特集-最安購入方法 特集-e-POWER
特集-C28型 特集-C27型
特集-C26型 特集-C25型

セレナは人気ミニバンなのですが燃費が悪い、あるいは異常に悪いとまで言われています。

 

これからセレナを買おうと思われる方は気になりますよね。

 

ここでは、そんなセレナの燃費が本当に悪いのかをまず確認します。

 

そして、異常に悪いと言われているとしたら、その理由はどこにああるのかもチェックしておきましょう。

セレナの燃費は「異常に悪い」と言われるほどひどいのか?

 

まず、セレナの燃費は「異常に悪い」と言われるほどひどいのかですが、セレナのカタログ燃費と実燃費を確認し、ライバル車とも比べてみましょう。

 

  1. セレナのカタログ燃費と実燃費
  2. セレナの燃費をライバル車と比較

 

セレナのカタログ燃費と実燃費

 

セレナのカタログ燃費と実燃費はマイナーチェンジ等によってけっこう変わっていますので、C26系、C27系の最終モデルでみていきます。

 

また、S-HYBRIDでないモデルもありますが少数のため、C26系はS-HYBRID、C27系はS-HYBRIDとe-powerがを確認しておきましょう。

 

なお、ここでは2WDのみでデータを整理しています。

 

(単位:km/l)

項目 C26 C27
S-HYBRID S-HYBRID e-power
JC08モード 15.4~16.4 15.4 23.4~26.0
WLTCモード 13.2 17.2~18.0
 市街地 10.3 16.8~17.5
 郊外 13.5 17.7~18.6
 高速道路 14.8 17.1~17.8
実燃費 10.0~11.0 10.5~11.5 16.0~17.0

 

このクラスのミニバンといえばリッター10キロを確保すれば立派なものですから、そう悪い燃費ではありませんし、e-powerに至っては圧倒的な燃費性能です。

 

 

セレナの燃費をライバル車と比較

 

セレナの燃費のライバル車と比較については「セレナの燃費悪すぎの評判はe-POWERやハイブリッドでも?ノアなどライバル車との比較でも悪い?」()で行っています。

 

ここでの分析の詳細は記事をご覧いただきたいのですが、実燃費が問題ですよね。

 

まず、ガソリン車の実燃費はノアが10.0~11.0km/lステップワゴンが11.0~12.0km/lで、ノアより少し良くてステップワゴンより少し悪いという結果でした。

 

僅かな差ですから違うと言えば違うという程度ですね。

 

ハイブリッドの方はノア、ステップワゴンとも17.0~18.0km/lとセレナを上回るという結果でした。

 

ちなみに新型ノアについてはカタログデータですが、ガソリン車が15km/l程度で+1.5km/lくらい、ハイブリッドが23km/l程度で+3~4km/lくらい改善しています。

 

実燃費のほどはわかりませんが、セレナは少し差を開けられたかもしれませんね。

 

ただ、それでもセレナの燃費が「異常に悪い」とまでは言えないのではないかと思われます。

 

 

セレナの燃費が「異常に悪い」と言われる理由?

 

では、セレナの燃費が「異常に悪い」と言われる理由をチェックしていきましょう。

 

  1. セレナS-HYBRIDは「ハイブリッド」という名前の割には燃費が悪い
  2. セレナはカタログ燃費と実燃費の乖離が大きすぎる
  3. セレナe-powerは高速道路や冬季は極端に燃費が悪い

 

セレナS-HYBRIDは「ハイブリッド」という名前の割には燃費が悪い

 

まずあげられるのが、セレナS-HYBRIDは「ハイブリッド」という名前の割には燃費が悪いということです。

 

セレナS-HYBRIDは「スマートシンプルハイブリッド」です。

 

このシステムの解説は「セレナSハイブリッドの燃費が悪い?C26は特に悪すぎ?」をご覧いただけたら幸いです。

 

要するに回生システムと少し大きめのバッテリーで減速時のエネルギーを蓄えてアイドリングストップ時間を伸ばすことと加速時の1秒だけのアシストで燃費を伸ばすのです。

 

追加装備も少なく低コストで装備できるのですが、効果のほどは通常のアイドリングストップ+αということで、本格的なハイブリッドには及ぶべくもないのです。

 

しかも、ライバル車はダウンサイジングターボなどの燃費改善対策を講じてきますので、この程度の対策でライバルを圧倒できるはずもないのです。

 

ただ、「ハイブリッド」という名前さえ気にしなかったら、「異常に悪い」とまでは言えないのではないでしょうか。

 

 

セレナはカタログ燃費と実燃費の乖離が大きすぎる

 

車のカタログ燃費と実燃費には乖離があると言われていますが、セレナももちろん例外ではありません。

 

セレナの場合はJC08モード燃費に対して65%くらいですが、通常は70~75%といわれ、ライバルのノアやステップワゴンがこれくらいですから、少し悪いことは確かです。

 

ただ、それにしたって、「異常に悪い」と言われるほどではありません

 

 

セレナe-powerは高速道路や冬季は極端に燃費が悪い

 

これは「セレナe-POWERの燃費が悪い(高速や冬の暖房が影響)って本当?」に書いているとおり事実です。

 

冬季は暖房用の熱が必要なので、発電の必要がなくてもエンジンが始動しますが、もともとはエンジンの熱も回転も利用するシステムですから無駄が発生するのです。

 

高速道路、それも苦手とする超高速ではバッテリーが空っぽになり、1200ccの小さなエンジンで目いっぱい発電するので、燃費が極端に悪化するのです。

 

ただ、これはセレナe-POWERの特性ですし、こうした問題はある程度回避もできます。

 

また、1年間をおしなべて見れば十分に良好な燃費なので、「異常に悪い」とまでは言えないのではないでしょうか。

 

 

まとめ

 

セレナの燃費が「異常に悪い」と言われる問題を見てきました。

 

確かに「Sハイブリッド」とかe-powerというわりにはライバル車を圧倒するような燃費とはいえないですね。

 

ただ、ライバル車も燃費改善には全力で取り組んでいますから、燃費に大きな差が出ないのは当然といえば当然です。

 

いずれにしても、どう考えてもセレナの燃費が「異常に悪い」というのは言いすぎですから、購入を考えている方は、極端なご心配は不要です。

 

セレナを限界値引から更に55万円安くなる方法!

 

セレナ(C27)も発売から5年以上が経過し、マイナーチェンジから2年が経過しました。

 

値引き額の方もマイナーチェンジ直後と比較するとこなれてきましたが、最近の車の価格は安全装備の充実もあって高価格化が進んでいますので、出来るだけ安く購入したいですね。

 

一般的に、フルモデルチェンジ直後やマイナーチェンジ直後の値引きは抑えられますが、そのような時にも限界と言われる値引きから更に安くセレナを購入する方法があります。

 

それも簡単な方法なのですが、知らない方が多いのです。。

 

そんな方法を別記事で詳細にまとめていますので一度ご覧になってみて下さい。

 

>> 詳細はこちらからご覧いただけます!

 

ご覧いただいた通り、決して難しい内容ではありません。知っているか、知らないかだけの差です。

 

たったこれだけで、結果的に支払金額を抑えることができるのです。

 

>>  目次ページに戻る