特集-最安購入方法 特集-e-POWER
特集-C28型 特集-C27型
特集-C26型 特集-C25型

セレナe-powerは発電専用エンジンを持っていますから、車を動かすだけでなく、給電も可能です。

 

ただ、セレナe-powerの給電容量はヴォクシーハイブリッドの1500Wより小さいという噂もあるのです。

 

ここではそんなセレナe-powerの給電機能と能力をまずチェックします。

 

そのうえで、セレナe-powerの給電容量はヴォクシーハイブリッドの1500Wより小さいかどうかもチェックしていきます。

スポンサードリンク



セレナe-powerの給電機能と能力は?

 

ここでは、まずセレナe-powerの給電機能と能力を確認しておきます。

 

  1. セレナe-powerの給電機能は?
  2. セレナe-powerの給電能力は?

 

セレナe-powerの給電機能は?

 

セレナe-powerの給電機能は基本的は車内の5か所のUSB電源ソケットになります。

 

  • 運転席アッパーボックス内(1)
  • 運転席シートと助手席シートの背もたれの裏側(2)
  • サードシート左右のカップホルダーの横(2)

 

そして、すごく残念なことには100VのAC電源はなく、ディーラーオプションになります。

 

  1. ただ、「DC外部給電」機能を持っていますから、車を給電器を介して家電製品を接続できることは特記しておいていいでしょう。

 

セレナe-powerの給電能力は?

 

セレナe-powerの給電能力は、純正のままだと5V2.1AのUSB端子が5個なので大したことはありません。

 

ディーラーオプションで用意されているマルチアウトレットはAC100Vの電源ですが、最大出力が100Wまでと非常に控えめな能力にしかすぎません。

 

一方、DC外部給電なのですが、DC/ACインバーターを使えば100Vで最大1500Wの給電が可能なようです。

 

 

スポンサードリンク



セレナe-powerの給電容量はヴォクシーハイブリッドより小さい?

 

セレナe-powerとヴォクシーハイブリッドの給電容量を比較しておきましょう。

 

電源 セレナe-power ヴォクシーハイブリッド
アクセサリーソケット 12V120W 12V120W
USB 5×5V10.2W 5×5V10.2W
ACコンセント OP 100V100W(1口) OP 100V1500W(2口)
DC/ACコンバーター 社外品 100V100W(2口)

USB2×5V12W

 

USB端子まではほぼ互角ですが、オプションのACコンセントではヴォクシーハイブリッドの1500Wに対し、セレナe-powerで完敗です。

 

これだけ見ると、セレナe-powerの給電容量はヴォクシーハイブリッドの1500Wより小さいというのは正しいみたいです。

 

でも、待ってください、ヴォクシーのエンジンは駆動用発電用兼用、セレナe-powerは発電専用です。

 

小さいバッテリーへの負荷とコストを考えて100Vにしているようですが、社外品のDC/ACコンバーターを使えばノアハイブリッド同等の給電機能が確保できるようです。

 

 

確かに、非常用の給電やいまどきのキャンプでの給電を考えると1500Wあると結構使えますものね。

 

 

スポンサードリンク



まとめ

 

セレナe-POWERについては、純正や一般的なオプションレベルでは給電機能はお寒い限りです。

 

また、1500Wをオプション装備したときに、ヴォクシーハイブリッドは44,000円なのに対し、セレナe-POWERの場合、79,800円かかります。

 

しかも、純正オプションならではの洗練や信頼性もありませんが、汎用品なので、他車にも使えますし、セルスターなので一定の信頼性はありそうです。

 

いずれにしても、バッテリーに負荷をかけるので、1500Wの頻繁な利用はすすめませんが、必要なら検討してみる価値はありそうです。

 

セレナを限界値引から更に55万円安くなる方法!

 

セレナ(C27)も発売から5年以上が経過し、マイナーチェンジから2年が経過しました。

 

値引き額の方もマイナーチェンジ直後と比較するとこなれてきましたが、最近の車の価格は安全装備の充実もあって高価格化が進んでいますので、出来るだけ安く購入したいですね。

 

一般的に、フルモデルチェンジ直後やマイナーチェンジ直後の値引きは抑えられますが、そのような時にも限界と言われる値引きから更に安くセレナを購入する方法があります。

 

それも簡単な方法なのですが、知らない方が多いのです。。

 

そんな方法を別記事で詳細にまとめていますので一度ご覧になってみて下さい。

 

>> 詳細はこちらからご覧いただけます!

 

ご覧いただいた通り、決して難しい内容ではありません。知っているか、知らないかだけの差です。

 

たったこれだけで、結果的に支払金額を抑えることができるのです。

 

>>  目次ページに戻る