新型セレナが発表されましたが、ライバルといえば、ノア・ヴォクシーに加えてステップワゴンでしょう。

 

ここでは、新型セレナとライバル車ステップワゴンとをしっかりと比較してみましょう。

 

 

スポンサードリンク



スタイリングの比較

 

新型セレナは、スポーティな雰囲気で、軽い丸みのある洗練されたスタイリングですが、ステップワゴンは非常にすっきりした機能的なデザインです。存在感という点では新型セレナに分があるかもしれません。

 

今回は新型セレナにデュアルハッチゲートが装備されました。テールドアのガラス部分だけをオープンできるというもので、ステップワゴンのわくわくゲートを想像してしまいます。

 

新型セレナ(ノーマル)
gazou-01
新型セレナ(ハイウェイスター)
gazou-02
新型セレナにデュアルハッチゲート
hikaku-stepwagon-01

 

ステップワゴン
hikaku-stepwagon-02
ステップワゴン わくわくゲート
hikaku-stepwagon-03

 

 

 

スポンサードリンク



サイズの比較

 

新型セレナとステップワゴンの外寸はほぼ同じです。

 

5ナンバーのほぼ上限のサイズなので差の付きようがありません。

 

ただ、ステップワゴンの方がホイールベースは長いにもかかわら最小回転半径が小さいのは立派です。

 

しかもホイールサイズも1サイズ大きいのにです。

 

全長 × 全幅 × 全高 ホイールベース 最小回転半径
新型セレナ 4690mm×1695mm×1865mm 2860mm 5.5m
ステップワゴン 4690mm×1695mm×1840mm 2890mm 5.4m

 

室内サイズは新型セレナ、ステップワゴンとも登場時期にあまり変わりがないこともあって、ほとんど変わりません。

 

室内長×室内幅×室内高
新型セレナ 3170mm×1545mm×1400mm
ステップワゴン 3220mm×1500mm×1425mm

 

ただ、カタログデータではわかりませんが、ステップワゴンでは座面が床下収納になるという大きなメリットがある反面、座面の奥行きが新型セレナより40mm短くなるのは少し残念なところです。

 

 

スポンサードリンク



動力性能・燃費の比較

 

新型セレナは自然吸気、ステップワゴンはターボなのですが、最高出力、最大トルクともほとんど変わりません。

 

ただ、ステップワゴンは、この最大トルクを1600~5000rpmという広い回転域で発生するので、ターボが効く回転域に入ったら、おそらくステップワゴンの動力性能が勝るものと思われます。

 

燃費については、ステップワゴンのダウンサイジングターボが優位なはずですが、新型セレナの燃費改善とS-ハイブリッドが効いていて、新型セレナが優位とみました。

 

最高出力 最大トルク JC08モード燃費(FF車)
新型セレナ 147ps 21.4kgm 15.0km~17.2km
ステップワゴン 150ps 20.7kgm 16.2km~17.0km

 

 

安全装備の比較

 

ステップワゴンの安全装備はHonda SENSINGというのですが、衝突軽減ブレーキ、前走車との適切な車間距離を保つアダプティブ・クルーズ・コントロール、車両が走行車線の中央に沿って走行できるようにステアリング操作を支援する車線維持支援システム、誤発進抑制機能など先進装備は相当に盛り込まれています。

 

ただ、新型セレナはこうしたものに加え、自動運転支援システム「プロパイロット」が僅かな価格差で提供されていますので、かなりのアドバンテージがある気がします。

 

 

価格の比較

 

新型セレナの価格はFFに限れば、2,316,600円から3.187.080円ですが、プロパイロットを除けばハイウェイスターGの3,011,040円が最高値です。

 

また、高価なハイウェイスターを除けばGの2.847.960円が最高価格です。

 

ステップワゴンは2,288,000円から2,830,000円ですから、細かい装備の比較を別にすれば、ほぼ同程度の価格とみていいでしょう。
新型セレナとステップワゴンは設計時点があまり変わらないので、明確な差はつきにくいのですが、それでも安全装備については、たとえ1年でも後発の新型セレナに分があるようです。

 

ただ、実物を見てみないと何ともいえないところがあるので、早く試乗で乗り比べてみたいところですね。

 

マイナーチェンジ直後のセレナでも限界値引から更に55万円安くなる方法!

 

セレナ(C27)がマイナーチェンジで後期となったわけですが、喜んでばかりはいられません。

 

なぜなら、値引幅が縮小されるからです。

 

マイナーチェンジ直前までは値引幅が最大に拡大されていましたので、その差は数十万円です。

 

しかし、フルモデルチェンジ直後であっても、マイナーチェンジ後でも通常の値引き額以上に値引き額を高めることが出来ます。

 

それも簡単な方法で。

 

そんな方法を別記事で詳細にまとめていますので一度ご覧になってみて下さい。

 

>> 詳細はこちらからご覧いただけます!

 

ご覧いただいた通り、決して難しい内容ではありません。知っているか、知らないかだけの差です。

 

たったこれだけで、結果的に支払金額を抑えることができるのです。

 

>>  目次ページに戻る

 
 

カテゴリー
タグ