セレナ(C25)の純正ナビはBluetooth(ブルートゥース )で音楽が聞ける?
特集-最安購入方法 特集-e-POWER
特集-C28型 特集-C27型
特集-C26型 特集-C25型

セレナでもC27の純正ナビではBluetooth(ブルートゥース )は使えますし、ハンズフリー通話だけでなく音楽を聴くうえでも便利です。

 

ただ、10年以上前のC25ではどうでしょう。

 

ここでは、カーナビを使う上でのBluetoothの有用性を簡単に説明しておきます。

 

そして、セレナ(C25)の純正ナビはBluetoothで音楽が聞けるのか、もし聞けなかったらどうすればいいかも、あわせてチェックします。

 

関連記事

 

目次

開く

カーナビを使う上でのBluetoothの有用性とは?

 

まず、カーナビを使う上でBluetoothというものと、その有用性を説明しておきます。

 

  1. Bluetoothとは?
  2. Bluetoothはなぜカーナビに使われているの?

 

Bluetoothとは?

 

Bluetoothというのは、デジタル機器に使われる近距離無線通信規格の1つです。

 

このカテゴリーにはWifi、赤外線通信、FeliCa、NFCなどがありますが、用途や性能がずいぶん違います。

 

Wifiとの違いは通信距離と通信速度で、通信距離はWifiが50~100メートル程度なのに対しBluetoothは10メートル程度と大きな差があります。

 

通信速度もWifiは良く使われる11acで867Mbps、最新の11axで9.6Gbpsなのに対してBluetoothは最大24Mbpsととても低速です。

 

このようにBluetoothは通信距離も短く通信速度も遅く、結果的に音声を送っても音質はwifiに劣ります

 

それでもBluetoothが重宝されているのは接続の簡単さ、安定性と消費電力の少なさで、特にバッテリー性能に不安のあるモバイル機器ではここは重要なのです。

 

 

Bluetoothはなぜカーナビに使われているの?

 

Bluetoothがカーナビに使われているのは接続が簡単なことと長時間の接続に適しているからです。

 

厳密に言えば、音楽なんかはwifiの方が音質がいいですし、それを言い始めたら有線接続に勝るものはありません。

 

ただ、音質の違いは気にするほど大きなものではありませんし、車は狭い世界なので、利便性、省電力等を考えればBluetoothに優位性があるわけです。

 

しかし、Apple「CarPlay」やGoogle「Android Auto」、あるいはミラーリングは有線かwifiでの接続が前提となり、Bluetoothにはとても対応できません

 

 

セレナ(C25)の純正ナビはBluetoothで音楽が聞けるの?

 

では問題の、セレナ(C25)の純正ナビはBluetoothで音楽が聞けるのか、聞けなかったらどうすればいいのかです。

 

  1. セレナ(C25)の純正ナビはBluetoothに対応している?
  2. Bluetoothに対応していなかったらどうすればいい?

 

セレナ(C25)の純正ナビはBluetoothに対応している?

 

まず、セレナ(C25)の純正ナビはBluetoothに対応しているかですが、日産のマニュアルは末期の2010-2011モデルしか提供されていませんので、それで確認しておきましょう。

 

項目 対応 備考
T00NA-1VB0A メーカーオプション
HC510D-W オプション ディーラーオプション
HS310D-W
HS310-W
MP310-W
MS110-W ×
HC510D-A オプション
HS310D-A
HS310-A
MP310-A
MS110-A ×

 

11モデル中7モデルが対応していますが、オプションで対応が2モデル、非対応が2モデルです。

 

これ以前のモデルについては現時点では確認できないのですが、少なくともこれよりは対応状況は悪いのではないかと思われます。

 

となると、C25初期モデルについてはBluetooth非対応モデルもかなりある可能性がありますね。

 

Bluetoothに対応していなかったらどうすればいい?

 

セレナ(C25)の純正ナビがBluetoothに対応していなかったり、対応していてもオプションが手に入らなかったらどうするかです。

 

実は、この対策は比較的簡単で低コストで可能なのです。

 

世の中には「Bluetooth オーディオレシーバー」というものがあって、この機械がBluetoothを使って通信して音楽をAUX端子から入力してくれるのです。

 

安いものは数百円からあるのですが、税・送料込み1,475円のこの製品はいかがでしょう。

 

DCプラグ接続ですからバッテリー切れの心配はありませんし、これ一つでカーナビとBluetooth接続して音楽が聴けるのです。

 

ただ、iphoneはともかくスマホ側にイヤホン出力用の3.5mmステレオミニジャックがあれば、AUXケーブルを使って接続したほうが安くて確実かもしれませんけど。

 

まとめ

 

Bluetooth接続のいいのは簡単なことで、ナビにとっても装着のハードルは高くありません。

 

だから、今どきのナビはたいてのものがBluetooth対応なのですが、セレナC25、それも初期モデルになると怪しいかもしれません。

 

Bluetoothのいいところは規格の特性上製品が安価で提供されていることです。

 

紹介した「Bluetooth オーディオレシーバー」もエコノミーですし、接続もいたって簡単ですから、ナビがBluetooth対応でなくてもあまり問題ないかもしれませんね。

今後、愛車を手放すことを検討されているのであればの内容にも目を通して見てください。

 

既にご存知かもしれませんが、知らなかったのであれば愛車を相場より大幅に高く売却出来るかもしれません。

↓↓

セレナを限界値引から更に55万円安くなる方法!

 

2022年11月28日にセレナのフルモデルチェンジが実施されC28セレナが誕生しました。

 

フルモデルチェンジが実施されたこともあり、値引き額もかなり縮小されることが予想されます。

 

一般的に、フルモデルチェンジ直後やマイナーチェンジ直後の値引きは抑えられますが、そのような時にも限界と言われる値引きから更に安くセレナを購入する方法があります。

 

それも簡単な方法なのですが、知らない方が多いのです。。

 

そんな方法を別記事で詳細にまとめていますので一度ご覧になってみて下さい。

 

>> 詳細はこちらからご覧いただけます!

 

ご覧いただいた通り、決して難しい内容ではありません。知っているか、知らないかだけの差です。

 

たったこれだけで、結果的に支払金額を抑えることができるのです。

 

>>  目次ページに戻る

 

カテゴリー
タグ