特集-最安購入方法 特集-e-POWER
特集-C28型 特集-C27型
特集-C26型 特集-C25型

新型セレナ(C28)が発表されましたね。

 

新型セレナ(C28)の誕生により同クラスのミニバンとどちらにしようかと悩んでいる方も多いと思われます。

 

新型セレナ(C28)のライバルといえばトヨタのノア&ヴォクシーとホンダのステップワゴンが双璧でしょう。

 

この記事では新型セレナ(C28)と2022年5月にフルモデルチェンジしたばかりのステップワゴンを様々な視点からしっかりと比較してみます。

 

関連記事

目次

開く

新型セレナ(C28)とステップワゴン:スタイリングの比較

 

まず、新型セレナ(C28)とステップワゴンをスタイリングで比較していきましょう。

 

  1. 新型セレナ(C28)のスタイリング
  2. ステップワゴンのスタイリング
  3. 新型セレナ(C28)とステップワゴン、スタイリングがいいのは?

 

新型セレナ(C28)のスタイリング

 

先代セレナ(C27)ではトヨタのように迫力あるオラオラ顔路線に舵を切り、特にハイウェイスターのフロントグリルなんかはアルファードを思わせるものでした。

 

《先代セレナ(C27) e-POWERハイウェイスターV》

引用元:https://history.nissan.co.jp/SERENA/C27/1908/exterior.html

 

それが、今回のモデルチェンジではフロントグリルを艶消しのブラックにして、ぐっと渋く決めてきたのです。

 

《新型セレナ(C27) ハイウェイスターV》

引用元:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior.html

 

斬新な縦3眼のヘッドライトに横長のポジションランプの造形はなかなかですし、黒いフロントグリルとの組み合わせは精悍です。

 

これはオラオラ顔とは言わないでしょう。

 

この傾向はハイウェイスターではないノーマルモデルも同様です。

 

《新型セレナ(C27) XV》

引用元:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior.html

 

フロントグリルの大きさこそ控えめですが同じコンセプトで、ダブルVモーショングリルを誇示するデザインでもありません。

 

ただ、日産も保険をかけているのかどうかはわかりませんが新型セレナ(C28) AUTECは先代(C27)のe-POWERのデジャブを見るようなフロントグリルです。

 

《新型セレナ(C27) AUTEC》

引用元:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior.html

 

ステップワゴンのスタイリング

 

新型セレナ(C27)のライバルの一つ、ステップワゴンのスタイリングです。

 

まず、エアロ仕様でありステップワゴンの売れ筋モデルであるスパーダです。

 

《現行ステップワゴン SPADA》

引用元:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/type/type/

 

あまりにもおとなしいスタイリングに驚きます。

 

セレナの場合はシックな中にも迫力や鋭さ、存在感はありましたが、驚くほどシンプルで自己主張もありません

 

どちらかというと、ノーマルモデルのAIRと同じで、ポップでおしゃれな方向に舵を切ったのかもしれません。

 

スパーダといえば、例えば先代はそれなりの迫力はありました。

 

《先代ステップワゴン SPADA》

引用元:https://www.honda.co.jp/auto-archive/stepwgn/normal/2022/

 

ノア&ヴォクシーほどのオラオラ顔ではありませんが、存在感は押し出していますし、フォグランプあたりの造形はかなりの威圧感です。

 

ちなみにノーマルモデルのAIRの方は迫力とは無縁で、ポップでかわいいと言ってもいい路線です。

 

《現行ステップワゴン AIR》

引用元:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/type/type/

 

 

新型セレナ(C28)とステップワゴン、スタイリングがいいのは?

