パンくずリスト
  • ホーム
  • 価格・値引き

新型セレナに限らず、車を買うときに一番悩むのはボディカラーかもしれません。

 

ボディカラーで車の印象はずいぶん変わりますし、汚れや傷が目立つ色、目立たない色もあります。

 

また、退色しやすい色もありますし、リセールバリューだってボディカラーで変わってくるのです。

 

ここではまず、新型セレナの色で失敗しないコツは何なのかをチェックします。

 

また、結局は白と黒、あるいはその他の人気色が無難なのかもチェックしておきましょう。

 

関連記事

この記事の続きを読む

セレナを買うとなると少しでも安くと思うのは当然ですし、モデル末期ですからかなりの値引きも期待できそうです。

 

セレナの値引きでは一部で80万円という声も出ているようですが、モデル末期だからといってこの数字は可能なのでしょうか。

 

また、80万円の値引き、あるいは大幅な値引きを勝ち取るためにはどうすればいいのでしょうか。

 

ここでは、そんなセレナの値引き状況を確認し、80万円という値引きが可能なのかをまずチェックします。

 

そして、80万円あるいはそれに近いような高額値引きをゲットする具体的方法もチェックしておきましょう。

 

 

この記事の続きを読む

セレナの中古車を検討する中で、ライバル車と比べてセレナの中古車価格が安いと言われているのご存知ですか?

 

またその理由が気になりませんか?

 

この記事では、セレナが中古市場で比較的安価になる理由をお伝えします。

 

どれだけの年数セレナを乗ることができるのか、また購入時の注意点にも焦点を当てています。

 

セレナの魅力と潜在的なリスクを理解し、賢い選択をするための情報を提供します。

 

 

記事のポイント
    • セレナの残価率が低い
    • 多数の流通量が影響
    • バッテリー寿命の懸念
    • 先進機能の故障リスク
関連記事

この記事の続きを読む

セレナを買うとなると一番気になるのは価格で、他の方がいくらで買ったのか気になるところです。

 

しかも、車の値段というのはそんなに簡単に出せるものではありません。

 

まずカタログには「メーカー希望小売価格」というのが載っていて、これがいわゆる定価ですが、たいていの場合には値引きがあるので、実際の価格は違ってきます。

 

また、これはあくまでも車両本体の価格であって、大事なのはオプションや税金、や自賠責保険代、諸経費等を含めた「乗り出し価格」です。

 

ここでは人気の「ハイウェイスターV 」を例にとって、値引きの実情や乗り出し価格をチェックしていきましょう。

 

また、実際に払うお金は実は乗り出し価格ではなく他の要因もありますので、そのあたりにも触れておきます。

 

セレナは2022年11月にもモデルチェンジされるといいますから、2021年と2022年でどう変わったかも含めてチェックしていきましょう。
この記事の続きを読む