セレナ(C26)とライダーの違いは?ライダーの前期・後期の違いについても
特集-最安購入方法 特集-e-POWER
特集-C28型 特集-C27型
特集-C26型 特集-C25型

セレナ(C26)のカスタムカーといえばライダーです。

 

このライダー、エクステリアの素晴らしさに目が行きがちですが、ノーマルタイプとどう違うかは確認しておきたいところです。

 

また、セレナ(C26)でも前期、後期の違いも重要です。

 

ここでは、そんなセレナ(C26)ライダーのノーマルタイプとの違い前期、後期の違いをチェックしておきましょう。

目次

開く

セレナ(C26)ライダーのノーマルタイプとの違い

 

まず、セレナ(C26)ライダーのノーマルタイプとの違いです

  1. セレナ(C26)ライダーとは
  2. エクステリアの違い
  3. インテリアの違い
  4. 走り、乗り味の違い(パフォーマンススペックは違う)

 

セレナ(C26)ライダーとは

 

セレナ(C26)ライダーというのは、当時のオーテックジャパンによるカスタムカー、いわゆるコンプリートカーです。

 

セレナにはエアロ・スポーツグレードとしてハイウエイスターがありますがあれは通常グレードです。

 

セレナ(C26)ライダーはライダーはセレナの下から2番目という比較的低いグレードのXをベースに内外装を大きくカスタム化したものなのです。

 

なお、2015年11月に投入された廉価版の「ライダー Sエディション」はS-HYBRIDを落としていますので、ベース車は「S]です。

 

エクステリアの違い

 

セレナのエクステリアのデザインが充実したグレードとしてはハイウェイスターがあります。

 

このハイウェイスターがセレナの面影をかなり残しているのに対して、ライダーは全く違う外観になってきます。

 

これはライダーがハイウェイスターではなくノーマルのセレナをベース車にしている以上仕方が無いことですが、明らかに攻撃的な面構えです。

 

このスペシャルな外観こそがセレナ(C26)ライダーの最大の特徴なのです。

 

通常のセレナ

 

セレナ ハイウェイスター

 

セレナ ライダー

 

 

インテリアの違い

 

セレナ(C26)ライダーのインテリアの違いは外観ほど大きくありません、

 

本革巻3本スポークステアリングにエンボス付スエード調モケット/トリコットのシート地に加えシフトやパワーウインドスイッチにシルバーカーボンの加飾くらいです。

 

引用元:https://autoc-one.jp/nissan/serena/report-745268/0002.html

 

もちろん、ライダーにはいろんなバージョンがありますので、内装には違いが出てきます。

 

走り、乗り味の違い(パフォーマンススペックは違う)

 

セレナ(C26)ライダーの外観を見れば走りも違うとお考えでしょうが、確かにパフォーマンススペックのような特別仕様車にはボディチューンが施されています。

 

しかし、初期のライダーはタイヤ&ホイールこそハイウエイスターの195/65R15に対して少しだけホイールが大きくて低扁平な195/60R16にした程度でした。

 

当時はローダウンさえしていませんでしたから、セレナ(C26)ライダーはハイウェイスターと比べて際立った走りの差なんか出しようが無かったのです。

 

しかし、2011年10月に登場した「パフォーマンススペック」は違います

 

引用元:https://autoc-one.jp/nissan/serena/report-887653/0002.html

 

セレナ(C26)パフォーマンススペックは以下の走りのチューンを施しているのです。

 

  • ボディチューン(フロント、リアのクロスバー等)
  • チューンドサスペンション(ヤマハ製のパフォーマンスダンパー)
  • 17インチダーク調光輝アルミホイール&高性能タイヤ(ヨコハマアドバンスポーツ)

 

これだけのことをすると走り、乗り味が大きく変わりそうなものですが、高重心のミニバンのふわふわ感やローリングを抑える方向のセッティングになっています。

 

このため、過度にスポーティな味付けではなく、乗り心地はハイウェイスターには劣るものの、先代のパフォーマンススペックに比べると大きく向上しているようです。

 

高速走行の特性は良く、固い乗り心地も緩和され、ボディの揺れやローリングのおさまりも早いので、むしろハイウエイスターよりも乗り心地はいいようです。

 

普通のライダーも2012年8月からは2WDに限ってですがローダウンを加えていますので、多少走りが固くなったはずです。

 

セレナ(C26)ライダーの特別装備

 

セレナ(C26)ライダーの装備は時期やグレードによって違いがあるのですが、標準的なライダーの特別装備を紹介しておきましょう。

 

《エクステリア》

 

  • ハロゲンフォグランプ〈フロントバンパー組込み〉
  • 高輝度LEDリヤコンビネーションランプ
  • 専用フロントグリル
  • 専用フロントバンパー
  • 専用バンパーグリル
  • 専用リヤバンパー
  • 専用エンブレム
  • 専用スポーツマフラー〈HKS製〉
  • 195/60R16 89Hタイヤ&専用16インチ光輝アルミホイール(FF)
  • 195/65R15 91Sタイヤ&専用15インチアルミホイール(4WD)
  • 専用サスペンション(FFのみローダウン)

 

《インテリア》

 

  • 本革巻3本スポークステアリング
  • 専用インストシフトフィニッシャー〈シルバーカーボン調〉
  • 専用パワーウインドウスイッチフィニッシャー〈シルバーカーボン調〉
  • 専用シート地(エンボス付スエード調モケット/トリコット〔ブラック〈G〉〕)

 

セレナ(C26)ライダーはお買い得なのか?

