特集-最安購入方法 特集-e-POWER
特集-C28型 特集-C27型
特集-C26型 特集-C25型

セレナの通常グレードは履いているタイヤ&ホイールは15インチですが、上級モデルは16インチです。

 

こう言うと15インチより16インチの方がよさそうですが、実際のところどう違うのでしょうか。

 

ここでは、まず、セレナの15インチと16インチのタイヤ&ホイールはそれぞれどんなグレードが履いているのかを整理します。

 

そのうえで、見た目や構造など具体的にどう違うかを説明していきます。

 

そして、燃費や乗り心地への影響など、実際に走った時にどう違うかをチェックしていきます。

 

目次

開く

セレナで15インチと16インチを履いているグレードと違い!

 

ここではまず、セレナの15インチと16インチのタイヤ&ホイールを履いているグレードと15インチと16インチが見た目や構造など具体的にどう違うかを説明していきます。

 

  1. セレナで15インチと16インチを履いているグレード
  2. セレナの15インチと16インチ タイヤ&ホイールの違い

 

セレナで15インチと16インチを履いているグレード

 

セレナで15インチと16インチを履いているグレードと画像は以下のとおりです。

 

項目 16インチアルミ

&195/60R16

15インチアルミ

&195/65R15

e-POWER専用

15インチアルミ

&195/65R15

画像
グレード ハイウェイスターV

e-POWER

ハイウェイスターG

ハイウェイスターV

X XVは鉄&キャップ

e-POWER XV
e-POWER
ハイウェイスターV

 

傾向としては上級グレードは16インチホイールに扁平率60のタイヤ、通常グレードは15インチタイヤに扁平率65のタイヤです。

 

扁平率はタイヤの高さ/幅ですから、扁平率が小さくなると横から見たタイヤの高さは低くなります。

 

外径は大差ありませんから、ホイール径が大きくなってタイヤの高さが低くなると横から見れば16インチはホイールが大きく、タイヤ面が少なくなるのがわかると思います。

 

一般的にはこの状態をカッコいいと言うのです。

 

セレナの15インチと16インチタイヤ&ホイールの違い

 

セレナの15インチと16インチタイヤ&ホイールの違いを説明する前にタイヤのサイズ表記を簡単に説明しておきます。

 

引用元:https://kuruma-kamisama.com/tank-tire/

 

1はタイヤの幅で単位はmmですが、セレナの場合は15インチでも16インチでも195mmです。

 

2は扁平率でタイヤの高さ/タイヤの幅をパーセントで表示しています。

 

そして4がホイールの直径で、ここはインチです。

 

これを前提にセレナの15インチと16インチでそれぞれのサイズを整理してみました。

 

タイヤサイズ ホイール径 タイヤ高さ 合計(タイヤ外径)
195/65R15 381mm 253.5mm 634.5mm
195/60R16 406.4mm 234mm 640.4mm

 

基本的にはタイヤの外径は変わりませんから、大きく変わるのはタイヤの側面の高さです、

 

この数字はホイール両端のタイヤの部分ですから高さそのものはこの半分で、15インチなら12.7センチあるのに16インチでは11.7センチとかなり薄くなります。

 

タイヤのゴムの厚さは変わりませんので、中に入っている空気の層がそのぶん減ってきますから空気による衝撃の吸収力はなくなりますし、側面の薄さがそれに輪をかけます。

 

一方でタイヤは高さが低いほど剛性が高く、空気の層が少ないことと相まって走行時の変形は少なくなってきます

 

このことが、後述する燃費や乗り心地、走行性能に大きな影響を与えることになるのです。

 

 

セレナ 15インチと16インチで燃費や乗り心地など性能への影響は?

 

では、セレナの15インチと16インチのタイヤ&ホイールで燃費や乗り心地など性能への影響はどのようなものなのでしょうか。

 

  1. セレナ 15インチと16インチで燃費の違いは?
  2. セレナ 15インチと16インチで走行性能の違いは?
  3. セレナ 15インチと16インチで乗り心地の違いは?
  4. セレナ 15インチと16インチでコストの違いは?