 

新型セレナ(C28)とステップワゴンのスタイリングの比較は難しいと思います。

 

というのも、コンセプトがまるで違うからです。

 

このサイズ、あるいはラージサイズミニバンに求められているのは未だに迫力とか精悍さではないかと思われます。

 

それを考えれば一般受けするのはそこを押さえている新型セレナ(C28)ではないかと思われるのです。

 

かわいいとかおしゃれとかを求めるユーザーもいるとは思いますすし、ステップワゴンはそんな方にぴったりとは思いますがどれだけのボリュームがあるのでしょうか

 

ただ、そんなステップワゴンの販売台数が2022年11月は5,327台とこのクラスのミニバンではトップなのです。

 

7月や8月もノア&ヴォクシーを抑えていますから、ユーザーの志向が変わってきているのかもしれません。

 

今後の情勢を注視する必要がありそうですね。

 

新型セレナ(C28)とステップワゴン:インテリアの比較

 

次に、新型セレナ(C28)とステップワゴンをインテリアで比較していきましょう。

 

  1. 新型セレナ(C28)のインテリア
  2. ステップワゴンのインテリア
  3. 新型セレナ(C28)とステップワゴンの内装、豪華で使いやすいのは?

 

新型セレナ(C28)のインテリア

 

新型セレナ(C28)のインテリアを見ていきましょう。

 

新型セレナ(C28)のインパネ・1列目シート

 

新型セレナ(C28)のインパネと1列目シートです。

 

引用元:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

 

これはとび抜けたハイグレードのルキシオンですが、運転席の前に鎮座するのは「統合型インターフェースディスプレイ」です。

 

12.3インチのアドバンスドドライブアシストディスプレイ12.3インチのNissanConnectナビゲーションシステム同一水平面に並ぶ、見たこともないデザインです。

 

ナビの方は10インチナビの高さで12.3インチですから、非常に横長で、テレビ画面としては10インチ、分割していろんな情報を表示するときに役に立つというコンセプトです。

 

セレナらしいすっきりとしたデザインですがインパネ下端のラインとドアトリムが助手席を包み込むようで、ステッチ付きの加飾が地味におしゃれですね。

 

新型セレナ(C28)のシート

 

新型セレナ(C28)の普通に高級なシートハイウェイスターVとe-POWER ハイウェイスターVのジャガード織物/トリコット(撥水加工)&合皮コンビです。

 

引用元:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/specifications/comparison.html

 

レザーとジャガード織物を使っているので豪華に見えますし、撥水シートは汚れに強いので重宝するはずです。

 

一番高価なルキシオンは合皮シートで確かに重厚で高級に見えます

 

引用元:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/specifications/comparison.html

 

ただe-POWER ハイウェイスターVより100万円以上高いのでシートだけでこのグレードは選べませんよね。

 

新型セレナ(C28)の2列目シート

 

新型セレナ(C28)は今どきのミニバンには珍しく、基本が8人乗りで、ルキシオンだけが7人乗りです。

 

ただ、これではウオークスルーなどができないので2列目中央をスマートマルチセンターシート名付け、2列目シートの真ん中が可動式になっています。

 

引用元:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/interior/seat_arrangement.html

 

普通はベンチシートのように使えるのでフルフラットでもきれいな平面を作ることができます。

 

1列目の運転席と助手席の間に出せば、長尺物も積めれば、ウオークスルーもできる、キャプテンシートにもなるという優れもので、前席ではひじ掛けや物入にもなるのです。

 

ルキシオンの2列目はキャプテンシートですが、ミニバンの世界のキャプテンシートにすれば質素ですね。

 

引用元:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/interior/seat_arrangement.html

 

ステップワゴンのインテリア

 

ステップワゴンのインテリアを見ていきましょう。

 

ステップワゴンのインパネ・1列目シート

 

ステップワゴンのインパネ・1列目シートはSPADAとAIRでは雰囲気が違います。

 

ステップワゴン SPADA ステップワゴン AIR

 

AIRのインパネガーニッシュはファブリックなのに、SPADAはプライムスムース(合皮)やスェード調表皮を使っていますから、質感も雰囲気も全く違います

 

ステップワゴンの伝統で直線基調のデザインですから、豪華さよりは機能美、シンプルな雰囲気です。

 

ステップワゴンのシート

 

ステップワゴンのシートはSPADAの「PREMIUM LINE」メインがスェード調表皮にサイドがプライムスムースの上質なものです。

 

引用元:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/interior/design/

 

通常のSPADA表皮がファブリックではあるもののサイドはプライムスムースで変わりませんが、AIRファブリックだけのシンプルなシートです。

 

