特集-最安購入方法 特集-e-POWER
特集-C28型 特集-C27型
特集-C26型 特集-C25型

2018年3月に日産のセレナに新しくエンジンを搭載してバッテリーを充電、そのバッテリーの電気でモーター駆動するタイプの「セレナe-POWER」が発売されました。

 

それまでに発売されていたスマートシンプルハイブリッドと比較するとエンジン駆動とモーター駆動で、駆動源がそもそも違うため全く新しいタイプと言って良いと思います。

 

新しく性能が良くなった分、車両価格は高くなるのは当然の話ですが、もしも購入を考えたなら元が取れるかどうかは重要です。

 

「セレナe-POWER」と「セレナ(スマートシンプルハイブリッド)」、どれ程の価格差があるのでしょう。

 

そして長い目でみるのならどれくらいの走行距離・年数を乗れば購入時に多く支払った価格差を埋めることができるのでしょうか。

 

ここでは、そんなセレナのe-powerとS-HYBRIDの価格差を確認し、e-POWERで元を取るにはたとえば走行距離10万キロ以上必要なのかをチェックします。

 

セレナのe-powerとS-HYBRIDの価格差

 

まず、セレナのe-powerとS-HYBRIDの価格差を確認しておきます。

 

  1. セレナの各タイプの価格
  2. セレナe-POWERと他グレードの価格差は?

 

1.セレナの各タイプの価格

 

 

まず「セレナE-POWER」、スタンダードタイプの「セレナ」、そしてエアロパーツなどを施している「セレナ ハイウェイスター」のそれぞれの価格帯を見ていきます。

 

下記がそれぞれのタイプの価格帯をまとめた表になります。

 

グレード 価格
セレナe-POWER 2,943,000円~3,657,960円
セレナ 2,529,360円~3,005,640円
セレナハイウエイスター 2,708,640円~3,168,720円

 

 

上の表からもわかるように、「セレナe-POWER」が他のセレナのタイプと比べてかなり高い価格に設定されているのがわかると思います。

 

 

2.セレナe-POWERと他グレードの価格差は?

 

次に一番高く価格設定されている「セレナe-POWER」と他のタイプのセレナとの価格差を見ていきたいと思います。

 

下記の表は「セレナe-POWER」を基準にして他のタイプのセレナとの価格差を表にしたものです。

 

グレード セレナe-POWERとの価格差
セレナ 413,640円~652,320円
セレナハイウエイスター 234,360円~489,240円

 

 

セレナe-POWERがスタンダードタイプのセレナに比べて大きな金額差があるのがわかってもらえると思います。

 

価格差は最大で652,320円、最小で234,360円となり、セレナe-POWERが高価に設定されています。

 

e-POWERで元を取るには年間1万km走行で何年必要?

 

 

ここでは3車両の価格差を考慮して、はたしてセレナe-POWERをどれほど乗れば他のセレナとの価格差を埋めることが出来るのか調べて行きたいと思います。

 

ここでは走行距離は使い勝手によって違ってきますが、年間の走行距離が1万㎞と仮定して話を進めていきます。

 

  1. セレナのグレード別燃費(カタログ燃費と実燃費)
  2. セレナe-POWERと他グレードの価格差は?

 

1.セレナのグレード別燃費(カタログ燃費と実燃費)

 

下の表は「セレナe-POWER」と「セレナ」「セレナハイウエイスター」のカタログ燃費と実燃費を表にまとめたものです。

 

グレード カタログ燃費 実燃費
セレナe-POWER 26.2km/L 約16km/L
セレナ/ハイウエイスター 15.8km/L 約10km/L

 

セレナとセレナハイウェイスターはカタログ燃費と実燃費が同じために同じ枠で表示しました。

 

セレナe-POWERとS-HYBRIDとの実燃費差は6km/Lになります。

 

年間走行距離を1万kmと仮定し燃費差を6km/Lとします。

 

 

2.1年当たりの必要ガソリン量とガソリン代(170.2円/Lで計算)

 

 

ここではガソリン単価を資源エネルギー庁が実施している「給油所小売価格調査」の2022年1月26日の調査結果170.2円/Lで仮定して進めていきます。

 

セレナe-POWERを基準にして差額を計算します。

 

 

(1)セレナハイウェイスターの最小価格差の計算

 

まずは最小の価格差が出た金額 234,360円をもとに計算していきます。

 

(計算式)

 

  • 10,000(年間走行距離)÷16(実燃費)=625(ガソリンの年間使用リッター数)
  • 625(ガソリンの年間使用リッター数)×170.2(ガソリン単価)=106,375円
  • 10,000(年間走行距離)÷10(実燃費)=1,000(ガソリンの年間使用リッター数)
  • 1,000(ガソリンの年間使用リッター数)×170.2(ガソリン単価)=170,200円

 

 

