新型セレナはスタイリングがかなり洗練されました。

外観に対して内装の変化はどうでしょうか。

 

ここでは、そんな新型セレナの内装(インテリア)の特徴と現行モデル(C26系)との違いに迫ってみましょう。

 

 

スポンサードリンク



新型セレナ(C27系)内装(インテリア)の特徴

 

新型セレナの内装の特徴を一言で言えば、近未来的な雰囲気の機能的な内装というところでしょうか。

 

新しく盛り込まれたたくさんの機能を含め、必要な機能はしっかりと盛り込みながら、ごてごてした印象はなく、実にすっきりとまとめています。

 

プロパイロットの場合は自動運転の状況がモニタリングできるモニターが投影されます。

 

また、センタークラスターあたりの独特の立体的な造形が魅力的ですし、運転席回りに奥行きを与えてくれているような気がします。

 

色調は黒基調と白基調の2種類で、白基調のほうは、ダッシュボードも含めて色調が統一されているようです。

 

新型セレナ(C27系) 内装
interior-01

 

シートは基本的には現行モデル(C26系)と変わりませんが、機能的でクラストップの広さを確保しているようです。

 

新型セレナ(C27系) シート

interior-02

 

 

 

スポンサードリンク



新型セレナ内装(インテリア )現行モデルとの違い

 

まず、運転席に座った雰囲気は、少し圧迫感がありすぎるかもしれません。

 

現行モデルの場合、ダッシュボードやメーターパネルなどが非常に迫力があって、それはそれでいいのですが、少しバタ臭い印象で、多少好みがわかれるところもあるでしょう。

 

その点、新型セレナはボリューム感こそありませんが、前方に広がりのある余裕を感じることのできるデザインというところでしょうか。

 

おそらくメーターパネルの造形に加え、新型セレナのエアコンからセンタークラスターにかけてのデザインが効いているのでしょう。

 

現行セレナ(C26系) 内装

interior-03

 

シートに関しては大きな違いはありませんが、2列目3列目あたりの内装をみると、現行モデルに比べ、新型セレナは質感の高いデザインになっている印象を受けます。

 

現行セレナ(C26系) シート
interior-04
新型セレナの内装は、洗練された中で最新技術が盛り込んであるという、近未来のテイストを醸し出していて、現行モデルと比べると、さりげなく数世代に行った印象を受けます。

 

ただ、今のところ参考となる画像がまだまだ少ないので、早く実車を見てみたいところですね。

 

 

マイナーチェンジ直後のセレナでも限界値引から更に55万円安くなる方法!

 

セレナ(C27)がマイナーチェンジで後期となったわけですが、喜んでばかりはいられません。

 

なぜなら、値引幅が縮小されるからです。

 

マイナーチェンジ直前までは値引幅が最大に拡大されていましたので、その差は数十万円です。

 

しかし、フルモデルチェンジ直後であっても、マイナーチェンジ後でも通常の値引き額以上に値引き額を高めることが出来ます。

 

それも簡単な方法で。

 

そんな方法を別記事で詳細にまとめていますので一度ご覧になってみて下さい。

 

>> 詳細はこちらからご覧いただけます!

 

ご覧いただいた通り、決して難しい内容ではありません。知っているか、知らないかだけの差です。

 

たったこれだけで、結果的に支払金額を抑えることができるのです。

 

>>  目次ページに戻る