引用元:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/interior/design/

 

ステップワゴンの2列目シート

 

ステップワゴンは基本が7人乗りですから、2列目シートは前段の画像のようにキャプテンシートです。

 

シートそのものはセレナより少し高級で、SPADAにはオットマンも付いています

 

引用元:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/interior/cabin/

 

ただ、AIRとSPADAの「PREMIUM LINE」以外は8人乗りをオプションで選ぶこともできます

 

後付けは大変なことなので、もし8人乗りにするなら注文時にオプション装着しましょうね。

 

新型セレナ(C28)とステップワゴンの内装、豪華で使いやすいのは?

 

新型セレナ(C28)とステップワゴンの内装はいずれもノア&ヴォクシーの豪華さはありません。

 

新型セレナ(C28)造形やディスプレーで近未来的に見えますが、豪華という種類のものではありません

 

ステップワゴンAIRには華美なところはありませんが、SPADAはインパネにプライムスムース(合皮)やスェード調表皮の加飾をしており、ちょっとした質感を感じます。

 

また、キャプテンシートの豪華さはステップワゴン、それもSPADAのものでしょう。

 

 

車中泊に向いているのは新型セレナ(C28)?それともステップワゴン?

 

では、車中泊に向いているのは新型セレナ(C28)でしょうか、それともステップワゴンでしょうか。

 

AC電源

 

車中泊で威力を発揮する100V1500WのAC電源については、新型セレナ(C28)と新型ステップワゴンは逆の動きをしています。

 

先代セレナ(C27)ではe-POWERでもオプションのAC電源は100V100Wと非常に貧弱でしたが、新型(C28)ではe-POWERに100V1500Wがオプション設定されました。

 

一方のステップワゴンは先代ではハイブリッド車にのうちSPADA G:EXだけ100V1500Wがオプション設定されていました。

 

新型ではハイブリッド車限定ではなくなったものの、オプションのAC電源は100V100Wだけになったのです。

 

100V100Wではキャンプや車中泊には役不足ですから、ここではe-POWER限定ですが

新型セレナ(C28)の圧勝です。

 

フルフラット

 

車中泊の前提となるフルフラットについては8人乗りなら新型セレナ(C28)もステップワゴンも大差はないはずです。

 

また、ステップワゴンの場合は、7人乗りでも2列目を中央に寄せることができますので、席の間に生じる穴は避けることができます

 

https://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/interior/cabin/

 

しかし、セレナの画像をご覧いただけばわかるように、フルフラットの面積は結果的に狭くなってしまいます

 

引用元:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/interior/seat_arrangement.html

 

ステップワゴンで意外におすすめなのは3列目シートを床下に収納して、1列目、2列目でフルフラットにすることです。

 

引用元:https://www.honda.co.jp/outdoor/stay-car/stepwgn/

 

こうすれば、大人2名分のベッドスペースをつくっても、十分な荷室スペースを確保すことができるのです。

 

しかし、7人乗りの使い勝手も実現できるスマートマルチセンターシートを擁するセレナの優位は揺るぎそうにありませんね。

 

新型セレナ(C28)とステップワゴン:サイズの比較

 

新型セレナ(C28)とステップワゴンの外寸などのサイズを比較していきましょう。

 

  1. 外寸
  2. 内寸
  3. 荷室容量

 

外寸

 

ステップワゴンのノーマルボディは先代では5ナンバーでしたからサイズは全長で11センチ、全幅で5.5センチも拡大しています。

 

車種 全長 × 全幅 × 全高 ホイールベース 最小回転半径
新型セレナ(C28)

ノーマル

4695×1695×1870mm 2870mm 5.7m
新型セレナ(C28)

ハイウェイスター

4765×1715×1870mm
新型セレナ(C28)

ルキシオン

4765×1715×1885mm
ステップワゴン

AIR

4800×1750×1840mm

(4800×1750×1855mm)

2890mm 5.4m
ステップワゴン

SPSDA

4830×1750×1840mm

(4830×1750×1855mm)

( )書きは4WD(セレナの4WDのデータは未公表)

