セレナFC26とC26の違いはHC26とHFC26も同じ?注意点は?
特集-最安購入方法 特集-e-POWER
特集-C28型 特集-C27型
特集-C26型 特集-C25型

セレナC26に限らず、自動車には形式というものがあります。

 

セレナC26系とかC27系とかいいますが、これは例えばC26系初期のSの形式「DBA-C26」の最後のC26からそう呼ばれているのです。

 

ただ、形式名のハイフン以下もC26だけでなくFC26というものもありますし、HC26やHFC26なんていうものもあるのです。

 

ここでは、そんなセレナの形式の付け方をまずおさらいします。

 

そして、セレナFC26とC26の違いはどこなのか、HC26とHFC26でも同じなのかというあたりもチェックします。

 

また、形式をみるうえでの注意点も確認しておきましょう。

 

セレナの形式のつけ方とFC26とC26、HC26とHFC26の違いは?

 

ここではまず、セレナの形式の付け方を説明し、気になるFC26とC26の違いや、HC26とHFC26でも同じなのかというところをチェックします。

 

  1. セレナC26の形式のつけ方
  2. セレナC26のFC26とC26、HC26とHFC26の違いは?

 

セレナの形式のつけ方

 

セレナC26系発売当初の、例えば2WDの「S」の形式は「DBA-C26です。

 

前半の「DBA」のところは決まりがあって、自動車会社が勝手に決めることはできません。

 

これは国土交通省が定める「自動車排出ガス規制及び低排出ガス車認定の識別記号」で、ガソリン車ならガソリン車で自動車排出ガス規制への適合状況等で決まってくるのです。

 

一方、ハイフン以下は各自動車会社が独自に決めることができるところです。

 

ただ、任意保険はこの区分ごとに料率クラスを決めますので、性能や大きさに影響する場合は区別できるようにしているようです。

 

セレナC26の形式の最初の3桁(自動車排出ガス規制及び低排出ガス車認定の識別記号)

 

「自動車排出ガス規制及び低排出ガス車認定の識別記号」のうち、セレナC26系に使われているのは以下のようなものです。

 

3桁の識別記号 自動車排出ガス規制等対応状況
DBA 平成17年基準排出ガス75%低減レベルのもの
DAA 平成17年基準排出ガス75%低減レベルのハイブリッド車

 

1桁目排ガス規制の規制年と規制年と認定内容で、それぞれ平成17年基準排出ガス75%低減レベルですから、最上位の「D」です。

 

2桁目燃料の種別とハイブリッドかどうかで、普通のガソリン車が「B」、ガソリン車でもハイブリッド車は「A」です。

 

3桁目は用途や重量条件などですが、乗用ガソリン車は「A」です。

 

ちなみにC27系も同じで、e-powerもS-HYBRIDも仕組みは全く違っても区分はハイブリッドですからどちらも「DAA」でした。

 

しかし、2020年8月の一部仕様仕様変更でWLTCモードに対応し「平成30年排出ガス基準」も達成したので「D」の部分が変わりました。

 

e-POWERは「平成30年排出ガス基準75%低減レベル」ということで「6AA」、S-HYBRIDは「同50%低減レベル」ということで「5AA」になったのです。

 

セレナC26の形式の-(ハイフン)以下

 

セレナC26の形式の-(ハイフン)以下の付け方は日産独自で決めているのですが、概ね以下のような決まりあるようです。

 

  • 基本は「C26」
  • フルタイム4WDはその前に「N」を付ける
  • ハイウェイスター等3ナンバー車はその前に「F」を付ける
  • S-HYBRIDはその前に「H」を付ける

 

セレナC26のFC26とC26、HC26とHFC26の違いは?

