セレナe-POWERは進化したシステムによる燃費の良さで人気です。

 

ただ、その燃費が高速道路や冬季は悪化するという噂があります。

 

ここではそんなセレナe-POWERの燃費について、高速や冬というシチュエーションで悪くなるのかどうか、そして悪くなるならどうすればいいかをチェックしておきましょう。

 

スポンサードリンク



セレナe-POWERの燃費が高速で悪いのは本当?

 

 

セレナe-POWERの燃費は高速では悪いといいます。

 

まず、その真偽を確認してみましょう。

 

セレナe-POWERのJC08モード燃費が26.0キロです。

 

より実燃費に近いというWLTCモード燃費はリッター18.0キロです。

 

実燃費に関しては、WLTCモード燃費に近く、概ね16~17キロといったところのようです。

 

これが、高速走行で時速100キロレベルになった時で、リッター15キロ以下に悪化します。

 

そして、超高速走行ではさらに悪化するのです。

 

 

セレナe-POWERの高速燃費が悪い理由

 

セレナe-POWERの燃費が高速走行で悪化する理由は2つあります。

 

 

  1. EV車は超高速走行に弱い
  2. e-POWERの燃費軽減システムが使えない

 

 

それぞれについて説明します。

 

EV車は超高速走行に弱い

 

セレナe-POWERのベースでもあるEV車は超高速走行になると著しく電力を消費します。

 

高速道路では空気抵抗、走行抵抗とも非常に大きくなります。

 

ガソリン車ならこの走行域を得意としているのですがEV車は苦手なのです。

 

高速道路走行時の実燃費をみても、時速が100キロをに達するくらいから、急激に悪化するのです。

 

 

e-POWERの燃費軽減システムが使えない

 

e-POWERというのはエンジンを発電専用にすることで、効率化を図っています。

 

また、バッテリーが残っていて、パワーをアシストする必要のないときは発電しません。

 

さらに、アクセルを緩めると回生ブレーキも機能するので、発電量を抑制できます。

 

これが、超高速走行時には常時充電、常時駆動なので、全く機能しないのです。

 

常に駆動力をかけ続ける場合は、エンジンと駆動輪を直結するほうが合理的です。

 

しかし、セレナe-POWERはそのようなシステムは採用していないのです。

 

 

同じ高速道路でも、アクセルを踏んだり戻したりの状況なら燃費軽減が効いてきます。

時速80キロくらいの高速ならWLTCモード燃費をクリアしてくれるのです。

 

 

セレナe-POWERの高速燃費を改善するコツ

 

セレナe-POWERの高速燃費は良くはなく、特に、時速100キロ以上の超高速運転では燃費は著しく悪化します。

 

逆に、時速80キロ程度でアクセルのオン・オフを繰り返す運転であれば、セレナe-POWERの得意とするところです。

 

この特性を理解すれば対策は簡単です。

 

キーワードは「急アクセル」と「常時アクセルを踏み込む」の2つです。

 

アクセルを急に激しく踏み込むことでバッテリー消費が高まります。

 

そして、常時アクセルを踏み込むことでバッテリーを消費し続けます。

 

e-POWERは、走行用バッテリーが消費すると充電するためにエンジンが稼働します。

 

その結果、ガソリンが消費されるため燃費が悪化します。

 

具体的には、次の2つが対策となります。

 

 

  1. 急な追い越しや、追い越し続けるような運転をしない
  2. 経済速度で常時アクセルを踏まない運転を心がける

 

 

 

急な追い越しや、追い越し続けるような運転をしない

 

高速で走行車両をバンバン追い越すような運転をするとアクセルを強く踏むことになりバッテリー消費が高まります。

 

急な追い越し加速もだめですし、アクセルベタ踏みで追い越し続けるのも論外です。

 

経済速度で常時アクセルを踏まない運転を心がける

 

高速走行の場合は、市街地のように度々止まることがないので、車の流れにのって経済速度で走行することが可能です。

 

理想的なのは時速80キロくらいですが、90キロでもアクセルを踏みつけるような場面はあまりありません。

 

おそらく、アクセルを適度にオン・オフするような運転になるはずです。

 

燃費向上のコツは、車の流れに乗りつつ、常時アクセルを踏まずにすむような運転を心がけることです。

 

 

スポンサードリンク



セレナe-POWERの燃費が冬に悪いのは本当?

