セレナ(C26)のアイドリングストップをリセット・常時オフの設定は出来る?
特集-最安購入方法 特集-e-POWER
特集-C28型 特集-C27型
特集-C26型 特集-C25型

セレナ(C26)のアイドリングストップをリセットしたいとか、常時オフにしたいという声を耳にすることがあります。

 

セレナ(C26)のアイドリングストップというとS-HYBRIDですが、アイドリングストップは燃費改善の切り札だったはずです。

 

ここではまずなぜセレナ(C26)のアイドリングストップをリセット・常時オフする必要があるのかを確認します。

 

そのうえで、アイドリングストップをリセット・常時オフすることができるのか、できるうとすればどうするのかをチェックしていきます。

 

また、アイドリングストップ関係ではその他にも「リセット」がありますので触れておきます。

 

セレナ(C26) アイドリングストップ リセット・常時オフなぜ必要?

 

まず、セレナ(C26) のアイドリングストップのリセット・常時オフなぜ必要かです。

 

  1. セレナ(C26) のアイドリングストップはバッテリー寿命を縮める
  2. セレナ(C26) のアイドリングストップ車のバッテリーは高価
  3. セレナ(C26) のアイドリングストップはエンジン等の寿命を縮める

 

セレナ(C26) のアイドリングストップはバッテリー寿命を縮める

 

セレナ(C26) に限らずアイドリングストップ車はバッテリーに大きな負荷をかけています

 

というのは以下のうような理由からです。

 

アイドリングストップ車はアイドリングストップ後にセルモーターを回しエンジンを始動しますが、ここで大電流を流すことにより電力を大きく消耗します。

 

アイドリングストップはセルモーターを作動させる電力が通常ガソリン車の10倍以上必要という話もあるくらいです。

 

車載コンピュータは次のアイドリングストップに備えてバッテリーを急速充電しますが、この放電、充電プロセスを通してバッテリーに大きな負荷をかけてしまいます

 

 

セレナ(C26) のアイドリングストップ車のバッテリーは高価

 

セレナ(C26) の使用バッテリーは「セレナ(C26)のバッテリー交換リセット作業はC27と同じ?」をご覧ください。

 

C27と使用バッテリーはほぼ同じなので、バッテリー価格は「セレナ(C27)のバッテリー交換費用はオートバックスが安いがトータルでは?」をご覧ください。

 

これを見てもわかるように、アイドリングストップ車のバッテリーはガソリン車の2倍以上でディーラー等では3万円台半ば、Webでも2万円弱します。

 

しかも、前述のように消耗が激しいので、寿命は通常ガソリン車の3分の2以下と言われています。

 

こうなると、燃費改善効果以上にバッテリーが高くつくことさえあるのです。

 

 

セレナ(C26) のアイドリングストップはエンジン等の寿命を縮める

 

アイドリングストップ搭載車は、エンジンの始動回数がとても多くなるので、ブッシュ、タイミングベルト、クランクシャフトなどの部品が早く消耗するといわれています。

 

セルモーターは強化されていると言いますが、先ほど説明したように通常ガソリン車の10倍の作動となるとダメージは大きいはずです。

 

部品交換の頻度が高くなりますし、当然寿命も短くなります。

 

また、CVTも常時動力を伝えているガソリン車に対し、アイドリングストップ車はエンジンをかけた後にCVTに動力を送るので、急発進はCVT故障の原因になるといいます。

 

また、これは寿命にはあまり関係ありませんが、右折時の一時停止でもエンジンが止まって、発進が遅れてしまうという問題もありますよね。

 

 

セレナ(C26) アイドリングストップをリセット・常時オフするには

 

では、そんなセレナ(C26)のアイドリングストップをリセット・常時オフするにはどうすればいいのかをチェックしていきます。

 

  1. セレナ(C26) アイドリングストップをリセットするには
  2. セレナ(C26) アイドリングストップを常時オフするには

 

セレナ(C26) アイドリングストップをリセットするには

 

まず、セレナ(C26) のアイドリングストップのリセットはいつに簡単です。

 

ハンドルの左側についているアイドリングストップOFFスイッチを押せばいいのです。

 


引用元;https://itishappilyaboutnow.blogspot.com/2016/11/blog-post.html

 

写真左側のAUTO OFFと記載されているボタンを押せばオレンジの明かりがつきますからそれがOFF状態です。

 

 

