特集-最安購入方法 特集-e-POWER
特集-C28型 特集-C27型
特集-C26型 特集-C25型

セレナe-powerの人気グレードといえばハイウェイスターです。

 

外観からしてノーマルのセレナe-powerとはずいぶん違いますし、迫力も圧倒的です。

 

ここでは、セレナe-powerハイウェイスターの特に人気のあるグレード「V」、「G」の違いをまず確認しておきます。

 

そして、グレードの違いが、気になる内装や値引きに影響があるのかどうか、チェックしていきます。

スポンサードリンク



セレナe-powerハイウェイスター(V,G)の違い!

 

まず、セレナe-powerハイウェイスターのVとGの違いを様々な観点からチェックしておきましょう。

 

  1. セレナe-powerハイウェイスターのVとGの価格の違い
  2. セレナe-powerハイウェイスターのVとGのインテリアの違い
  3. セレナe-powerハイウェイスターのVとGの装備の違い

 

セレナe-powerハイウェイスターの「V」と「G」の価格の違い

 

セレナe-powerハイウェイスターのVとGの価格の違いは下の表のとおりです。

 

項目 ハイウェイスター ハイウェイスターV ハイウェイスターG
価格 3,293,400円 3,582,700円 3,809,300円

 

ハイウェイスターの無印は戦略的に安いプライシングですが、ハイウェイスターのVとGは226,600円の価格差です。

 

問題は、この価格差に見合う装備の差があるかどうかです。

 

 

セレナe-powerハイウェイスターの「V」と「G」のエクステリアの違い

 

セレナe-powerハイウェイスターのVとGのエクステリアの違いはたった1つですが、けっこう大きいかもしれません。

 

無印とV:e-POWER専用15インチアルミホイール&195/65R15 91Sタイヤ

G:16インチアルミホイール&195/60R16 89Hタイヤ

引用元:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/specifications.html

 

無印と「V」は195/65R15のホイールとタイヤなのですが、「G」は195/60R16なのです。

 

この1インチと扁平率の差で精悍な雰囲気が出てくるのです。

 

ただ、同じものがオプションで27,500円なので、どうしても欲しければ比較的安価に装着可能です。

 

 

セレナe-powerハイウェイスターの「V」と「G」のインテリアの違い

 

セレナe-powerハイウェイスターの「V」と「G」のインテリアの違いは結構あります。

 

ざっとあげてみると次のとおりです。

  • ピアノ調センタークラスターフィニッシャー
  • ピアノ調パワーウインドウスイッチフィニッシャー
  • プレミアムインテリア(ドアトリムレザー調クロス〈前席、セカンド〉)
  • 合成皮革シート(Vはジャカード織物/トリコット)

 

いずれも見た目に影響がありそうですが、プレミアムインテリアの効果が大きいですね。

 

「V」のアドバンテージは防水シート(ネオソフィールとパートナーのコンビシート)が選べることです。

 

このシートに採用されているネオソフィールはようするに合成皮革なので、そこそこの高級感もあるのです。

 

 

セレナe-powerハイウェイスターの「V」と「G」の装備の違い

 

セレナe-powerハイウェイスターの「V」と「G」の装備の違いはインテリジェントルームミラーの有無くらいです。

 

本当なら、LEDヘッドランプやLEDフォグランプ、ハイビームアシスト、アダプティブLEDヘッドライトシステムは「V」には付いてないのですが、特別装備で付いているのです。

 

そのほか両側ハンズフリーオートスライドドアとか超ロングスライド+横スライドなどの美味しい機能も特別装備で付いちゃっているのです。

 

このようにV特別仕様のおかげで、セレナe-powerハイウェイスターのVとGの装備の違いはほとんど無いといってもいいのです。

 

ちなみにインテリジェントルームミラーは後方映像がカメラとミラーに写った実映像の切り替えができるのですが、より広い範囲をクリアな映像で提供してくれます。

引用元:https://www.nissan-global.com/JP/TECHNOLOGY/OVERVIEW/smart_rearview_mirror.html

 

ただ、この機能もたいていの人はインテリジェントアラウンドビューモニターを付けるので、そのときにセットで付いてくるのです。

 

 

スポンサードリンク



e-powerハイウェイスター「V」と「G」の違い 内装・値引きに影響は?

 

ここでは、セレナe-powerハイウェイスターの「V」と「G」の違いが内装・値引きの影響があるかどうかをチェックします。

 

  1. セレナe-powerハイウェイスターVとGの違い 内装に影響は?
  2. セレナe-powerハイウェイスターVとGの違い 値引きに影響は?

 

セレナe-powerハイウェイスター「V」と「G」の違い!内装に影響は?

 

セレナe-powerハイウェイスター「V」と「G」の一番大きな違いは内装です。

 

その違いを映像でチェックしておきましょう。

 

引用元:https://car-mo.jp/mag/category/catalog/interior/serena/

 

セレナe-powerハイウェイスターGは合成皮革シートなので、質感がずいぶん違います

 

また、プレミアムインテリアが装備されているので、前席と2列目シートのドアトリムにはレザー調クロスが使用され明らかな上質感を醸し出しています。

 

ちなみに、プレミアムインテリアはオプションでも装着不可ですが、合成皮革の防水シートは33,000円でオプション装着可能です。

 

 

セレナe-powerハイウェイスター「V」と「G」の違い 値引きに影響は?

 

はっきり言って、セレナe-powerハイウェイスターVは割安感が高く、お得グレードです。

 

そして、これは、おそらく戦略的なものと思われます。

 

では、お得グレードのセレナe-powerハイウェイスターVの値引きが厳しいかというとそんなんこともないのです。

 

「セレナe-POWERの乗り出し価格をグレード比較!残価設定ローンはお得?」をご覧いただきたいのですが、AUTECH系は厳しいものの、通常グレードでは差はつかないのです。

 

だから、セレナe-powerハイウェイスター「V」と「G」の選択に際して、値引きの違いは気にしなくていいのです。

 

 

スポンサードリンク



まとめ

 

セレナe-powerハイウェイスター「V」と「G」を比べてみると、大きな違いは内装の充実にあるようですね。

 

その内装も、プレミアムインテリア以外の装備差はリカバリー可能ですから、要はこの装備が価格差に見合うかどうかですね。

 

こればかりは好みの問題なので、迷っているなら、ディーラーに行って実車を確認してみましょう。

 

セレナを限界値引から更に55万円安くなる方法!

 

セレナ(C27)も発売から5年以上が経過し、マイナーチェンジから2年が経過しました。

 

値引き額の方もマイナーチェンジ直後と比較するとこなれてきましたが、最近の車の価格は安全装備の充実もあって高価格化が進んでいますので、出来るだけ安く購入したいですね。

 

一般的に、フルモデルチェンジ直後やマイナーチェンジ直後の値引きは抑えられますが、そのような時にも限界と言われる値引きから更に安くセレナを購入する方法があります。

 

それも簡単な方法なのですが、知らない方が多いのです。。

 

そんな方法を別記事で詳細にまとめていますので一度ご覧になってみて下さい。

 

>> 詳細はこちらからご覧いただけます!

 

ご覧いただいた通り、決して難しい内容ではありません。知っているか、知らないかだけの差です。

 

たったこれだけで、結果的に支払金額を抑えることができるのです。

 

>>  目次ページに戻る