特集-最安購入方法 特集-e-POWER
特集-C28型 特集-C27型
特集-C26型 特集-C25型

セレナ(C27)は通常のセレナもハイウェイスターもボディカラーは13色でしたが、カシミヤグレージュが無くなり今は12色です。

 

この中で、「ダークメタルグレー」は2019年8月のマイナーチェンジで新色として投入された色で、セレナらしい色と評判を集めてています。

 

ここでは、セレナの「ダークメタルグレー」がどんな色なのかを紹介します。

 

また、汚れがガンメタと同様に目立ちにくく人気という話もありますので、そのあたりもチェックしておきましょう。

 

関連記事

目次

開く

セレナのダークメタルグレーってどんな色?

 

カラーラインナップについては、「新型セレナ最新情報」の「新型セレナ(C27)マイナーチェンジ(2019年8月1日)による変更・追加箇所徹底解説!」をご覧ください。

 

上記で、13色について写真で紹介していますが残念ながらカシミヤグレージュは無くなってしまいました。

 

ここでは、セレナの「ダークメタルグレー」を紹介しますが、モノトーンとダイヤモンドブラックとの2トーンがありますのでそれぞれ紹介しておきましょう。

 

  1. ダークメタルグレーのモノトーン(引き締まって見える)
  2. ダークメタルグレー/ダイヤモンドブラックの2トーン(さらにシャープ)

 

ダークメタルグレーのモノトーン(引き締まって見える)

 

セレナの「ダークメタルグレー」はセレナに良く似合いますし、イメージカラーとしても使われているので歴史は長そうですが、実は登場してから日が浅いのです。

 

 

引用元:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior.html

 

この「ダークメタルグレー」は2019年8月のマイナーチェンジで投入された色ですから、現行セレナ(C27)後期モデルだけのカラーということになります。

 

ダークグレーといいますが、いわゆるガンメタで、セレナのボディラインを引き締めてくれます

 

ガンメタといえば、白、黒、シルバーに次ぐ車の人気色ですが、セレナでもこの色は高い人気を誇っています。

 

たいていのランキングでは白、黒、シルバーの3強にはかなわないまでも、悪くても5位にはランキングしていますから、新参者としては大したものです。

 

高級感を演出するメタリックがかかっているのに、「ダークメタルグレー」は有料色でないところも人気を後押ししているのかもしれませんね。

 

ダークメタルグレー/ダイヤモンドブラックの2トーン(さらにシャープ)

 

セレナには2トーンカラーが4種類ありますが、その中の一つがダークメタルグレー/ダイヤモンドブラックの2トーンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引用元:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior.html

 

今のセレナの2トーンはすべてダイヤモンドブラックとの組み合わせです。

 

他の色はブリリアントホワイトパール、サンライズオレンジ、マルーンレッドですから、この色が一番コントラストを感じません

 

色合いの近い組み合わせですが、もともと精悍なこのダークメタルグレーをさらにシャープにし、より引き締めているように見えませんか。

 

特別塗装色なのでプラス55,000円の有料色になります。

 

ダークメタルグレーは汚れがガンメタと同様に目立ちにくく人気?

 

ダークメタルグレーは汚れがガンメタと同様に目立ちにくく人気という話もあります。

 

ここでは、汚れが目立つ色、目立ちにくい色とはどんなものかを確認し、ダークメタルグレーは本当に汚れがガンメタと同様に目立ちにくく人気なのかをチェックしましょう。

 

  1. 汚れが目立つ色、目立ちにくい色
  2. ダークメタルグレーはガンメタと同様に汚れが目立たない?

 

汚れが目立つ色、目立ちにくい色

 

まず、ボディカラーの中で汚れが目立つ色、目立ちにくい色を紹介しておきましょう。

 

汚れや傷が目立つボディカラー

 

 

ボディカラーの中で傷が目立つのは濃色系です。

 

ブラックはかっこいいのですが、洗車傷などちょっとした小傷も目立ってしょうがありません。

 

また、汚れが目立たないと思われがちですが、砂埃などがボディに付くととても目立つのです。

 

一方、淡色系は傷に汚れが詰まって目立ちますし、砂埃は気になりませんが、水垢ははっきりとわかります

 

特にホワイトの車のテールやドアミラーから流れ落ちた水垢が上から下へ線状に付着したさまは見苦しいものがあります。

 

汚れや傷が目立たないボディカラー

 

汚れや傷が濃色系でも淡色系でも目立つということは、その中間あたりの色でボディカラーが砂埃や泥はねに近い色が目立たないということになります。

 

その条件に合うのがシルバーで、水垢こそ濃色系に比べると目立ちますが、傷、汚れいずれも目立ちにくいのです。

 

これはグレーも同じで、やはり汚れや傷が目立たないボディカラーと言っていいでしょう。

 

ダークメタルグレーはガンメタと同様に汚れが目立たない?

 

セレナの「ダークメタルグレー」はいわゆるガンメタです。

 

ガンメタは白や黒などと比べると汚れは目立たないほうですが、シルバーに比べると黒に寄った色なので、多少は目につきます

 

しかし、良くしたもので、土埃などが均等に付着すると、ガンメタがちょっと濃くなったか薄くなった感じで目立たないのは確かです。

 

セレナの「ダークメタルグレー」はこのガンメタ系統の中でも、傷や汚れが目立ちにくいみたいです。

 

セレナの「ダークメタルグレー」は人気色ですが、見た目の精悍さに加えて傷や汚れが目立ちにくいところも評価されているようです。

 

口コミ等で、目立ちにくいからこの色を買ったとまでの書き込みはありませんが、色の選択に少なからず影響を与えていることは間違いないはずです。

 

 

まとめ

 

「ダークメタルグレー」はセレナの人気色といっていい色です。

 

そしてこの色より人気のある定番のホワイトやブラックに比べて傷や汚れに強いカラーでもあります。

 

白や黒に比べてリセールバリューは不安定ですが、今のところ良好なようですから、有力なボディカラー候補ですね。

 

ただ、車の色は実物を見ないとわかりませんし、明るいとき、薄暗いとき、そして夜では表情が変わり、この色はその傾向が強いようです。

 

もし、購入を考えられているなら、実物をいろんなシチュエーションで確認しておいたほうがいいと思いますよ。

今後、愛車を手放すことを検討されているのであればの内容にも目を通して見てください。

 

既にご存知かもしれませんが、知らなかったのであれば愛車を相場より大幅に高く売却出来るかもしれません。

↓↓

セレナを限界値引から更に55万円安くなる方法!

 

2022年11月28日にセレナのフルモデルチェンジが実施されC28セレナが誕生しました。

 

フルモデルチェンジが実施されたこともあり、値引き額もかなり縮小されることが予想されます。

 

一般的に、フルモデルチェンジ直後やマイナーチェンジ直後の値引きは抑えられますが、そのような時にも限界と言われる値引きから更に安くセレナを購入する方法があります。

 

それも簡単な方法なのですが、知らない方が多いのです。。

 

そんな方法を別記事で詳細にまとめていますので一度ご覧になってみて下さい。

 

>> 詳細はこちらからご覧いただけます!

 

ご覧いただいた通り、決して難しい内容ではありません。知っているか、知らないかだけの差です。

 

たったこれだけで、結果的に支払金額を抑えることができるのです。

 

>>  目次ページに戻る