが、知らない方が多いのです。。

 

そんな方法を別記事で詳細にまとめていますので一度ご覧になってみて下さい。

 

>> 詳細はこちらからご覧いただけます!

 

ご覧いただいた通り、決して難しい内容ではありません。知っているか、知らないかだけの差です。

 

たったこれだけで、結果的に支払金額を抑えることができるのです。

 

>>  目次ページに戻る