セレナ(C26) アイドリングストップを常時オフするには

 

セレナ(C26) のこのアイドリングストップOFFスイッチ、便利なようでなかなか不便な機能です。

 

というのも、エンジンをOFFにすると必ずもとのON状態になるので、エンジンを始動するたびにこのスイッチを押さなければならないのですが、毎回そんなことできまんよね。

 

そこは、よくしたもので「アイドリングストップキャンセラー」というパーツがあるのです。

 

この製品は、税・送料込みで4,180円ですがバッテリー代を考えれば安いものです。

 

 

 

ちなみに、私はもっと安くできる方法でアイドリングストップをキャンセルしています。

 

アイドリングストップOFFスイッチを押した状態からもとに戻らないようにスイッチと外枠に間に紙を挟んでいるのです。

 

カレンダー程度の紙2、3枚程度だと思うのですが、ちょうどいい厚さに調整して見苦しくないように挟んでおけばいいのです。

 

引用元:https://minkara.carview.co.jp/userid/713889/car/2722442/5578591/1/note.aspx#title

 

挟んでいる紙を取ればアイドリングストップは普通に動きますので、自己責任ですが試してみてもいいと思いますよ。

 

なお、この方法では半年に1回くらいスイッチが緩んでアイドリングストップしますので、下の映像ではテープで押さえてありますから、これなら完璧です。

 

引用元:https://minkara.carview.co.jp/userid/1370901/car/1006772/1763645/1/note.aspx#title

 

セレナ(C26) アイドリングストップ その他のリセット

 

セレナ(C26) アイドリングストップのリセットで検索された方は、それ以外のリセットをお探しだったかもしれませんので紹介しておきます。

 

  1. セレナ(C26) アイドリングストップのバッテリー交換時のリセット
  2. セレナ(C26) アイドリングストップの積算時間や燃料消費量リセット

 

セレナ(C26) アイドリングストップのバッテリー交換時のリセット

 

セレナ(C26) のS-HYBRID車でアイドリングストップが機能しなくなったというトラブルでバッテリー交換時にリセットしていなかったという事例がありました。

 

セレナ(C26) のS-HYBRID車の場合は、バッテリーの放電積算量をリセットして、「新しくなったよ」と教えてやらないといけないのです。

 

詳細は「セレナ(C26)バッテリー交換費用!寿命やリセット作業についても!」をご覧ください。

 

セレナ(C26) アイドリングストップの積算時間や燃料消費量リセット

 

セレナ(C26)のS-HYBRID車はアイドリングストップタイマーで作動時間を表示できますし、アイドリングストップ時間節約燃料も表示できます。

 

この数値をリセットすることができるのです。

 

方法はドライブコンピューターのアイドリングストップ時間節約燃料を表示させて、選択スイッチを約1秒以上押せばいいのです。

 

まとめ

 

セレナ(C26)のアイドリングストップ車は通常ガソリン車より燃費がいいと言われていますがこれはアイドリングストップに有利なJC08モードによることも大きいようです。

 

実際の燃費改善効果はそう大きいものではなく、バッテリーの寿命やコストを考えればアイドリングストップをOFFにしたくなるのも当然かもしれません。

 

アイドリングストップにキャンセルは標準装備ですし、常時キャンセルのし方も確立されています。

 

簡単に常時キャンセル可能ですし、もとにも戻せますから、試してみてもいいかもしれませんね。

 

セレナを限界値引から更に55万円安くなる方法!

 

セレナ(C27)も発売から5年以上が経過し、マイナーチェンジから2年が経過しました。

 

値引き額の方もマイナーチェンジ直後と比較するとこなれてきましたが、最近の車の価格は安全装備の充実もあって高価格化が進んでいますので、出来るだけ安く購入したいですね。

 

一般的に、フルモデルチェンジ直後やマイナーチェンジ直後の値引きは抑えられますが、そのような時にも限界と言われる値引きから更に安くセレナを購入する方法があります。

 

それも簡単な方法なのですが、知らない方が多いのです。。

 

そんな方法を別記事で詳細にまとめていますので一度ご覧になってみて下さい。

 

>> 詳細はこちらからご覧いただけます!

 

ご覧いただいた通り、決して難しい内容ではありません。知っているか、知らないかだけの差です。

 

たったこれだけで、結果的に支払金額を抑えることができるのです。

 

>>  目次ページに戻る

 

カテゴリー
タグ