セレナを最安購入するカギは『愛車の売却先』!

 

いま現在、お車を保有されている方が新しい車を購入する時、
現在の愛車は売却することになるでしょう。

 

しかし、

ディーラーよりも無料一括査定サイトに登録している買取業者の方が高く買い取ってくれることが多いのをご存知ですか?

 

例えば、

ディーラー下取り査定が40万円だったものが、買取業者だと95万円の査定だったなんてことが珍しくありません。

 

その理由は、

無料一括査定サイトを使うことで、最大で10社の大手買取業者が
あなたの愛車の買取価格をライバル社と競って査定してくれるからです。

 

結果的に、

買取業者間での競争原理が働き、買取価格が釣り上がるというわけです。

 

新型セレナがいよいよ発売されました。

 

評判がいいのはわかりますが、少しでも安く買いたいのは当然です。

 

ここでは、そんな新型セレナの値引き相場最新情報をチェックしておきましょう。

 

スポンサードリンク



新型セレナの値引最新情報

 

新型セレナの値引きは頑張って10万円、限界が15万円というところです。

 

ライバル車のノアの場合は、モデルチェンジ直後の値引き限界は7万円程度でしたから、新型セレナの値引きはかなり好条件とみていいようです。

 

とはいっても、

 

モデルチェンジ直前は40万円近い値引きが飛び出していたことを考えると、当然のことですが、値引きは大幅に引き締められてはいます。

 

 

スポンサードリンク



新型セレナの今後の値引きの見通し

 

先代セレナの場合は、発売直後こそ限界値引きは15万円程度でしたが、すぐに20万円を超え、1年後には30万円というほぼ正常ラインにまで戻りました。

 

セレナの場合は新車効果が消えるのが若干早いところがあるようです。

 

新型セレナの場合は、来年には本格ハイブリッドの噂もありますから、値引き相場が沈静化するまで少しの間待つのもありかもしれませんね。

 

 

スポンサードリンク



新型セレナを安く買うには

 

新型セレナを安く買うためにはいろんなテクニックが必要ですが、激戦区のミニバンのライバル車と競合させるのが一番でしょう。

 

《スズキ・ランディ》

 

スズキ・ランディはセレナのOEMですから、内容は全く同じといっていいのです。

 

だから、競合させてランディが安ければ、買ってもいいくらいなのです。

しかし、現在のところランディの新型モデルは発表されていません。

 

2代にわたってOEMを続けてきたので、セレナに少し遅れてモデルチェンジする可能性はあるような気がします。

 

前回も1カ月半遅れでしたからね。

 

ただ、ランディにはハイウェイスターやライダーのような仕様はありません。

 

《ノア・ヴォクシー》

 

新型セレナの直接のライバル車はノア・ヴォクシーです。

 

お互いがライバル視していますから、競合車としては最適です。

 

現状では値引交渉上のライバル車としてベストといっていいでしょう。

 

《ステップワゴン》

 

ステップワゴンも新型セレナのライバル車ですが、2015年にフルモデルチェンジした現行モデルはもう一つ不人気と言われています。

 

ただ、ステップワゴンの売り物であるわくわくゲートと新型セレナに装備されたデュアルバックドアはコンセプトが似ていますので、ライバル車に設定しても悪くはないでしょう。
新型セレナの値引き相場最新情報をみると、今でもそこそこいい条件が獲得できそうですが、しばらく待てばさらに好条件をゲットできる可能性が高そうです。

 

となると、交渉が決裂したら1年待つ覚悟で、ちょっと強気に出てみてもいいかもしれませんね。

 

【セレナ】が限界値引きから更に55万円安くなる方法

lp-h-01


  • 「セレナが欲しいな、でも予算が・・・」
  • 「セレナも諸費用込みで300万円オーバーか~」
  • 「複数のディーラー回っての相見積もりも大変そう・・・」
  • 「そもそも交渉事は苦手だしな・・・」
  • 「でも、出来る限り安く買いたい・・・」

 

など、セレナの購入を検討しているものの悩みは尽きない・・・

 

と悩んでいる方は多くいます。

 

出来れば楽して安く購入出来れば嬉しいですね。

 

かといって、車を安く購入する方法について家族や友達に相談したところで、「よくわからない」と答えられるか、

 

相見積もりを取れ」「決算時期を狙え」などありきたりのアドバイスばかりです。

 

交渉のプロであるディーラとの交渉が得意な人って、そんなに聞いたことないですし・・・

 

でも、同じ悩みを持った方にオススメの裏技がありますのでご紹介します。

 

セレナを最安購入するカギは『愛車の売却先』!

いま現在、お車を保有されている方が新しい車を購入する時、
現在の愛車は売却することになるでしょう。

 

しかし、

ディーラーよりも無料一括査定サイトに登録している買取業者の方が高く買い取ってくれることが多いのをご存知ですか?

 

例えば、

ディーラー下取り査定が40万円だったものが、買取業者だと95万円の査定だったなんてことが珍しくありません。

 

 

なぜ、このような価格差

生まれたのか?

 

 

それは、

無料一括査定サイトを使うことで、最大で10社の大手買取業者が
あなたの愛車の買取価格をライバル社と競って査定してくれるからです。

 

結果的に、

買取業者間での競争原理が働き、買取価格が釣り上がるというわけです。

 

>>  目次ページに戻る