上で計算した数字がセレナe-POWERの年間のガソリン代、下で計算した数字がセレナ/ハイウエイスターの年間のガソリン代です。

 

170,200円-106,375円=63,825円(セレナe-POWERとセレナ/ハイウエイスターの年間で使用するガソリン代の差額)

 

234,360(購入時の差額)÷63,825(年間燃料費差額)=3.67

 

つまり、3.67年(4年弱)くらいで購入時の差額は埋まり、それ以降はセレナe-POWERはセレナ/ハイウエイスターよりも毎年63,825円ずつお得になるという事になります。

 

 

(2)セレナの最大価格差の計算

 

次に最大の価格差の金額 652,320円をもとに計算します。

 

先ほど計算した49,500円(セレナe-POWERとセレナ/ハイウエイスターの年間で使用するガソリン代の差額)を利用して

 

(計算式)

 

652,320(購入時の差額)÷63,825円(年間燃料費差額)=10.22

 

 

つまり10.22年(おおかた10年)くらいで購入時の差額は埋まり、それ以降はセレナe-POWERはセレナ/ハイウエイスターよりも毎年63,825円ずつお得になるという事になります。

 

 

(3)セレナe-POWERと他グレードの価格差を埋めるには何年必要?

 

最も金額差が少ない場合で4年弱位に、最も金額差が多い場合なら10年以上かかることがわかりました。

 

セレナe-POWERの最上グレードとセレナハイウェイスターの最上グレードの価格差を見比べて489,240円

 

これは最下位グレードのセレナe-POWE XVとXVの価格差489,500円とほぼ同じであり、この価格差で考えるのが現実的かもしれません。

 

上記方法で計算すれば元をとるのに7.66年となり8年弱は価格差は埋まらないことがわかりますが8年、8万キロというのは現実的ではあります。

 

 

(4)まとめ

 

金額差によって違いはありましたが、4年から10年程度の時間を費やすことがわかりました。

 

そして、e-POWERの場合はほぼ10万キロ乗れば、たいていの場合は元が取れるのは確かです。

 

そう考えると私の個人的な意見としては、年間2万キロを走るような人でなければ、特にセレナe-POWERにこだわる必要はないのではないかと考えてしまいます。

 

 

3.セレナe-POWERを選ぶ理由

 

 

それでは、金額差が出てもセレナe-POWERを選ぶ理由とは何なのでしょう。

 

以下でいくつか挙げてみました。

 

  • 静寂性が優れている

 

セレナe-POWERの駆動源はバッテリーです。当然、セレナやセレナハイウェイスターでは感じない静かさを感じます。

 

  • 毎月の維持費が少ない

 

燃費が他に比べ良いため、毎月のかかるガソリン代は少なく済みます。

 

  • 環境にやさしい

 

モーターで走行するのがメインなので、排気ガスを排出することも少なく環境には優しいことは間違いありません。

 

  • 給油する回数が少ない

 

燃費が他の車両よりも良いため、ガソリンスタンドまで行って給油をする回数は当然減ってきます。

 

 

などが挙げられると思います。

 

セレナシリーズの購入を考えている際には金額面だけでなく上でお伝えしたセレナe-POWERの良い点も含めて考えてみるとよいと思います。

 

 

まとめ

 

「セレナe-POWERと他グレードとの金額差は元は取れるのだろうか」「セレナe-POWERに4WD仕様車が出たらいくらぐらいだろうか」という事をしらべてみました。

 

セレナe-POWERだけに限らず,購入時の金額差を燃料費でカバーする考え方は走行距離の極端に多い方以外にはあまりお勧めしません。

 

現在は空前の原油高でガソリン価格も高騰していますが、それでも燃料費で金額差をカバーするにはかなりの年数がかかるからです。

 

それよりも、もっとその車の良い点に目を向けて判断するのが良いのではないかと思います。

 

もしも、新車購入を考えているのなら、参考にしてください。

 

セレナを限界値引から更に55万円安くなる方法!

 

セレナ(C27)も発売から5年以上が経過し、マイナーチェンジから2年が経過しました。

 

値引き額の方もマイナーチェンジ直後と比較するとこなれてきましたが、最近の車の価格は安全装備の充実もあって高価格化が進んでいますので、出来るだけ安く購入したいですね。

 

一般的に、フルモデルチェンジ直後やマイナーチェンジ直後の値引きは抑えられますが、そのような時にも限界と言われる値引きから更に安くセレナを購入する方法があります。

 

それも簡単な方法なのですが、知らない方が多いのです。。

 

そんな方法を別記事で詳細にまとめていますので一度ご覧になってみて下さい。

 

>> 詳細はこちらからご覧いただけます!

 

ご覧いただいた通り、決して難しい内容ではありません。知っているか、知らないかだけの差です。

 

たったこれだけで、結果的に支払金額を抑えることができるのです。

 

>>  目次ページに戻る