セレナSハイブリッドの燃費が悪い?C26は特に悪すぎ?
特集-最安購入方法 特集-e-POWER
特集-C28型 特集-C27型
特集-C26型 特集-C25型

セレナのSハイブリッドは先代のC26系ですでに採用されています。

 

Sハイブリッドは正式には「スマートシンプルハイブリッド」といってシンプルなシステムで燃費改善を図るという新技術でした。

 

ただ、世の中ではこのハイブリッドの燃費が悪い、特に初搭載されたC26系では悪すぎるという声も聞こえてきます。

 

ここでは、Sハイブリッドシステムを解説するとともに、セレナSハイブリッドの燃費が悪いのか、特にC26は特に悪すぎなのかをチェックしておきましょう。

セレナに搭載されているSハイブリッドシステムとは?

 

まず、セレナに搭載されているSハイブリッドシステムについて解説していきます。

 

  1. セレナC26系へのアイドリングストップの搭載とSハイブリッドへの進化
  2. Sハイブリッドシステムとは?

 

セレナC26系へのアイドリングストップの搭載とSハイブリッドへの進化

 

セレナC26系では2010年11月のモデルチェンジのときからクランクプーリーベルトで直接始動させるECOモーター式のアイドリングストップシステムを搭載していました。

 

それがモデルチェンジから日が浅い2012年8月の一部改良で新開発のスマートシンプルハイブリッド「Sハイブリッド」を投入し、アイドリングストップを置き換えたのです。

 

置き換えたのは当面は2WD車だけでしたが、これによって、JC08モード燃費が14.6km/Lから15.2km/Lに改善されました。

 

 

Sハイブリッドシステムとは?

 

Sハイブリッドシステムではアイドリングストップからの再始動に使っていたECOモーターのエネルギー回生発電量と出力を高めて補助原動機化しました。

 

あわせて、バッテリーの蓄電容量を高めることによってハイブリッド化を実現しているのです。

 

引用元:https://www.nissan-global.com/JP/TECHNOLOGY/OVERVIEW/shybrid.html

 

Sハイブリッドシステムでは減速時のエネルギーを回生してバッテリーに蓄え、アイドリングストップする時間を長くすることができます

 

また、バッテリーに蓄えた電気は、発進加速時にも1秒間だけですが使われ、発進加速を効率的に行うことにより燃費改善が図られるのです。

 

さらに重要なのは、シンプルなゆえに部品点数が少なく、バッテリーも含めてエンジンルーム内に配置できるので、従前と同じ広い室内空間を確保できまることです。

 

引用元:https://www.nissan-global.com/JP/TECHNOLOGY/OVERVIEW/shybrid.html

 

また、同じ理由から価格アップもわずかですむのも大きなメリットでした。

 

 

セレナSハイブリッドの燃費が悪?特にC26は特に悪すぎ?

 

では、そんなセレナSハイブリッドの燃費が悪いのか、特にC26は特に悪すぎなのかをチェックしていきましょう。

 

  1. セレナSハイブリッドの燃費が悪い?
  2. セレナSハイブリッド 特にC26は特に悪すぎ?

 

セレナSハイブリッドの燃費が悪い?

 

これは「セレナの燃費悪すぎの評判はe-POWERやハイブリッドでも?ノアなどライバル車との比較でも悪い?」をご覧いただきたいと思います。

 

これを見てもわかるように、セレナSハイブリッドの燃費はノアやステップワゴンのガソリン車とさして変わりません

 

問題は「Sハイブリッド」と名乗っているのにライバル車と変わらないことかもしれません。

 

しかし、ノアだってアイドリングストップや可変バルブタイミングなどの燃費改善技術は投入していますし、ステップワゴンはダウンサイジングターボです。

 

Sハイブリッドは5万円程度のコストアップといわれていますが、その程度でライバル車に大きな差がつけられるものでもないのです。

 

 

セレナSハイブリッド 特にC26は特に悪すぎ?

 

セレナSハイブリッドの中でも特にC26は特に悪すぎという話もあります。

 

C26系最後のSハイブリッド車のJC08モード燃費が2WDで15.4km/L~16.0km/Lでしたが、C27系では16.6km/L~17.2km/Lにかなり改善されました。

 

実燃費については、C26系はC27系と比べたらリッター1キロくらい悪いものの、同時期のノアと比べると決して悪い燃費ではないと言われています。

 

仮にC26系のSハイブリッドの燃費が悪いとしたら一つはエンジンのチューニングです。

 

C26系に比べてC27系は同じエンジンにもかかわらず明らかに低速域から中速域にかけての加速が悪いのですが、おそらく燃費改善を狙ったものと思われるのです。

 

また、ECOモーターをSM24型という新しいものに変更したことも燃費改善につながっていると思われます。

 

だから、セレナSハイブリッドの中で「特にC26は特に悪すぎ」かどうかは別にして、C27と比べればC26の燃費が悪いことは間違いないようです。

 

 

まとめ

 

セレナSハイブリッドは「ハイブリッド」の名前がついているので誤解されますが、あくまでマイルドハイブリッドです。

 

内容的にもハイブリッドよりはアイドリングストップに近いものですから過度に燃費改善を想像すると期待を裏切られるかもしれません。

 

それでもセレナSハイブリッドは26系でリッター10キロ、27系で11キロ程度は走ります。

 

これが「ハイブリッド」の名にふさわしい燃費かどうかはありますが、少し前のミニバンの燃費を考えれば立派な燃費だと思いますよ。

 

セレナを限界値引から更に55万円安くなる方法!

 

セレナ(C27)も発売から5年以上が経過し、マイナーチェンジから2年が経過しました。

 

値引き額の方もマイナーチェンジ直後と比較するとこなれてきましたが、最近の車の価格は安全装備の充実もあって高価格化が進んでいますので、出来るだけ安く購入したいですね。

 

一般的に、フルモデルチェンジ直後やマイナーチェンジ直後の値引きは抑えられますが、そのような時にも限界と言われる値引きから更に安くセレナを購入する方法があります。

 

それも簡単な方法なのですが、知らない方が多いのです。。

 

そんな方法を別記事で詳細にまとめていますので一度ご覧になってみて下さい。

 

>> 詳細はこちらからご覧いただけます!

 

ご覧いただいた通り、決して難しい内容ではありません。知っているか、知らないかだけの差です。

 

たったこれだけで、結果的に支払金額を抑えることができるのです。

 

>>  目次ページに戻る

 

カテゴリー
タグ