 

セレナ 15インチと16インチで燃費の違いは?

 

一般的に低扁平タイヤの場合はタイヤ幅を大きくするので、16インチはグリップ力は向上するのですが、それは路面との摩擦が大きくなるということです。

 

これはタイヤ幅が同じでも燃費にはネガティブに働きますし、ホイールサイズが大きくなると重量も重くなりますからこれも燃費にはマイナスです。

 

カタログで影響が出ることは少ないのですが、e-powerの15インチ車のハイウェイスターVと比べると16インチのハイウェイスターGは車両重量が同じなのに燃費が悪いのです。

 

セレナ 15インチと16インチで走行性能の違いは?

 

16インチは15インチに比べると低扁平タイヤなので接地面積が大きく、グリップは良くなります

 

また、側面のゴムが薄く、空気層も少ないので、タイヤの変形が小さくなり直進安定性やコーナリング性能が向上し、ハンドルレスポンスも向上します。

 

セレナのようなミニバンはどうしてもふわふわ感やコーナリング時のロールが気になりますが、それも改善するはずです。

 

セレナ 15インチと16インチで乗り心地の違いは?

 

自動車の乗り心地は路面の衝撃をよりスムーズに吸収した方が良好であるといいます。

 

そう考えると、タイヤの空気層が厚く、タイヤの側面の高さもある15インチの方が衝撃を吸収する能力は明らかに高いはずです。

 

一般的には走行性能と乗り心地は相反すると言われており、やはり15インチの方が乗り心地がいいと考えるべきですし、一般的にはそういう評価です。

 

ただ、特にe-powerは車高が高いこともあってふわふわ感が大きく乗り心地をスポイルしているという評価もあります。

 

16インチタイヤにすればそうした欠点を改善する可能性もありますから、このあたりが気になる方は乗り比べも必要かもしれませんね。

 

セレナ 15インチと16インチでコストの違いは?

 

一般的にタイヤは扁平率が高ければ高いほど高性能にもなりますが、高価になるものです。

 

また、16インチのような高扁平タイヤは路面のグリップがいいのですが、そのぶんコンパウンドを削り取られますから摩耗も大きいものです。

 

もともともと、ミニバンのタイヤは偏摩耗しやすいものですが、高扁平タイヤになればなるほどこの傾向は大きくなっていきます。

 

こうしたことを考えると、1インチの違い、扁平率5%の違いとはいえ15インチの方が経済的といえるでしょう。

 

 

まとめ

 

本当のことを言うと、セレナ純正で15インチから16インチに変わったくらいでは劇的な変化があるわけではありません。

 

17インチに上げて205/50を履いたり、18インチで215/40を履いたらここに書いた傾向は誰でも実感できると思いますし、いわゆるとてもカッコいい外観にもなるのです。

 

それでも、16インチとはいえブラシ―ボ効果かもしれませんが走りがきびきびしたような気がするでしょうし、見た目も何となくスタイリッシュになった感じはすると思います。

 

ただ、いいことばかりではなく、ここに記載したデメリットもありますし、最小回転半径は5.5mが5.7mになり小回りも悪くなることは認識しておいたほうがいいでしょう。

 

セレナを限界値引から更に55万円安くなる方法!

 

セレナ(C27)も発売から6年が経過し、いよいよフルモデルチェンジが近づいてきています。

 

値引き額の方もかなりこなれてきましたが、最近の車の価格は安全装備の充実もあって高価格化が進んでいますので、出来るだけ安く購入したいですね。

 

一般的に、フルモデルチェンジ直後やマイナーチェンジ直後の値引きは抑えられますが、そのような時にも限界と言われる値引きから更に安くセレナを購入する方法があります。

 

それも簡単な方法なのですが、知らない方が多いのです。。

 

そんな方法を別記事で詳細にまとめていますので一度ご覧になってみて下さい。

 

>> 詳細はこちらからご覧いただけます!

 

ご覧いただいた通り、決して難しい内容ではありません。知っているか、知らないかだけの差です。

 

たったこれだけで、結果的に支払金額を抑えることができるのです。

 

>>  目次ページに戻る