SPADA PREMIUM LINEの2WD車は17インチホイールを履くため最小回転半径は5.7m

 

サイズ的にはステップワゴンが明らかに大きく、ホイールベースも長いのに、最小回転半径ははるかに小さいのです。

 

この小回り性の良さは評価されていいことだと思います。

 

内寸

 

一方で、室内サイズについてはステップワゴンの数値はもう一つです。

 

車種 室内長×室内幅×室内高
新型セレナ(C28) 3145mm×1545mm×1400mm

(ナビ装着時の室内長は3135mm)

ステップワゴン 2845mm×1545mm×1425mm

 

3ナンバー化でボディサイズが5.5cm拡大し、先代と比べれば室内幅が増しているのですが、それでも新型セレナ(C28)と同じなのです。

 

セレナの場合は、ハイウェイスターの3ナンバーはエアロのためですから、ベースはあくまでも5ナンバーです。

 

これは新型セレナ(C28)のスペース効率の良さを褒めるしかないようです。

 

荷室容量

 

新型セレナ(C28)とステップワゴンの荷室容量です。

 

車種 荷室容量(3列目使用時)
新型セレナ(C28) サードシート最前端時 283L

サードシート最後端時 212L

ステップワゴン 379L

 

テップワゴンはトランクの床が低くて空間が広く使えるので、荷物をたくさん積むことができるそうで、先代でも366Lの荷室容量がありました。

 

いずれもVDA方式ですから、ステップワゴンの荷室は明らかに広いわけです。

 

サイズでならどちらを選ぶ?

 

外寸は見た目に大きな影響を与えますが、大きな外寸、長いホイールベースで最小回転半径も驚くほど小さいステップワゴンは評価できると思います。

 

内寸については室内長が違いますが、これは測り方次第なので、ほぼ互角とみていいでしょう。

 

荷室容量については論ずるまでもなくステップワゴンの圧勝ですが、新型ではわくわくゲートを廃止してしまいました。

 

使い勝手では、デュアルバックドアを装備する新型セレナ(C28)も侮れません。

 

引用元:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/interior/luggage_storage.html

 

新型セレナ(C28)とステップワゴン:動力性能の比較

 

新型セレナ(C28)とステップワゴンの動力性能を、ガソリン車とハイブリッド車それぞれで比較していきましょう。

 

  1. ガソリン車の動力性能
  2. ハイブリッド車の動力性能
  3. 動力性能ならどちらを選ぶ?

 

ガソリン車の動力性能

 

新型セレナ(C28)は2Lの自然吸気のエンジン、ステップワゴンは1.5Lのターボエンジンですが、最高出力、最大トルクとも似通っています

 

車種 最高出力 最大トルク
新型セレナ(C28) 110kW(150PS)

/6000rpm

200Nm(20.4kgm)

/4400rpm

ステップワゴン 110kW(150PS)

/5500rpm

203Nm(20.7kgm)

/1600~5000rpm

 

ただ、最高出力の発生回転数が低く、幅広い回転域で最大トルクを発生させるステップワゴンの方が体感パワーは大きいのではないかと思われます。

 

しかしながら、ターボエンジンは改善されたとはいえ耐久性の懸念やオイル等の丁寧なメンテナスが必要なので、そこをどう考えるかですね。

 

また、ステップワゴンの方が40~50キロ重いので、これはネガティブな影響を与えそうです。

 

ハイブリッド車の動力性能

 

新型セレナ(C28)とステップワゴンのハイブリッド車の動力性能を見るとステップワゴンがやや上回っています

 

車種 エンジン モーター
最高出力 最大トルク 最高出力 最大トルク
新型セレナ(C28) 72kW(98ps)

/5600rpm

123Nm(12.5kgm)

/5600rpm

120kW(163PS) 315Nm(32.1kgfm)
ステップワゴン 107kW(145ps)

/6200rpm

175Nm(17.8kgm)

3500rpm

135kW(184PS) 315Nm(32.1kgfm)

 

ただ、トルクの方は奇しくも同じなので、街乗りでは大きな差は無いかもしれません。

 

