セレナ(C27)の加速改善はECU書き換えがポイント!発進時のもたつき・もっさりも解消?
特集-最安購入方法 特集-e-POWER
特集-C28型 特集-C27型
特集-C26型 特集-C25型

セレナ(C27)は加速がもう一つという噂があります。

 

人によればセレナ(C27)の特徴とも言っているくらいで、アクセルレスポンスがピリッとしないみたいなのです。

 

ここでは、まず、セレナの加速は本当に悪いのか、ECU書き換えがポイントなのかをチェックします。

 

そして、ECUの書き換えにより発進時のもたつき・もっさりが解消されるかどうかもチェックしておきましょう。

セレナ(C27)は加速が悪く、改善はECU書き換えがポイント?

 

まず、巷間言われているように、セレナ(C27)は加速が悪いのかということと、その改善はECU書き換えがポイントなのかという点をチェックしておきましょう。

 

  1. セレナ(C27)は加速が悪い?
  2. セレナ(C27)の加速改善はECU書き換えがポイント?

 

セレナ(C27)は加速が悪い?

 

セレナ(C27)は加速が悪かどうかは口コミでチェックすればわかります。

 

セレナ(C27)の加速にについての主な口コミやレビューは以下のとおりです。

 

  • 出だしはとにかうもたつく
  • 出だしはもっさりだが、慣れる
  • 最悪で開発者は責任を取るべき
  • 加速が悪く前方車に置いていかれるし、後続車がいると必要以上にアクセルを踏み込む
  • 加速の悪さはセレナが一番

 

こうした意見が実に頻繁に出てきますから、加速が悪いのは疑いようがありません

 

セレナ(C27)のガソリン車は基本的にS-HYBRID車ですから、発進時に1秒だけ加速をアシストしてくれるので、1秒とはいえ加速面では有利です。

 

ただ、このS-HYBRIDのアシストは加速感を得るためではなく、加速時に大きく悪化する燃費の改善のために使われているようなのです。

 

また、加速を良くすればトレードオフで燃費は悪化しますし、後席の同乗者には肉体的なストレスもあるので、あえてだるいような加速にしているという情報もあるのです。

 

 

セレナ(C27)の加速改善はECU書き換えがポイント?

 

いまどきの車のエンジンというのはECUがすべて管理しています。

 

点火時期、燃料の噴出量やタイミング、可変バルブのタイミング、アクセルへのレスポンスなどすべてECUの管理下にあります。

 

ECUとは、運転制御を行うマイコン

 

ツインキャブの設定をいじるなんてことは今やすべて昔話なのです。

 

このECUの設定次第で、エンジンは本来持っているパワーを全開にすることもできますが、そんなことをすると燃費がとんでもないことになってしまうのです。

 

だから、今時の車、特にセレナはエンジンの立ち上がりの出力を抑えているのです。

 

このため、例えばニスモのエンジンチューニングではエンジン本体は同じでもら中間加速域でのレスポンスを大きく改善するようなECUが使われています。

 

ECUというものは通常は書き換え可能なROM(EPROM)ですから、より加速を改善した仕様に書き換えられればこれがポイントになるのです。

 

 

ECUの書き換えで発進時のもたつき・もっさりが解消されるか?

 

セレナ(C27)がECUの書き換えで発進時のもたつき・もっさりが解消されるかは、数少ないECU書き換えのレビューである程度はわかります。

 

また、実際にECUを書き換えているセレナニスモのレビューもチェックしておきましょう。

 

  1. セレナ(C27)のECUの書き換えのレビュー
  2. セレナ(C27)ニスモのレビュー

 

セレナ(C27)のECUの書き換えのレビュー

 

セレナ(C27)がECUの書き換えのレビューは以下のようなものです。

 

  • アクセルを踏んだ瞬間にエンジン回数急上昇してGを感じたが、慣れてくると滑らかな加速になった。
  • ノーマルと比べればアクセルレスポンスが全く違う
  • 走りが全く違うし加速時の音も高音になって言い感じ

 

セレナ(C27)のECUをあえて書き換ようとする方は加速を求めていることもあって、かなり加速よりの書き換えかと思われます。

 

予想どおり、ECU書き換えで加速は良くなっていますし、リミッターまで解除した方もいますが、少し気になる燃費への影響はわかりませんでした。

 

えのレビューセレナ(C27)は加速が悪かどうかは口コミでチェックすればわかります。

 

 

セレナ(C27)ニスモのレビュー

 

専用ECUを使っているセレナ(C27)ニスモのレビューは以下のとおりです。

 

  • 標準車より加速の良さを感じるがそれから先の加速感は感じない。
  • エンジンスペックは変更ないが、体感的に10馬力程度のアップ
  • エンジンはよく回っているようだが、音はうるさい
  • 低速域はあまり変わらないが、50kmくらいからの加速はいい
  • 専用ECUの恩恵を感じるのは、中速域~高速域で低速域は変わらない
  • 加速については、期待外れ
  • 燃費はノーマル車より悪い

 

ニスモといえども市販車なので燃費も気になるのでしょう。

 

単なる加速重視のECUセッティングはできないようで、エンジンの特性の改善はあるものの、極端にもたつき・もっさりが解消されるわけではないようですね。

 

ただ、セレナ(C27)のECUの書き換えのレビューも含めて、加速性能の改善にはECU書き換えしかないのは確かなようです。

 

 

まとめ

 

セレナ(C27)の加速については、ECU書き換えでどうにでもなります。

 

ただ、ECUのデータを最適化するにはものすごい時間と経費がかかり、大手自動車会社と比較的小さな会社の燃費性能の差はそれが原因とさえ言われているほどです。

 

だから、ECU書き換えも当然トライアンドゴーで最適化を図っているようですし、それにしても加速性能を取れば燃費性能は大きくスポイルされることは覚悟しておきましょう。

 

セレナを限界値引から更に55万円安くなる方法!

 

セレナ(C27)も発売から6年が経過し、いよいよフルモデルチェンジが近づいてきています。

 

値引き額の方もかなりこなれてきましたが、最近の車の価格は安全装備の充実もあって高価格化が進んでいますので、出来るだけ安く購入したいですね。

 

一般的に、フルモデルチェンジ直後やマイナーチェンジ直後の値引きは抑えられますが、そのような時にも限界と言われる値引きから更に安くセレナを購入する方法があります。

 

それも簡単な方法なのですが、知らない方が多いのです。。

 

そんな方法を別記事で詳細にまとめていますので一度ご覧になってみて下さい。

 

>> 詳細はこちらからご覧いただけます!

 

ご覧いただいた通り、決して難しい内容ではありません。知っているか、知らないかだけの差です。

 

たったこれだけで、結果的に支払金額を抑えることができるのです。

 

>>  目次ページに戻る

 

カテゴリー
タグ