特集-最安購入方法 特集-e-POWER
特集-C28型 特集-C27型
特集-C26型 特集-C25型

セレナe-powerはおそらくファミリーユースやグループユースで使われる方が多いのではないでしょうか。

 

そうなると、後部座席に乗られる家族や友人のために後部座席モニターが欲しいと考えても不思議ではありません。

 

セレナe-powerの場合、DVDにしてもテレビにしても、はたまたゲームにしても、前席中央のナビでみんなで楽しむには無理がありますからね。

 

ここでは、セレナe-powerの後部座席モニターにはどのようなタイプがあって、どんな機能が必要かをまず確認します。

 

そのうえで、セレナe-powerの後部座席モニターには純正と後付けがありますが、その価格差とオートバックスで取り付けた場合の工賃をチェックしていきます。

スポンサードリンク



セレナe-powerの後部座席モニター 種類と必要な機能

 

まず、セレナe-powerの後部座席モニターの種類と必要な機能をチェックしておきましょう。

 

  1. セレナe-powerの後部座席モニターの種類
  2. セレナe-powerの後部座席モニターに必要な機能

 

セレナe-powerの後部座席モニターの種類

 

セレナe-powerに限らず、後部座席モニターには「フリップダウンタイプ」と「ヘッドレストタイプ」があります

 

フリップダウンタイプ

 

 

車の天井に設置して、通常は天井に折りたたんでおくのですが、使うときに画面が下がってきて後部座席に乗車している人に正対するものです。

 

格納時には邪魔にならず、大画面も確保できますが、天井パネルをくりぬいて配線を引くなど、DIYにはハードルが高いですし、後付けの場合、工賃も高価です。

 

また、基本的には1つ設置すれば多人数で楽しめること、車検の心配がないのもメリットです。

 

ヘッドレストタイプ

 

 

運転席や助手席のヘッドレストに設置するため、固定のための加工が基本的に不要であり、安価というのが大きなメリットです。

 

セレナe-powerの場合はあまり関係ありませんが、天井の低い車の場合、これしか取り付けられない場合もあります。

 

問題は1台を複数人で楽しむのが難しく、大画面にするのも困難で、車検に通るかどうか疑問なところでしょうか。

 

 

セレナe-powerの後部座席モニターに必要な機能

 

セレナe-powerの後部座席モニターに必要な機能は概ね以下のとおりです。

 

10インチ以上の大画面

 

後部座席で多人数が見ることになるので、10インチ以上の大画面が理想ですが、最近のフリップダウンモニターの傾向を考えれば難しい話ではないはずです。

 

フリップダウンタイプなら15インチも可能です。

 

1,024×600画素以上、できれば1,920×1,080画素のフルHD画質

 

一般的な解像度は800×480画素か1,024×600画素ですが、もちろん数字が大きいほど精細で1,024×600画素は欲しいところです。

 

1,920×1,080画素のフルHD画質の商品であれば申し分ありません。

 

できればDVDプレーヤー内蔵

 

モニターにDVDプレーヤー内蔵なら、ナビのプレーヤーを使う必要がありませんし、操作も後部座席から行えます。

 

映画やミュージックビデオを楽しみたいなら、DVDプレーヤー内蔵がおすすめです。

 

HDMI入力

 

スマホやパソコン、ゲーム機が接続できますので、特に後部座席でゲームをする方にお勧めなのがHDMI入力端子が搭載されたモニターです。

 

 

スポンサードリンク



純正と後付けの価格差とオートバックスで取り付けた場合の工賃

セレナe-powerの後部座席モニターについて、純正と後付けの価格差と、オートバックスで後付けする場合の工賃をチェックします。

 

  1. セレナe-power 純正と後付けの価格差
  2. セレナe-power オートバックスで後付けする場合の工賃

 

セレナe-power 純正と後付けの価格差

 

これは、「セレナ後席モニター後付け価格と取付工賃!オートバックスでは?」をご覧ください。

 

純正オプション

 

 

純正オプションの価格は109,932円か118,413円で11インチワイドHDで、純正にしてはリーズナブルな価格です。

 

後席専用モニター単体では映像が出ず、ナビと組合わせて使うのが前提というのはいかにも純正らしいですね。

 

また、パーソナルリアモニターとして、9インチのヘッドレスト取り付け用も2台83,380円で用意されています。

 

後付け用社外品

 

社外品の場合はアルパインの12.8インチのフリップダウンモニターなら、価格は77,040円ですが、取り付けキットが22,520円なのでほぼ10万円になります。

 

これなら純正より安いのですが持ち込み工賃が3万円なら13万円と純正より高くなってしまいます

 

カロッツェリアの10.2インチのフリップダウンモニターなら、価格は42,970円、取り付けキット12,370円を加えても5万5千円工賃込みで8万5千円といったところです。

 

HDではなくVGA(解像度 横800 ×縦480)なのが残念なところです。

 

純正と同程度の機能なら社外品後付けのメリットはあまりありませんが、純正より大画面だったり、少し低機能なら後付けもありかもしれません。

 

セレナe-powerにヘッドレスト取り付け用モニターの選択はないと思いますが、こちらなら圧倒的に社外品が安いことは参考までにお伝えしておきます。

 

セレナe-power オートバックスで後付けする場合の工賃

 

これは、「セレナ後席モニター後付け価格と取付工賃!オートバックスでは?」をご覧いただきたいのですが、自店販売製品の取り付けで1万円のようです。

 

持ち込みでも2万円で、通常の工賃相場の3分の2くらいになりますから、メリットは大きいです。

 

フリップダウンモニターのDIYは難易度が高いというよりは、ルーフパネルを切っていくので後戻りができないという心理的なハードルが高いのが問題です。

 

後部座席モニターはネットが圧倒的に安いので、この工賃ならネットで購入して持ち込みを検討してみてもいいかもしれません。

 

もちろん、購入前に問い合わせして工賃と施工の可否の確認は忘れないように。

 

スポンサードリンク



まとめ

 

セレナe-POWERの後部座席モニターは、純正のサイズ、機能でいいなら純正でも割高ではないので、純正をおすすめします。

 

ただ、社外品は純正にない機能や大きさが選べるのが大きなメリットです。

 

その場合は社外品がおすすめなのですが、後部座席モニターはDIYの心理的難易度が高いので、安いと評判のオートバックスでの取り付けも検討してみましょう。

 

セレナを限界値引から更に55万円安くなる方法!

 

セレナ(C27)も発売から5年以上が経過し、マイナーチェンジから2年が経過しました。

 

値引き額の方もマイナーチェンジ直後と比較するとこなれてきましたが、最近の車の価格は安全装備の充実もあって高価格化が進んでいますので、出来るだけ安く購入したいですね。

 

一般的に、フルモデルチェンジ直後やマイナーチェンジ直後の値引きは抑えられますが、そのような時にも限界と言われる値引きから更に安くセレナを購入する方法があります。

 

それも簡単な方法なのですが、知らない方が多いのです。。

 

そんな方法を別記事で詳細にまとめていますので一度ご覧になってみて下さい。

 

>> 詳細はこちらからご覧いただけます!

 

ご覧いただいた通り、決して難しい内容ではありません。知っているか、知らないかだけの差です。

 

たったこれだけで、結果的に支払金額を抑えることができるのです。

 

>>  目次ページに戻る