問題なのはシリーズハイブリッドが特に苦手とする長い上り坂や超高速運転です。

 

新型セレナ(C28)排気量を1.4Lにアップして発電能力を高めていますが、2Lエンジンのステップワゴンには遠く及びません

 

また、ステップワゴンのハイブリッドシステムe:HEVではEVが苦手でエンジンが得意な高速走行ではエンジンと車輪を直結してエンジンだけで走ることができるのです。

 

発進/市街地/減速 坂道/強い加速 高速走行

 

ハイブリッド車については発電能力や高速走行時のエンジン直結も考えれば、ステップワゴンンに軍配が上がりそうですね。

 

動力性能ならどちらを選ぶ?

 

ガソリン車についてはステップワゴンの方が出力性能は高いものの、ターボの耐久性や車両重量を勘案すれば互角だと思われます。

 

ハイブリッド車については、市街地を走る分には違いはないとしても、長い上り坂や特に高速走行を考えればステップワゴンが有利と思われます。

 

 

新型セレナ(C28)とステップワゴン:走行性能の比較

 

新型セレナ(C28)とステップワゴンは前輪がストラット、後輪がトーションビームでサスペンションに違いはありません

 

ホイールベースはステップワゴンの方が20mm長いので、高速安定性や乗り心地はいいかもしれません。

 

セレナがCプラットフォームを新型(C28)まで4代にわたって使うことになったのいには驚きましたが、ステップワゴンのプラットフォームも4代継続使用です。

 

このため、よく言えば熟成された、悪く言えば古めかしい足回りの比較になりますが、ホンダはキビキビした走りができるセッティングが伝統です。

 

一方のセレナは奥さんが運転しても大丈夫すし、同乗者も快適な乗り味が特徴で、走行性能にはそこまで期待できないのではないかと思われます。

 

ここは試乗レビューにおける評価が待ちたいところです。

 

新型セレナ(C28)とステップワゴン:燃費の比較

 

新型セレナ(C28)とステップワゴンの燃費の比較ですが新型セレナの実燃費がわかりませんので、現時点ではカタログ燃費の比較にとどめます。

 

  1. ガソリン車の燃費
  2. ハイブリッド車の燃費
  3. 燃費ならどちらを選ぶ?

 

ガソリン車の燃費

 

ガソリン車の燃費については、ステップワゴンがやや上回りますが、実燃費では逆転するかもしれないレベルです。

 

車種 WLTCモード燃費
総合 市街地 郊外 高速道路
新型セレナ

(C28)

13.0~13.4 9.5~9.8 13.6~14.0 14.9~15.4
ステップ

ワゴン

13.2~13.9

(12.9~13.3)

10.1~10.6

(9.8~9.9)

13.8~14.6

(13.4~13.8)

14.8~15.4

(14.5)

( )書きは4WD(セレナの4WDのデータは未公表)

 

ステップワゴンのダウンサイジングターボは少ない排気量で低燃費と2L並みのパワーというコンセプトですが、思いのほか効果が現れていませんね。

 

セレナの燃費が改善して、その差がとても小さくなったのでしょうか。

 

ハイブリッド車の燃費

 

ハイブリッド車の燃費についても新型セレナ(C28)とステップワゴンでは有意な差は出てきません

 

車種 WLTCモード燃費
総合 市街地 郊外 高速道路
新型セレナ

(C28)

18.4~20.6 19.7~21.3 19.5~22.5 17.0~19.2
ステップ

ワゴン

19.5~20.0 19.3~20.4 20.1~21.3 18.9~19.2

 

WLTCの高速モード燃費も100キロを超える走行はありませんし、100キロに近い運転時間もわずかです。

 

これではステップワゴンの優位性が発揮できないのでしょうね。

 

燃費ならどちらを選ぶ?

