セレナを最安購入するカギは『愛車の売却先』!

 

いま現在、お車を保有されている方が新しい車を購入する時、
現在の愛車は売却することになるでしょう。

 

しかし、

ディーラーよりも無料一括査定サイトに登録している買取業者の方が高く買い取ってくれることが多いのをご存知ですか?

 

例えば、

ディーラー下取り査定が40万円だったものが、買取業者だと95万円の査定だったなんてことが珍しくありません。

 

その理由は、

無料一括査定サイトを使うことで、最大で10社の大手買取業者が
あなたの愛車の買取価格をライバル社と競って査定してくれるからです。

 

結果的に、

買取業者間での競争原理が働き、買取価格が釣り上がるというわけです。

 

新型セレナはスタイリングがかなり洗練されました。

外観に対して内装の変化はどうでしょうか。

 

ここでは、そんな新型セレナの内装(インテリア)の特徴と現行モデル(C26系)との違いに迫ってみましょう。

 

 

スポンサードリンク



新型セレナ(C27系)内装(インテリア)の特徴

 

新型セレナの内装の特徴を一言で言えば、近未来的な雰囲気の機能的な内装というところでしょうか。

 

新しく盛り込まれたたくさんの機能を含め、必要な機能はしっかりと盛り込みながら、ごてごてした印象はなく、実にすっきりとまとめています。

 

プロパイロットの場合は自動運転の状況がモニタリングできるモニターが投影されます。

 

また、センタークラスターあたりの独特の立体的な造形が魅力的ですし、運転席回りに奥行きを与えてくれているような気がします。

 

色調は黒基調と白基調の2種類で、白基調のほうは、ダッシュボードも含めて色調が統一されているようです。

 

新型セレナ(C27系) 内装
interior-01

 

シートは基本的には現行モデル(C26系)と変わりませんが、機能的でクラストップの広さを確保しているようです。

 

新型セレナ(C27系) シート

interior-02

 

 

 

スポンサードリンク



新型セレナ内装(インテリア )現行モデルとの違い

 

まず、運転席に座った雰囲気は、少し圧迫感がありすぎるかもしれません。

 

現行モデルの場合、ダッシュボードやメーターパネルなどが非常に迫力があって、それはそれでいいのですが、少しバタ臭い印象で、多少好みがわかれるところもあるでしょう。

 

その点、新型セレナはボリューム感こそありませんが、前方に広がりのある余裕を感じることのできるデザインというところでしょうか。

 

おそらくメーターパネルの造形に加え、新型セレナのエアコンからセンタークラスターにかけてのデザインが効いているのでしょう。

 

現行セレナ(C26系) 内装

interior-03

 

シートに関しては大きな違いはありませんが、2列目3列目あたりの内装をみると、現行モデルに比べ、新型セレナは質感の高いデザインになっている印象を受けます。

 

現行セレナ(C26系) シート
interior-04
新型セレナの内装は、洗練された中で最新技術が盛り込んであるという、近未来のテイストを醸し出していて、現行モデルと比べると、さりげなく数世代に行った印象を受けます。

 

ただ、今のところ参考となる画像がまだまだ少ないので、早く実車を見てみたいところですね。

 

【セレナ】が限界値引きから更に55万円安くなる方法

lp-h-01


  • 「セレナが欲しいな、でも予算が・・・」
  • 「セレナも諸費用込みで300万円オーバーか~」
  • 「複数のディーラー回っての相見積もりも大変そう・・・」
  • 「そもそも交渉事は苦手だしな・・・」
  • 「でも、出来る限り安く買いたい・・・」

 

など、セレナの購入を検討しているものの悩みは尽きない・・・

 

と悩んでいる方は多くいます。

 

出来れば楽して安く購入出来れば嬉しいですね。

 

かといって、車を安く購入する方法について家族や友達に相談したところで、「よくわからない」と答えられるか、

 

相見積もりを取れ」「決算時期を狙え」などありきたりのアドバイスばかりです。

 

交渉のプロであるディーラとの交渉が得意な人って、そんなに聞いたことないですし・・・

 

でも、同じ悩みを持った方にオススメの裏技がありますのでご紹介します。

 

セレナを最安購入するカギは『愛車の売却先』!

いま現在、お車を保有されている方が新しい車を購入する時、
現在の愛車は売却することになるでしょう。

 

しかし、

ディーラーよりも無料一括査定サイトに登録している買取業者の方が高く買い取ってくれることが多いのをご存知ですか?

 

例えば、

ディーラー下取り査定が40万円だったものが、買取業者だと95万円の査定だったなんてことが珍しくありません。

 

 

なぜ、このような価格差

生まれたのか?

 

 

それは、

無料一括査定サイトを使うことで、最大で10社の大手買取業者が
あなたの愛車の買取価格をライバル社と競って査定してくれるからです。

 

結果的に、

買取業者間での競争原理が働き、買取価格が釣り上がるというわけです。

 

>>  目次ページに戻る