 

 

セレナe-POWERの燃費、冬季はどうでしょうか。

 

セレナe-POWERの燃費がいいのは、そこそこ暖かくて、暑すぎない時期です。

 

具体的には4~5月、9~10月という春、秋の時期になります。

 

セレナe-POWERの燃費はそれ以外の時期は悪化しますが、冬季、特に1月や2月は著しく悪化するのです。

 

具体的には、冬まっさかりの1月や2月は年平均の8割程度にまで悪化します。

 

5月頃の燃費のいい時期に比べると3分の2くらいにまで低下するのです。

 

セレナe-POWERの燃費が冬に悪い理由

 

セレナe-POWERの燃費が冬に悪化する理由は2つあります。

 

  1. エアコンの使用
  2. 暖房の使用

 

 

それぞれについて説明します。

 

エアコンの使用

 

セレナe-POWERのエアコンのコンプレッサーはエンジン駆動ではなく電動です。

その電力は 駆動バッテリーから供給されます。

 

だから、エンジンは余分に発電しなくてはならないのです。

ただ、電動コンプレッサーは効率的なシステムです。

 

だから、これだけなら、エンジン駆動の車もあまり変わらないはずです。

 

暖房の使用

 

冬の場合問題となるのは、暖房の熱源はエンジンだということです。

 

エンジンが温かくないと暖房は効かないのです。

 

e-POWERの場合、本来、暖機運転は必要ありません。

 

ただ、システムが暖房を必要とする場合には暖機運転が始まってしまいます。

 

 

このように冬季は、エアコンと暖房の使用によるエンジンの余分な作動が燃費を悪化させるのです。

 

セレナe-POWERの冬の燃費を改善するコツ

 

セレナe-POWERの冬の燃費を改善する一番の方法はエアコンを切ることです。

 

もちろん、そんなことをするのは本末転倒ですが、1つだけ簡単な方法があります。

 

それは、エアコンの設定温度を24℃以下に下げることです。

 

そうすれば、エンジン作動頻度が下がる暖房省エネモードになりますから、燃費は改善されるはずです。

 

この場合、設定温度を26℃以上にすると、暖房省エネモードをキャンセルできるので、寒さに震えるリスクもありません。

 

 

スポンサードリンク



まとめ

 

確かにセレナe-POWERの高速や冬の燃費は悪化します。

 

ただ、高速で本当に燃費が悪化するのは超高速運転時だけです。

 

しかも、郊外、市内もあわせた総合燃費は非常に良好です。

 

冬季の燃費もガソリン車に比べれば良好ですし、対策を講ずることもできます。

 

また、年間を総合すれば優秀な燃費といえます。

 

だから、高速や冬の燃費の悪化については、そう神経質になる必要はなさそうですね。

 

セレナを限界値引から更に55万円安くなる方法!

 

セレナ(C27)も発売から4年以上が経過し、マイナーチェンジからももうすぐ2年です。

 

値引き額の方もマイナーチェンジ直後と比較するとこなれてきましたが、最近の車の価格は安全装備の充実もあって高価格化が進んでいますので、出来るだけ安く購入したいですね。

一般的に、フルモデルチェンジ直後やマイナーチェンジ直後の値引きは抑えられますが、そのような時にも限界と言われる値引きから更に安くセレナを購入する方法があります。

 

それも簡単な方法なのですが、知らない方が多いのです。。

 

そんな方法を別記事で詳細にまとめていますので一度ご覧になってみて下さい。

 

>> 詳細はこちらからご覧いただけます!

 

ご覧いただいた通り、決して難しい内容ではありません。知っているか、知らないかだけの差です。

 

たったこれだけで、結果的に支払金額を抑えることができるのです。

 

>>  目次ページに戻る