 

ガソリン車もついては、新型セレナ(C28)とステップワゴンでは差がありませんが、それなら信頼性の高い自然吸気エンジンのセレナを選びたくなりますね。

 

ハイブリッド車もカタログ燃費では差がありませんが、e-POWERの長い坂道や高速走行時のパワー不足と極端な燃費悪化を考えれば、ステップワゴンを選ぶべきでしょうか。

 

新型セレナ(C28)とステップワゴン:安全装備の比較

 

新型セレナ(C28)とステップワゴンの安全装備を比較していきましょう。

 

  1. 新型セレナ(C28)の安全装備
  2. ステップワゴンの安全装備
  3. 安全装備ならどちらを選ぶ?

 

新型セレナ(C28)の安全装備

 

新型セレナ(C28)は最高グレードのルキシオンで充実し、プロパイロット2.0だけでなくプロパイロット パーキング、プロパイロット リモートパーキングも装備します。

 

プロパイロット2.0では車線変更追い越し支援やナビ連動ルート走行が追加され、手放し運転をしてもいいレベルです。

 

カメラ・レーダー・ソナーの360度センシングで道路や車の状況を踏まえた走りも可能になっています。

 

アダプティブLEDヘッドライトシステムは対向車がいてもハイビームが迷惑なく使用でき、インテリジェントルームミラーなら車内が人や物で塞がっていても大丈夫です。

 

インテリジェント アラウンドビューモニターにも移動物検知機能が付いてブザーで知らせてくれますから、左側方や前後方の下部の視界の悪い弱点をカバーしてくれます。

 

ルキシオンの安全装備については、「セレナルキシオンの違いをe-POWERの他グレードとの比較でまとめてみた!」をご覧ください。

 

ルキシオン以外は全グレードにプロパイロット1.0が搭載された以外は大きな変化はありませんが、先代(C27)の予防安全性能はNASVAのアセスメントでは満点です。

 

アセスメント時点も2019年ですから、これ見る限り安全性能に不安は無いはずです。

 

ステップワゴンの安全装備

 

新型ステップワゴンでは「Honda SENSING」は最新化されています。

 

アダプティブクルーズコントロールは渋滞追従機能付となりました。

 

また、近距離衝突軽減ブレーキ、オートハイビーム、トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)が新たに追加されました。

 

「SPADA PREMIUM LINE」に追加されたアダプティブドライビングビームは対向車がいればハイビームの照射範囲を調整するものです。

 

セレナ ルキシオンのアダプティブLEDヘッドライトシステムと同様の装備ですね。

 

4ヶ所に設置された魚眼CMOSカメラで車両の全周囲を撮影し、合成した映像をディスプレイに表示するマルチビューカメラシステムは初めての採用です。

 

また、車両の後側方25 m以内に接近する車両を検知して、ドアミラー上にマークが点灯するだけでなく、方向指示器を操作したときに、点滅とブザーで注意喚起してくれます。

 

残念ながらNASVAのアセスメントはありませんが、同じ2019年に実施したアコードの結果が141点中132.0点だったのは気がかりです。

 

減点項目は被害軽減ブレーキ(対歩行者)、高機能前照灯、ペダル踏み間違い時加速抑制で、当時は後方誤発進抑制機能が無かったのかもしれませんね。

 

安全装備ならどちらを選ぶ?

 

新型セレナ(C28)の場合はルキシオンは例外ですから、それ以外のグレードですが、NASVAのアセスメントを見てもわかるようにセレナは若干先行しているようです。

 

その安心感を評価して、ここはセレナを選ぶべきかもしれませんね。

 

新型セレナ(C28)とステップワゴン:価格の比較

 

新型セレナ(C28)とステップワゴンの価格を、ガソリン車(2WD)、ハイブリッド車で比較していきましょう。

 

  1. ガソリン車の価格比較
  2. ハイブリッド車の価格比較
  3. 新型セレナ(C28)とステップワゴン、安いのはどちら?

