特集-最安購入方法 特集-e-POWER
特集-C28型 特集-C27型
特集-C26型 特集-C25型

セレナe-POWERは改めて説明するまでもなくバッテリーに大きく依存した車です。

 

だから、このバッテリーを強化したいと思われている方は多いかもしれません。

 

そして、バッテリーを強化するというと、まず、思いつくのがバッテリー容量アップです。

 

ここでは、セレナe-POWERのバッテリー容量アップは出来るか出来ないかを、駆動用バッテリー、補機バッテリーそれぞれでチェックしていきましょう。

セレナe-POWERの駆動用バッテリー容量アップは出来る?

 

まず、セレナe-POWERの駆動用バッテリーがどういうものかを確認し、容量アップは出来るのか出来ないのかをチェックしておきましょう。

 

  1. セレナe-POWERの駆動用バッテリーはどういうもの
  2. セレナe-POWERの駆動用バッテリー容量アップは出来る?出来ない?

 

セレナe-POWERの駆動用バッテリーはどういうもの

 

セレナe-POWERの駆動用バッテリーはリチウムイオン電池で、1.58Kwhの容量です。

 

96個のセルがフロントシートとセンターコンソールの下にびっしりと敷かれています。

引用元:https://www.nissan.co.jp/OPTIONAL-PARTS/NAVIOM/SERENA_SPECIAL/E-POWER/2007/PG/guid-6aff3b15-ac34-4071-9696-54b074bf5261.html

 

リチウムイオンバッテリーはプリウスなどのニッケル水素電池と比べれば大容量の電気を蓄えることができメモリー効果もないなど高性能です。

 

ただ、それでも劣化は起こりますので使っているうちに容量は次第に少なくなってきます

 

 

セレナe-POWERの駆動用バッテリー容量アップは出来る?出来ない?

 

セレナe-POWERの駆動用バッテリーを容量アップすれば、より多くの電気を蓄えることができるので、燃費も走りも大きく改善します。

 

ただ、純正の1.58Kwhの容量より大きくする容量アップは不可能と思ってください。

 

一方で、1.58Kwhの容量は使っていくうちに劣化によって減っていきますから、駆動用バッテリーを交換すればもとの容量に回復します。

 

ただ、駆動用バッテリーの交換は安いプリウスでも15万円ちょっとかかりますし、セレナe-powerの場合、事例は少ないのですがこれ以上の金額はかかってくるようです。

 

ちなみにe-powerの場合5年10万キロの保証はありますが、現実には20万キロくらいは平気なようです。

 

というのも、もともとリチウムイオン電池は満充電は禁忌なので6割くらいの容量で使っているそうです。

 

リーフでは75%までのバッテリ容量を16万キロ、8年まで保証していますし、15.5万キロ時点でバッテリー容量80%という口コミもあります。

 

だから、駆動用バッテリーを変えれば容量アップは確実にできますが、費用もかかりますし、効果も薄いので現実的ではないでしょう。

 

 

セレナe-POWERの補機バッテリー容量アップは出来る?

 

次に、セレナe-POWERの補機バッテリーがどういうものかを確認し、容量アップは出来るのか出来ないのかをチェックしておきましょう。

 

  1. セレナe-POWERの補機バッテリーはどういうもの
  2. セレナe-POWERの補機バッテリー容量アップは出来る?出来ない?

 

セレナe-POWERの補機バッテリーはどういうもの

 

セレナe-POWERの補機バッテリーですが、「補機バッテリー」というから難しくて、要するにガソリン車のバッテリーと同じ機能のものです。

 

ただ、ガソリン車のバッテリーの大きな役目であるセルモーターを回すことは必要ない(駆動用バッテリーの役目)ので、もっぱら電装品の電源として使われていています

 

ただ、e-POWERのシステムを動かす電力はこの補機バッテリーで賄っていますので、バッテリーが弱るとシステム異常を起こすことさえあるようです。

 

ちなみに、セルモーターを回す必要がないこともあって、46B24L」という比較的小さいサイズの充電制御バッテリーです。

 

 

セレナe-POWERの補機バッテリー容量アップは出来る?出来ない?

 

セレナe-POWERの補機バッテリー容量アップは簡単にできます。

 

普通の車なら寒冷地仕様は大きめのバッテリーを積んでいますが、要するに容量の大きいバッテリーに積み替えればいいのです。

 

デメリットは重くなって燃費が少し悪化するかもしれないというこらいですが、おそらく補って余りあるほどのメリットがあります。

 

思い切って容量を大きくするなら例えばパナソニックのカオス「80B24L」はどうでしょうか。

 

純正の「46B24L」とバッテリーのサイズは同じですが、性能ランクは46から80に大幅にアップしています。

 

価格は税・送料込みで13,460円で、「55B24L」のBOSCHでも8,680円ですから、妥当な価格でしょう。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カオス N-80B24L/C7 ブルーバッテリーPanasonic CAOS
価格:13460円(税込、送料無料) (2022/1/29時点)

 

 

まとめ

 

セレナe-POWERのバッテリー容量アップは駆動用バッテリーについては可能ですが、経費、必要性から考えてあまりおすすめできません。

 

一方で、補機バッテリーについては、バッテリーのトラブルを未然に防ぐ意味でも有効です。

 

今載っているバッテリーが元気ならわざわざ取り換える必要はありませんが、交換時期を迎えているなら、性能の高いバッテリーに交換することを考えてもいいかもしれません。

 

セレナを限界値引から更に55万円安くなる方法!

 

セレナ(C27)も発売から6年が経過し、いよいよフルモデルチェンジが近づいてきています。

 

値引き額の方もかなりこなれてきましたが、最近の車の価格は安全装備の充実もあって高価格化が進んでいますので、出来るだけ安く購入したいですね。

 

一般的に、フルモデルチェンジ直後やマイナーチェンジ直後の値引きは抑えられますが、そのような時にも限界と言われる値引きから更に安くセレナを購入する方法があります。

 

それも簡単な方法なのですが、知らない方が多いのです。。

 

そんな方法を別記事で詳細にまとめていますので一度ご覧になってみて下さい。

 

>> 詳細はこちらからご覧いただけます!

 

ご覧いただいた通り、決して難しい内容ではありません。知っているか、知らないかだけの差です。

 

たったこれだけで、結果的に支払金額を抑えることができるのです。

 

>>  目次ページに戻る