特集-最安購入方法 特集-e-POWER
特集-C28型 特集-C27型
特集-C26型 特集-C25型

セレナe-POWERで買って後悔するほどの欠点があるかという話題の中で、バッテリー寿命が短いのが欠点という話がありました。

 

セレナe-POWERのバッテリーといえば、この車のハイブリッドシステムの中では重要なパーツです。

 

ここでは、まず、セレナe-POWERのバッテリー寿命は本当に短いのかどうかをチェックします。

 

また、高速と街乗りで違うという情報もありますので、そのあたりもチェックしておきましょう。

 

目次

開く

セレナe-POWERのバッテリー寿命は短い?

 

 

ここでは、まずセレナe-powerのバッテリー寿命が短いという噂の真偽をチェックします。

 

セレナe-powerには駆動用バッテリーと補機バッテリーがありますので、それぞれについて記載していきます。

 

  1. セレナe-powerの駆動用バッテリーの寿命
  2. セレナe-powerの補機バッテリーの寿命

 

セレナe-powerの駆動用バッテリーの寿命

 

セレナe-powerの駆動用バッテリーはモーターを回す電気を貯めるバッテリーですが、これについては、単独での保証期間はありません。

 

ただ、ノートの場合はe-POWERシステムに5年間または10万km走行までの保証が用意されているそうです。

 

保証期間外の修理費用は、まだ想定していないといいますし、先行しているノートでも駆動用バッテリー交換という話はあがってきていません。

 

ちなみにセレナe-powerの駆動用バッテリーに使われているのはリチウムイオン電池です。

 

リチウムイオン電池は先代までのプリウス全グレードやアクアに使われていたニッケル水素電池より性能はいいのですが、メモリー効果という欠点があります。

 

「メモリー効果」というのは、完全に放電する前に充電することを繰り返すことで、見かけ上の使用可能容量が徐々に減少していく現象です。

 

スマホの場合はこれが原因でバッテリー寿命が尽きてしまうことが多いのですが、ハイブリッド車の場合、充電率が一定範囲におさまるように、常にコントロールしています。

 

このため、スマホのような短い寿命ではなく、車の寿命を全うするくらい長いこと使えるのです。

 

ハイブリッドの保証期間はトヨタもホンダも日産と同じですが、駆動用バッテリーを交換したという話は聞きません

 

セレナに先行したノートe-powerでも同様です。

 

となると、セレナe-powerの駆動用バッテリーの寿命はあまり気にしなくてもいいかもしれませんね。

 

 

セレナe-powerの補機バッテリーの寿命

 

セレナe-powerはハイブリッドですが、車内の電気を使用するシステムはすべてガソリン車と同じ12V電源ですし、ハイブリッドシステムの制御もそうです。

 

このため、ガソリン車と同じ12Vバッテリーがハイブリッド車にも搭載されているのです。

 

ちなみに、セレナe-powerの補機バッテリーの方は「46B24L」という小さめの充電制御バッテリーです。

 

e-powerの場合は、エンジン起動は発電機で、そもそもセルモーターがありません。

 

このため、セレナe-powerの補機バッテリーは一番過酷な仕事であるエンジン始動から解放されるわけですから、むしろバッテリー寿命は長期化することが期待できるほどです。

 

同じセレナでもS-ハイブリッド車はアイドリングストップ後のエンジン始動という負荷があるのでバッテリーも大きく寿命も短いのです。

 

また、トヨタのハイブリッドシステムと違ってエンジンルームに設置してあるので、普通の充電制御バッテリーですみ、これも安くつくのがうれしいところです。

 

 

セレナe-POWERのバッテリー寿命は高速と街乗りで違う?

 

セレナe-POWERの駆動用バッテリーはリチウムイオン電池です。

 

リチウムイオン電池の寿命を決定するのは「サイクル回数」です。

 

これは満充電から完全に放電するまでの回数で、一般的に4,000回、使用期間に換算すれば10年と言われています。

 

ただ、この寿命を大きく縮めるのは過充電と過放電です。

 

スマホの場合も過充電や過放電を繰り返すことによって、本来持っているリチウムイオン電池の寿命を大きく縮めている場合が多いと言います。

 

となると、EV走行が苦手で速度次第ではバッテリーを使い切ってしまう高速走行はバッテリー寿命には悪そうです。

 

街乗りも、ストップ&ゴーの繰り返しで「サイクル回数」が多くなりそうですよね。

 

ご心配はわかりますが、ハイブリッド車の場合は、一定範囲での充放電を繰り返すので、こうした過充電や過放電の心配は無いのです。

 

こうした充電制御で寿命を大きく伸ばしていますし、バッテリーにとっては大敵の高温もファンなどで制御しています。

 

このため、高速や街乗り、あるいはセレナe-powerが苦手な長い上り坂を走ったところで、バッテリー寿命が大きく影響を受けることは考えにくいのです。

 

 

まとめ

 

セレナe-POWERのバッテリー寿命が欠点という噂がありますが、現時点の情報では欠点とは全く言えないようです。

 

ガソリン車には無い駆動用バッテリーの寿命という問題はありますが、今のところ交換したという情報はありません。

 

トヨタやホンダでもそういった問題は聞きませんし、セレナe-POWERは高性能のリチウムイオン電池を綿密に充電制御しながら使っています。

 

また、各種電装用の補機バッテリーは通常より長寿命が期待できるほどです。

 

いずれにしても、セレナe-POWERのバッテリー寿命は欠点とは言えないようですね。

 

セレナを限界値引から更に55万円安くなる方法!

 

セレナ(C27)も発売から6年が経過し、いよいよフルモデルチェンジが近づいてきています。

 

値引き額の方もかなりこなれてきましたが、最近の車の価格は安全装備の充実もあって高価格化が進んでいますので、出来るだけ安く購入したいですね。

 

一般的に、フルモデルチェンジ直後やマイナーチェンジ直後の値引きは抑えられますが、そのような時にも限界と言われる値引きから更に安くセレナを購入する方法があります。

 

それも簡単な方法なのですが、知らない方が多いのです。。

 

そんな方法を別記事で詳細にまとめていますので一度ご覧になってみて下さい。

 

>> 詳細はこちらからご覧いただけます!

 

ご覧いただいた通り、決して難しい内容ではありません。知っているか、知らないかだけの差です。

 

たったこれだけで、結果的に支払金額を抑えることができるのです。

 

>>  目次ページに戻る