 

ガソリン車の価格比較

 

新型セレナ(C28)とステップワゴンのガソリン車の価格比較表です。

 

新型セレナ(C28) ステップワゴン
価格 グレード 価格 グレード
X 2,768,700円
AIR(7人乗り) 2,998,600円
AIR(8人乗り) 3,020,600円
XV 3,088,800円
SPADA(7人乗り) 3,257,100円
ハイウェイスターV 3,269,200円
SPADA(8人乗り) 3,279,100円
SPADA PREMIULINE 3,653,100円

 

新型セレナ(C28)よりステップワゴン方が押しなべて高いのはダウンサイジングターボのせいかもしれません。

 

ターボチャージャーの装着はそれなりのコストがかかるのですが、肝心の燃費に大きく貢献していないのはマイナスです。

 

エアロモデルを買おうと思ったらハイウェイスターVとSPADAの価格はほぼ同じですが、ハイウェイスターVは本来はエアロのエントリーグレードではありません。

 

新型セレナ(C28)のガソリンモデルは大幅に値上げされたのですが、ステップワゴンに比べれば割安にさえ感じます

 

ハイブリッド車の価格比較

 

新型セレナ(C28)とステップワゴンのハイブリッド車の価格比較表です。

 

新型セレナ(C28) ステップワゴン
価格 グレード 価格 グレード
e-POWER X 3,198,800円
e:HEV AIR(7人乗り) 3,382,500円
e:HEV AIR(8人乗り) 3,404,500円
e-POWER XV 3,499,100円
e:HEV SPADA(7人乗り) 3,641,000円
e:HEV SPADA(8人乗り) 3,663,000円
e-POWER

ハイウェイスターV

3,686,100円
e:HEV

SPADAPREMIULINE

3,846,700円
e-POWER LUXION 4,798,200円

 

e-POWER LUXIONは別格なので置いておきましょう。

 

e-POWER Xは戦略的に安い値段を付けていますが、ステップワゴンの方が少し割高に感じます

 

ここでもエアロのエントリーグレードであるe:HEV SPADとe-POWER ハイウェイスターVが同じような価格です。

 

新型セレナ(C28)とステップワゴン、安いのはどちら?

 

新型セレナ(C28)も大幅に値上がりして割高感があるのですが、ステップワゴンの値上げはそれ以上です。

 

SPADAなどは2,781,900円から3,122,900円ですから、何と34万円も高くなっています。

 

新型セレナ(C28)もステップワゴンもウクライナ問題等に起因する世界的なインフレを考慮しているのでしょうが、現時点では新型セレナ(C28)の方が割安に感じます

 

まとめ

 

新型セレナ(C28)つにいては、不明なことが多い中、わかる範囲で記載してみました。

 

新型セレナ(C28)とステップワゴンの選択はどこをポイントにするかです。

 

外観はそれぞれオラオラ顔ではなくなりましたが、そんな中の精悍さを選ぶかおしゃれさを選ぶかでしょう。

 

動力性能や燃費には大きな違いはありませんが、ハイブリッドではステップワゴンのe:HEVに一日の長があるかもしれません。

 

お互いに値上げ幅は大きいのですが、新型セレナ(C28)の方が割安に感じるものの、今後の動向でどうなるかはわかりませんね。

 

「悩む」ポイントは様々ですが、車を買う場合、悩む時が一番楽しいものですから、しっかり悩んで、悩み抜いてくださいね。

今後、愛車を手放すことを検討されているのであればの内容にも目を通して見てください。

 

既にご存知かもしれませんが、知らなかったのであれば愛車を相場より大幅に高く売却出来るかもしれません。

↓↓

セレナを限界値引から更に55万円安くなる方法!

 

2022年11月28日にセレナのフルモデルチェンジが実施されC28セレナが誕生しました。

 

フルモデルチェンジが実施されたこともあり、値引き額もかなり縮小されることが予想されます。

 

一般的に、フルモデルチェンジ直後やマイナーチェンジ直後の値引きは抑えられますが、そのような時にも限界と言われる値引きから更に安くセレナを購入する方法があります。

 

それも簡単な方法なのですが、知らない方が多いのです。。

 

そんな方法を別記事で詳細にまとめていますので一度ご覧になってみて下さい。

 

>> 詳細はこちらからご覧いただけます!

 

ご覧いただいた通り、決して難しい内容ではありません。知っているか、知らないかだけの差です。

 

たったこれだけで、結果的に支払金額を抑えることができるのです。

 

>>  目次ページに戻る

 

カテゴリー
タグ