 

セレナ(C26)ライダーのベース車はXです。

 

それで、FFでみると、Xの当時の価格が2,452,680円、ライダーが2,997,000円ですから、55万円近くライダーの方が高いということになります。

 

同じスペシャリティカーであるハイウェイスターが2,641,680円であることを考えると、足回りを多少いじっているにしろこの価格差は大きいとしか言いようがありません。

 

ハイウェイスターとの価格差も36万円程度もあるのです。

 

ただ、見た目の違いはとても大きいので、オリジナリティ、こだわりという意味ではライダーを選ぶ意味はあるでしょう。

 

ただ、中古車を買うなら話は別です。この価格差は大きく縮まってくるからです。

 

というのも、ライダーの場合、リセールバリューが特別に高いわけではないので、中古車市場では価格が接近してくるのです。

 

 

セレナ(C26)ライダーの前期・後期の違い

 

セレナ(C26)ライダーの前期・後期の違いですが、ライダーにはいろんなタイプがあります。

 

ここではベーシックなライダー S-HYBRIDでまずスタイリングの違いをお示ししましょう。

C26セレナライダー S-HYBRID(前期) C26セレナライダー S-HYBRID(後期)

引用元:https://www.goo-net.com/catalog/NISSAN/SERENA/

 

ヘッドライトの違いはベース車のものですが、大きな違いはフロントバンパーのシルバーの部分の造形です。

 

後期ライダーの方が迫力がある気がします。

 

それでは、前期・後期の主なライダーを紹介していきますので、そのあたりでスタイリング以外の違いを読み取ってください。

 

《前期》

 

  • ライダー(2010年11月〉
  • ライダーJパッケージ(2012年12月:ライダーの廉価版でアイドリングストップ、VDC、ヒルスタートアシスト等を落とし、サイドターンランプをフェンダー部へ変更)
  • ライダー パフォーマンススペック(2011年10月:ボディチューンチューンドサスペンション17インチタイヤ&ホイール
  • ライダー ブラックライン(2011年10月:フロントグリル、バンパーグリル、ヘッドランプフィニッシャーにダーククロム専用ダークエンブレムキセノンヘッドランプ両側ワンタッチオートスライドドア
  • ライダー パフォーマンススペック ブラックライン(2011年10月:パフォーマンススペック、ブラックラインの特別装備
  • ライダー(2012年8月:専用サスペンション2WD車はローダウン助手席側ワンタッチパワースライドドア、2列目シートのパーソナルテーブル)
  • ライダー パフォーマンススペック、ライダー ブラックライン、ライダー パフォーマンススペック ブラックライン(2012年8月:ライダーと同様に拡充

 

《後期》

 

  • ライダー、パフォーマンススペック、ブラックライン、パフォーマンススペック ブラックライン(2013年12月:フロントまわり、アルミホイール、インテリアの加飾を変更
  • ライダー ブラックラインZZ(2014年5月:ブラックライン装備に専用フロントプロテクターと専用LEDデイタイムランニングライト、LEDフォグランプ専用バックドアモールを追加
  • ライダー パフォーマンススペック ブラックラインZZ(2014年5月:同様の装備を追加
  • ライダー Sエディション(2015年11月:プッシュエンジンスターターインテリジェントキー助手席側ワンタッチパワースライドドアを装備)

 

見た目の違いはノーマル、ブラックライン、ブラックラインZZで明確です。

 

これは2014年のブラックラインZZですが、迫力はなかなかのものです。

 

引用元:https://autoc-one.jp/news/1754046/

 

 

まとめ

 

セレナ(C26)ライダーはお買い得かと聞かれれば、お買い得ではないと言わざるを得ません。

 

ただ、カスタムカーというのは自分だけのこだわりのセレナに乗るということなら話は別です。

 

そのためにベース車より50万円ちょっと、ハイウェイスターより30万円ちょっと高いというのは、十分アリなのかもしれませんね。

 

中古車セレナを希望条件・最安で購入する方法

 

C27セレナが誕生してから6年以上が経過し、C28誕生間近です。

 

歴代のセレナに加え、前モデルのC26型、現行モデルのC27型まで中古車市場では多くのセレナが流通しています。

 

本当の中古車だけでなく、走行距離が少ない新古車や未使用車まで状態は様々な中古車セレナが存在します。

 

とはいっても、希望条件の車を見つけ出すのは至難のワザです。

 

一店あたりに展示できる台数には限りがありますからね。

 

もし、中古車の購入を考えているのであれば下記の記事にも目を通して見て下さい。

 

>>> 詳細はこちらからご確認頂けます

 

中古車を希望条件で、しかも安く、安全に購入するテクニックをお伝えしています。

 

使えそうだと思えば一度使用してみて下さい。

 

>>> 詳細はこちらからご確認頂けます

 

今後、愛車を手放すことを検討されているのであればの内容にも目を通して見てください。

 

既にご存知かもしれませんが、知らなかったのであれば愛車を相場より大幅に高く売却出来るかもしれません。

↓↓

セレナを限界値引から更に55万円安くなる方法!

 

2022年11月28日にセレナのフルモデルチェンジが実施されC28セレナが誕生しました。

 

フルモデルチェンジが実施されたこともあり、値引き額もかなり縮小されることが予想されます。

 

一般的に、フルモデルチェンジ直後やマイナーチェンジ直後の値引きは抑えられますが、そのような時にも限界と言われる値引きから更に安くセレナを購入する方法があります。

 

それも簡単な方法なのですが、知らない方が多いのです。。

 

そんな方法を別記事で詳細にまとめていますので一度ご覧になってみて下さい。

 

>> 詳細はこちらからご覧いただけます!

 

ご覧いただいた通り、決して難しい内容ではありません。知っているか、知らないかだけの差です。

 

たったこれだけで、結果的に支払金額を抑えることができるのです。

 

>>  目次ページに戻る

 

カテゴリー
タグ