セレナ(C27)にシートカバーを装着するメリットは?

新型セレナ(C27)の内装のカスタム化を考えるとき、シートカバーの装着は有力な選択肢です。

 

ではメリットはどのあたりにあるのでしょうか。

 

ここでは、そんなセレナ(C27)にシートカバーを装着するメリットをチェックしておきましょう。

スポンサードリンク



セレナ(C27)のシート素材

 

セレナ(C27)のシート素材は織物/トリコット、またはジャカード織物/トリコットです。

 

一部グレードにはグラデーション織物/合成皮革のシートがオプションで提供されますが、レザーの使用は部分的で、しかも合成皮革ですから、エルグランドのような豪華なシート「というわけにはいきません。

 

ジャカード織物/トリコット

 

グラデーション織物/合成皮革

 

スポンサードリンク



シートカバーの種類

 

シートカバーには素材によりいくつかの種類があります。

 

《本革シートカバー》

 

本革で作られたシートカバーで、革独特の風合いを楽しむならこれに尽きます。

欠点は強度に欠けること、そして高価であることでしょうか。

 

《合成皮革シートカバー》

 

PVCという合成皮革を使って作ったシートカバーで、本革と見た目はあまり変わらない高級感があります。

 

欠点は通気性が無いので蒸れやすいこと、強度はあるものの時間経過による劣化があることでしょうか。

 

《布製シートカバー》

 

木綿等の布で作られたシートカバーで、安価で汚れれば簡単に水洗いできるというメリットがあります。欠点は高級感に欠けることに尽きます。

 

スポンサードリンク



セレナ(C27)にシートカバーを装着するメリット

 

《高級感・オリジナリティ》

 

 

セレナ(C27)にシートカバーを装着するメリットのうち最大のものはこれでしょう。

 

フィッティングのいいシートカバーならシートカバーではないように見えますから、ぐっと高級感が出てきますし、純正にはない独自の車内の雰囲気が創出できるのです。

 

また、車内の雰囲気を全く変えることも可能なので思い切った気分転換にもなるでしょう。

 

《汚れ防止》

 

本革の場合は液体がしみ込んでしまいますが、PVCのシートなら汚れはしみ込まないのでタオルなどで拭えば汚れは簡単に取れてしまいます。

 

布のシートカバーは汚れますが、洗えばすっかりきれいになってくれます。

 

《シートの劣化防止》

 

シートカバーを装着することによって、シートの擦れや退色などを防ぐ効果はありますが、このあたりはそれほど大きなメリットではないかもしれません。

まとめ

 

シートカバーの装着は内装のカスタム化の中では非常に効果が大きいものがあります。

 

費用も本革のシートカバーでも5~10万円で入手できますし、PVCなら数万円ですから非常にコストパフォーマンスが高いのです。

 

ただ、フィッティングのいいものは装着が1日がかりですから、時間のある気候のいい時期にチャレンジしてみましょう。

↓↓

 

新型セレナを限界値引きから更に大幅に安く購入する方法

 

新型セレナも発売開始からもうすぐ1年。少しづつ値引きもゆるくなってきています。

 

しかし、「ここで限界だ!」という限界値引きで諦めないで下さいね。

 

この段階から更に、30万円、40万円、50万円と安く購入できるかもしれませんよ。

 

「そんな方法あるわけない!」

 

と思われるのも無理ありませんが、事実だということを別記事で具体的に説明していますので一度目を通してみて下さい。

 

>>> 詳細はこちらからご確認頂けます!

 

 

その上で活用できそうだと思われましたら試してみて頂ければと思います。

 

お安く購入できれば良いですね。

 

 

 

価格交渉が苦手な方でも簡単に出来る方法なので、一度目を通してみて、ご自身で対応出来るかを確認してみてください。

 

 

 

マイナーチェンジ直後のセレナでも限界値引から更に55万円安くなる方法!

 

セレナ(C27)がマイナーチェンジで後期となったわけですが、喜んでばかりはいられません。

 

なぜなら、値引幅が縮小されるからです。

 

マイナーチェンジ直前までは値引幅が最大に拡大されていましたので、その差は数十万円です。

 

しかし、フルモデルチェンジ直後であっても、マイナーチェンジ後でも通常の値引き額以上に値引き額を高めることが出来ます。

 

それも簡単な方法で。

 

そんな方法を別記事で詳細にまとめていますので一度ご覧になってみて下さい。

 

>> 詳細はこちらからご覧いただけます!

 

ご覧いただいた通り、決して難しい内容ではありません。知っているか、知らないかだけの差です。

 

たったこれだけで、結果的に支払金額を抑えることができるのです。

 

>>  目次ページに戻る

 
 

カテゴリー
タグ