 

では、これを踏まえてセレナC26のFC26とC26、HC26とHFC26の違いを整理しておきましょう。

 

まず、「FC26」と「C26」それぞれ2WDで通常ガソリン車は共通ですが「FC26」は「F」が付くのでハイウエイスターで3ナンバーです。

 

「HC26」と「HFC26」については、「H」が付いているのでどちらもS-HYBRID車ですが、「HFC26」は「F」が付きハイウエイスターというのがわかります。

 

このように前述の命名規則がわかれば違いが簡単にわかるのです。

 

この命名規則外のものはC26末期に投入された「ハイウェイスター Sエディション」で、2WDが「FPC26」、4WDが「FNPC26」ですがこの「P」だけは謎です。

 

 

セレナの形式を見るうえで注意すべき点

 

セレナの形式を見てもグレードはわかりませんが、車の基本的な情報はわかります。

 

これはもちろん車検証には記載されているのですが、C26の場合は運転席のドアを開けてセンターピラーをみれば下方にコーションプレートというものが貼ってあります。

 

引用元:https://ameblo.jp/hazawaycom/entry-12604159431.html

 

ここにはボディのカラーナンバーも記載されていてタッチペンなんかを買う時には便利なのですが、ここに形式も記載されているのです。

 

これさえ見ればセレナC26でもS-HYBRIDかどうか、2WDか4WDかなんていうことがすぐにわかるわけです。

 

そしてセレナの形式を見るうえで一番重要なのは任意保険の料率クラスがわかることです。

 

これは形式ごとに対人賠償責任保険、対物賠償責任保険、人身傷害保険、車両保険の料率を17段階で決めていますがセレナC26についてはこんな感じです。

 

形式 対人 対物 人身傷害 車両
C26
HC26
NC26
FC26 10
HFC26
FNC26
FPC26
FNPC26

 

これは保険始期2022年1月1日~12月31日の料率ですが、形式によってかなりの違いがあるのがわかります。

 

例えばS-HYBRIDではないハイウエイスターの2WDは対人が妙に高いのに4WDではとても安く、S-HYBRIDでもかなり安くなるのです。

 

自動車の維持費の中で任意保険のウエイトは結構大きいので、これだけは注意しておきましょうね。

 

 

まとめ

 

セレナ25系については「セレナ CC25とC25の違いはハイウェイスターやライダーとの違い?」に書いていますが、形式の規則はそう難しいことではありません。

 

ただ、気を付けておかないといけないのはグレードとは全く関係なことで、C25系では3ナンバーかどうかの違いでライダーでもCC25の場合もあればC25の場合もあったのです。

 

車両形式で重要なのは自動車の機械的な分類がわかることと、これで任意保険の保険料が決まってくることです。

 

保険料算定時に車両形式を入力しますが、それさえ入れれば保険料率がわかり、保険料はすぐに計算できるのです。

 

そして、本文でも書きましが、気が付かないだけで形式によって結構な違いがあるのです。

 

車両形式がわかれば保険料率は簡単に検索できますから、例えばセレナC26系の中古車を買うなら、事前に確認しておいてもいいかもしれませんね

 

セレナを限界値引から更に55万円安くなる方法!

 

セレナ(C27)も発売から6年が経過し、いよいよフルモデルチェンジが近づいてきています。

 

値引き額の方もかなりこなれてきましたが、最近の車の価格は安全装備の充実もあって高価格化が進んでいますので、出来るだけ安く購入したいですね。

 

一般的に、フルモデルチェンジ直後やマイナーチェンジ直後の値引きは抑えられますが、そのような時にも限界と言われる値引きから更に安くセレナを購入する方法があります。

 

それも簡単な方法なのですが、知らない方が多いのです。。

 

そんな方法を別記事で詳細にまとめていますので一度ご覧になってみて下さい。

 

>> 詳細はこちらからご覧いただけます!

 

ご覧いただいた通り、決して難しい内容ではありません。知っているか、知らないかだけの差です。

 

たったこれだけで、結果的に支払金額を抑えることができるのです。

 

>>  目次ページに戻る

 

カテゴリー
タグ