セレナ(C27)のバッテリー交換費用はオートバックスが安いがトータルでは?
特集-最安購入方法 特集-e-POWER
特集-C28型 特集-C27型
特集-C26型 特集-C25型

セレナ(C27) のバッテリーを交換すると結構な出費となります。

 

最近はバッテリーも充電制御バッテリーになり、サイズも大きくなっていますし、アイドリングストップ車のバッテリーはさらに高性能だからです。

 

こういうときに費用を安く抑えようと思えばオートバックスです。

 

オートバックスといえば、街のカーショップですね。

 

何といっても工賃が安いからですが、トータル費用としてはどうでしょうか。

 

ここでは、まず、セレナ(C27)のバッテリーとオートバックスでの交換費用を確認します。

 

そのうえで、バッテリー交換費用はオートバックスが安いにしてもトータルではどうなのかをチェックしておきましょう。

 

セレナ(C27)のバッテリーとオートバックスでの交換費用は?

 

 

まず、セレナ(C27)のバッテリーとはどんなものなのかを確認したうえで、交換工賃が多安いというオートバックスでの交換費用をチェックしておきましょう。

 

  1. セレナ(C27)のバッテリー
  2. オートバックスでの交換費用は?

 

セレナ(C27)のバッテリー

 

セレナ(C27)のバッテリー規格の詳細は「セレナ(C27)のバッテリー交換DIYはリセット作業が難しい?【e-POWER含む】」)をご覧ください。

 

ここでは具体的なバッテリーの規格を紹介しておきます。

 

セレナ(C27)の場合は通常エンジン車、S-HYBRID車、e-power車で違いますが、それぞれ以下のとおりです。

 

セレナ(C27系) 通常エンジン車のバッテリー

 

今のセレナ(C27系)に通常エンジン車はありませんが、以前は「B」と「S」がありましたので紹介しておきます。

 

セレナ(C27系) 通常エンジン車のバッテリーは充電制御対応タイプの「55B24L-HR」です。

 

 

セレナ(C27系) S-HYBRID車のバッテリー

 

 

セレナ(C27系) S-HYBRID車のバッテリーはメインバッテリーは「S-95」サブバッテリーは「K-42」です。

 

 

いずれもアイドリングストップ対応タイプでで、充電制御対応よりも性能が高いぶん、価格も高くなっています。

 

セレナ(C27系) e-power車のバッテリー

 

セレナ(C27系)「e-POWER」は駆動用のリチウムイオンバッテリーを積んでいますが、この交換は当面考えなくていいでしょう。

 

交換するのは鉛電池の「補機バッテリー」ですが、こちらの機能はガソリンエンジン車のバッテリーと大きく変わりません。

 

トヨタ車などはこのバッテリーが車内にあるので特別な電池を使うのですが、セレナ(C27系)「e-POWER」のものは「46B24L」という普通の充電制御バッテリーです。

 

 

 

オートバックスでの交換費用は?

 

オートバックス公式通販サイトで最安値の製品の価格と工賃を確認してみました。

 

バッテリー バッテリー最安値 工賃 合計
55B24L 15,398円 540円 15,938円
S-95 36,298円 540円 36,838円
K-42 10,998円 540円 11,538円
46B24L 9,898円 540円 10,438円

 

オートバックスの場合、工賃が540円とても安いのがいいですね。

 

税込みだし、3,000円(税込)以上で送料無料なので送料もかかりません。

 

非常にお得感がありますが、バッテリーというのはなかなか高いものですね。

 

 

バッテリー交換費用はオートバックスが安いがトータルでは?

 

オートバックスの場合、工賃は破格に安いのですが、バッテリーが高いような気がしたので通販で確認してみました。

 

そのうえでどうすれば一番安くなるかを考えてみました。

 

  1. セレナ(C27)のバッテリー価格をオートバックスと通販で比較
  2. バッテリー交換費用トータルで一番安い方法は?

 

セレナ(C27)のバッテリー価格をオートバックスと通販で比較

 

セレナ(C27)のバッテリー価格をオートバックスと通販で比較してみました。

 

ちなみに、通販で選んだバッテリーはBOSCH、GSユアサに限定しています。

 

バッテリー オートバックス最安値A 楽天最安値B B/A %
55B24L 15,398円 7,960円 51.7%
S-95 36,298円 17,028円 46.9%
K-42 10,998円 6,978円 63.4%
46B24L 9,898円 7,150円 72.2%

 

驚くほどの価格差です。

 

46B24Lの場合オートバックスに廉価なGSユアサのものがあったので差が開きませんでしたが、それ以外の製品はものによっては通販の方が半分以下になります。

 

オートバックスの場合は46B24L以外はオートバックスプライベートブランドGAIAバッテリーですが、BOSCH、GSユアサが劣るとは思えないのです。

 

バッテリー交換費用トータルで一番安い方法は?

 

46B24L程度の価格差ならオートバックスで買って交換したほうがいいかもしれません。

 

というのもオートバックスの工賃540円というのは破格に安いからです。

 

オートバックスの場合も持ち込みはOKですが、当然割高になります。

 

通常はオートバックスでは持ち込みは2倍といいますから、この安い工賃×2で交換してくれるならなら迷うことはありません、通販で買って持ち込みましょう

 

また、バッテリー交換工賃はディーラーでも3,000円+税くらいですから、持ち込みの場合の価格を確認して通販に発注もありかもしれませんね。

 

 

まとめ

 

セレナ(C27)に限らず、バッテリーというのはディーラーでもホームセンターでもオートバックスでも高いものです。

 

しかも、最近では充電制御バッテリーは当たり前で、アイドリングストップ用など性能も容量もあがり、非常に高価になっています。

 

最近のバッテリーは重いので運ぶのも大変なのですが、これだけ価格が高く、通販との価格差が大きいなら持ち込む価値はあるでしょう。

 

ただ、肝心なのは工賃なので、事前に持ち込みの可否と工賃だけは確認しましょう。

 

また、廃バッテリーについては回収サービス付きのものや無料回収している業者もいますので、あまり心配しなくても大丈夫です。

 

セレナを限界値引から更に55万円安くなる方法!

 

セレナ(C27)も発売から5年以上が経過し、マイナーチェンジから2年が経過しました。

 

値引き額の方もマイナーチェンジ直後と比較するとこなれてきましたが、最近の車の価格は安全装備の充実もあって高価格化が進んでいますので、出来るだけ安く購入したいですね。

 

一般的に、フルモデルチェンジ直後やマイナーチェンジ直後の値引きは抑えられますが、そのような時にも限界と言われる値引きから更に安くセレナを購入する方法があります。

 

それも簡単な方法なのですが、知らない方が多いのです。。

 

そんな方法を別記事で詳細にまとめていますので一度ご覧になってみて下さい。

 

>> 詳細はこちらからご覧いただけます!

 

ご覧いただいた通り、決して難しい内容ではありません。知っているか、知らないかだけの差です。

 

たったこれだけで、結果的に支払金額を抑えることができるのです。

 

>>  目次ページに戻る

 

カテゴリー
タグ