日産 セレナ(C26)が発売開始されたのは2010年で、2016年7月13日にフルモデルチェンジが実施されC27型が発売されました。

 

セレナ(C26)も発売から9年が経過しますので、そろそろ走行距離もかさみ、バッテリーのヘタリが気になる頃だと思います。

 

新車で購入された方であれば、これまで数回はバッテリー交換されているでしょうが、中古車でC26型セレナを購入された方であれば、これからという方もいらっしゃるでしょう。

 

この記事では、そんなセレナ(C26)のバッテリーの寿命と、交換する場合の適合サイズ、価格などバッテリー交換に関する内容をチェックしておきましょう。

スポンサードリンク



セレナ(C26)のバッテリーの寿命

 

セレナに限らずバッテリーの寿命というのは概ね2年~5年と言われています。

 

妙に幅が広いと思われるかもしれませんが、バッテリーというのは使い方や環境で寿命が大きく違うもので、5年以上使っても平気という場合は珍しくありません。

 

ただ、最近のバッテリーは昔のバッテリーと違って、突然死をする場合があるのです。

 

この場合、充電をしても電気が取り出せないくらい劣化していますから、交換しないと走行することすらできません。

 

セレナの場合は一部グレードを除きアイドリングストップを搭載しています。

 

アイドリングストップは省エネには有効なシステムですが、バッテリーへの負荷は大きく、寿命は普通のバッテリーの半分程度という話もあるくらいです。

 

一方で、アイドリングストップをあまりしなくなるだけなので、持ち自体は変わらないという意見もあるようですし、ちゃんと交換時期は知らせてくれます。

 

セレナ(C26)には、S-ハイブリッド搭載車が搭載されています。

 

このS-ハイブリッド搭載車はハイブリッドということもあり、電力消費が激しいこともあり、バッテリーが2個必要で、これも同じような寿命になります。

 

同じセレナ(C26)でも、バッテリーは3つ規格がそれぞれの機構により用意されています。

 

次は、セレナ(C26)のバッテリー規格を確認してみます。

 

 

スポンサードリンク



セレナ(C26)のバッテリーの適合規格と価格

 

セレナ(C26)のバッテリーは次の機構の違いでバッテリー規格が異なってきます。

 

  • アイドリングストップ非搭載車
  • アイドリングストップ搭載車
  • S-ハイブリッド搭載車

 

それぞれに対応するバッテリー規格を説明していきます。

 

アイドリングストップ非搭載車

 

セレナ(C26)のアイドリングストップ非搭載車のバッテリーの規格は、このクラスでは常識的な『55B24L』です。

 

セレナ(C26)のアイドリングストップ非搭載車のバッテリーは充電制御がかかっているだけで特殊なものではありません。

 

ディーラーで交換すれば2万円弱でしょうが、ネットなどで購入すると、例えばBOSHのこのバッテリーなら税・送料込みで7,800円です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BOSCHボッシュ 国産車用 新品 PSRバッテリー PSR-55B24L
価格:7800円(税込、送料無料) (2019/6/5時点)

 

 

 

アイドリングストップ搭載車

 

セレナ(C26)のアイドリングストップ搭載車のバッテリーの規格は、『S-95』です。

 

同じセレナ(C26)でもアイドリングストップ用のバッテリーはディーラーでは4万5千円程度、ハイブリッド用のサブバッテリーだって2万円程度はします。

 

しかも、始末の悪いことに、アイドリングストップ車はバッテリーの状況をコンピュータが記憶しています(アイドリングストップの作動をコントロールするため)から、これをリセットしなければなりません。

 

だから、自分では交換できないのです。

 

ただ、バッテリー自体はS-95とはいっても、アイドリングストップ用の120D26Lか100D26LをK-42の場合もアイドリングストップ用の55B19Lか50B19Lを買って、ディーラーに交換を頼めばいいのです。

 

下記のGSユアサのバッテリーS-95なら、税・送料込みで22,550円で他に入ります。

 

 

 

 

S-ハイブリッド搭載車

 

セレナ(C26)のS-ハイブリッド搭載車のバッテリーの規格は、メインバッテリーがS-95、サブバッテリーが『K-42』です。

 

K-42の場合税・送料込み7,480円で手に入ります。60B19Lですが、同じように問題はありません。

 

 

 

 

取付時には電装品の電流を確保しておけば自分でもできますし、工賃を払ってもこちらのほうがはるかに安いはずです。

 

廃バッテリーはネットで無料回収業者が見つかりますから活用しましょう。

不要なバッテリーはリサイクルバッテリーに使うのですよ。

 

同じセレナ(C26)でもアイドリングストップ用のバッテリーはディーラーでは4万5千円程度、ハイブリッド用のサブバッテリーだって2万円程度はします。

 

しかも、始末の悪いことに、アイドリングストップ車はバッテリーの状況をコンピュータが記憶しています(アイドリングストップの作動をコントロールするため)から、これをリセットしなければなりません。

 

だから、自分では交換できないのです。

 

 

スポンサードリンク



セレナ(C26)の純正バッテリー

 

セレナ(C26)の純正バッテリーですが、既にC27型にモデルチェンジされていることもあり、残念ながら具体的なバッテリーを見つけルことはできませんでした。

 

 

 

まとめ

 

セレナ(C26)のバッテリー交換では、アイドリングストップ、S-ハイブリッドなど省エネ装備が充実するほどバッテリー交換は高くつきます。

 

それでも、ネット購入などで工夫すれば驚くほど安く購入できますので、ディーラーで多少工賃を払っても圧倒的にお得ですよ。

 

 

中古車セレナを希望条件・最安で購入する方法

 

新型セレナが誕生してから時間が経過しました。

 

歴代のセレナに加え、前モデルのC26型、現行モデルのC27型まで中古車市場では多くのセレナが流通しています。

 

本当の中古車だけでなく、走行距離が少ない新古車や未使用車まで状態は様々な中古車セレナが存在します。

 

とはいっても、希望条件の車を見つけ出すのは至難のワザです。

 

一店あたりに展示できる台数には限りがありますからね。

 

もし、中古車の購入を考えているのであれば下記の記事にも目を通して見て下さい。

 

>>> 詳細はこちらからご確認頂けます

 

中古車を希望条件で、しかも安く、安全に購入するテクニックをお伝えしています。

 

使えそうだと思えば一度使用してみて下さい。

 

>>> 詳細はこちらからご確認頂けます

 

マイナーチェンジ直後のセレナでも限界値引から更に55万円安くなる方法!

 

セレナ(C27)がマイナーチェンジで後期となったわけですが、喜んでばかりはいられません。

 

なぜなら、値引幅が縮小されるからです。

 

マイナーチェンジ直前までは値引幅が最大に拡大されていましたので、その差は数十万円です。

 

しかし、フルモデルチェンジ直後であっても、マイナーチェンジ後でも通常の値引き額以上に値引き額を高めることが出来ます。

 

それも簡単な方法で。

 

そんな方法を別記事で詳細にまとめていますので一度ご覧になってみて下さい。

 

>> 詳細はこちらからご覧いただけます!

 

ご覧いただいた通り、決して難しい内容ではありません。知っているか、知らないかだけの差です。

 

たったこれだけで、結果的に支払金額を抑えることができるのです。

 

>>  目次ページに戻る

 
 

カテゴリー
タグ