特集-最安購入方法 特集-e-POWER
特集-C28型 特集-C27型
特集-C26型 特集-C25型

セレナを買うとなると少しでも安くと思うのは当然ですし、モデル末期ですからかなりの値引きも期待できそうです。

 

セレナの値引きでは一部で80万円という声も出ているようですが、モデル末期だからといってこの数字は可能なのでしょうか。

 

また、80万円の値引き、あるいは大幅な値引きを勝ち取るためにはどうすればいいのでしょうか。

 

ここでは、そんなセレナの値引き状況を確認し、80万円という値引きが可能なのかをまずチェックします。

 

そして、80万円あるいはそれに近いような高額値引きをゲットする具体的方法もチェックしておきましょう。

セレナの値引き状況をチェック! 80万円という値引きは可能?

 

まず、セレナの値引き状況をチェックして、 80万円という値引きは可能かを確認しておきましょう。

 

  1. セレナの値引き情報
  2. セレナの80万円という値引きは可能?

 

セレナの値引き情報

 

セレナの限界値引きについては、かなり長いこと35万円程度で推移してきましたが、2021年末くらいから40万円の大台に届いているようです。

 

オプションも含めると60万程度の値引きは狙えそうな状況になっているのは間違いないようです。

 

 

セレナの80万円という値引きは可能?

 

セレナの車両本体価格で80万円の値引きというのはモデル末期にしても難しいと思われます。

 

ただ、限界値引きが40万円といいましたが、ごく少数ですが50万円、場合によれば60万円の値引きを勝ち取ったという話は伝わってきています

 

それに加えて15万円とか20万円とかいうオプション値引きは十分あり得ます

 

それを考えれば本体値引き+オプション値引きであれば、これからのモデル最末期に向け、瞬間風速的に80万円の値引きを勝ち取ることは不可能とまでは言えないでしょう。

 

 

セレナの限界値引きを引き出すための具体的方法は?

 

では、80万円の値引きも含めて、セレナの限界値引きを引き出すための具体的方法をチェックしておきましょう。

 

  1. セレナのライバル車との競合
  2. セレナの販売店の決算期、セールを狙う
  3. セレナの本体値引きが限界でもオプション値引きも狙う
  4. セレナの値引きは短期決戦で
  5. 今乗っている車はセレナの下取りに出さず売却を考える

 

セレナのライバル車との競合

 

セレナに限らずライバル車と競合させるのは大幅な値引きを引き出すポイントです。

 

セレナのライバルといえばノア、ヴォクシー、ステップワゴンあたりでしょうから、そこと競合させればいいのです。

 

セレナの販売店の営業もプロですから、せめてライバル車の見積もりを取るくらいのことはしておきましょう。

 

「本命はセレナだけど、ノアはモデルチェンジ直後なのに条件がいいんだよな」なんて言えばいいのですが、非現実的な嘘は足元を見られます。

 

ライバル車の値引き情報や実際に提示された条件を踏まえて交渉しましょうね。

 

 

セレナの販売店の決算期、セールを狙う

 

セレナに限らず販売店では決算期には少しでも売り上げを伸ばしたいものです。

 

決算数字を少しでも押し上げたいものですし、販売実績でメーカーからの報奨金なども期待できるからです。

 

ディーラーは3月が本決算、9月が中間決算なので月末に数字が上がるようなスケジュールで交渉を進めることが値引き拡大につながります

 

また、販売店が行うセールもチャンスです。

 

セール中は値引き幅も大きいですし、値引きしてでもセールで実績を上げたいものなのです。

 

また、オプション類もお時な価格で提供している場合もあるのです。

 

 

セレナの本体値引きが限界でもオプション値引きも狙う

 

セレナの値引きは本体だけではありません。

 

オプションだって値引き可能ですし、メーカーオプションなら10~15%、ディーラーオプションなら20~30%の値引きは期待できるはずです。

 

前述のように80万円の値引きを狙うなら、徹底的なオプション値引きの上積みは欠かせません。

 

セレナの値引きは短期決戦で

 

セレナに限らず、値引き交渉にあまり時間をかけるのは得策ではありません

 

ディーラーの営業さんは販売台数で勝負しますから、マンパワーを一人の顧客に集中させるのは無駄ですし、ディーラーもそう考えています。

 

だから、値引き交渉がある程度進展したら、印鑑を持参し、実現可能性がありそうな数字+αを提示して、この数字なら今日契約すると決めにかかるのです。

 

もちろん、多少の妥協は必要ですが、ディーラーの値引きとあまりに乖離があれば席を蹴って帰る覚悟が必要なことは言うまでもありません。

 

 

今乗っている車はセレナの下取りに出さず売却を考える

 

これは80万円なり限界値引きとは違いますが、値引きと同じ効果がるのは、今の車をできるだけ高く売ることです。

 

そして、普通は下取りよりは買い取り業者の方が高い値段をつけますから、商談がまとまれば査定してもらえばいいのです。

 

今は一括査定といってネットで複数業者に無料査定してもらえますから、最高値のところに売ればいいのですし、査定が低ければそのまま下取りに出せばいいのです。

 

私の経験では査定額がディーラーの下取り額を下回ることはかなり少ないと思いますよ。

 

 

まとめ

 

セレナのモデル末期が近づいてきて、値引き額はかなり拡大してきています。

 

それにしても話にあったような80万円は本体だけでは無理ですし、最近では生産管理をしっかり行うのでモデル最末期に極端な値引きが出ることもなくなりました。

 

ただ、かなりの努力+オプション値引きで80万円、あるいはそれは無理にしても40万円を大きく超える値引きをゲットすることは可能です。

 

セレナの大幅値引きに向けての、みなさんの頑張りを応援しています。

 

セレナを限界値引から更に55万円安くなる方法!

 

セレナ(C27)も発売から5年以上が経過し、マイナーチェンジから2年が経過しました。

 

値引き額の方もマイナーチェンジ直後と比較するとこなれてきましたが、最近の車の価格は安全装備の充実もあって高価格化が進んでいますので、出来るだけ安く購入したいですね。

 

一般的に、フルモデルチェンジ直後やマイナーチェンジ直後の値引きは抑えられますが、そのような時にも限界と言われる値引きから更に安くセレナを購入する方法があります。

 

それも簡単な方法なのですが、知らない方が多いのです。。

 

そんな方法を別記事で詳細にまとめていますので一度ご覧になってみて下さい。

 

>> 詳細はこちらからご覧いただけます!

 

ご覧いただいた通り、決して難しい内容ではありません。知っているか、知らないかだけの差です。

 

たったこれだけで、結果的に支払金額を抑えることができるのです。

 

>>  目次ページに戻る